CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2016年09月15日

【栃木】9/12@宇都宮サロン開催しました☆

こんにちは!全体サポートメンバーの種井美緒です☆
栃木 集合写真.jpg
(向かって右下にいるのが私ですわーい(嬉しい顔)

9/12に栃木チームとして3回目となるNECワーキングマザーサロンを
清原地区市民センターで開催しました☆

私もチームサポーターとして、埼玉から新幹線に乗って参加しました^^
会場に向かう途中、facebookでのチームのやり取りを見返し、
残念ながら参加出来なかったメンバーからの
「心地よいサロンになりますように!」「念送ります!」というエールを読んで、じーん(;_;)
こうやって応援し合える仲間がいるのも、チームで取り組んでいる醍醐味ですよね。

tochigi.jpg
この日のご参加者は5名。

赤ちゃん連れのご参加者も多かったのですが、
「3つのお願い」として進行役のゆきさんからの声かけもあり、
みなさん代わる代わる抱っこをしたり、声を掛け合ったり、見守ったり…
その場に居る全員で、その場に居る全員が居心地のいい場をつくっていた
そんな温かいサロンだったなと感じています。

全体シェアリングでは

「今、人生の岐路に立っていて、これから環境が変わっていくのに、今の自分ではダメな気がする。子どものケアが疎かになってしまわないかという不安な気持ちがある」

「“何か特別なスキルを身につける”のではなく、”今の自分にあるもの・目の前にあるものに気づく”方にフォーカスを向けた時に、自分の中でしっくりきた」

「”今、その瞬間を大切にすること”も”自己実現に向けた長期的な視野や目標を持つこと”も、両方大切だと感じた」

「子育てを振り返って、子どもによって、性格も起こることも全然違う。
自分で思っていることと違っていても、”最終的にどうなってほしいか”というところから考えるようにしている。良くも悪くも、自分が思った通りに子供は育っていくと思っているから、悩みは尽きないけれど、いいイメージを持つことと、ずっと会話を持つことを心がけている」


などなど、「母となってはたらく」に向き合っているからこその気持ちや思いが聞かれました。

シェアリングの後半では、夫や会社の協力をどうやったら得られるか?という話に。
私は聞いている中で「ほう!そういうやり方もあるかー!」という発見と同時に
「そうだよねー、それ、夫や社会ぐるみでできたら安心だよなー」と感じていました。

最後に進行役のゆきさんからの
「私たち、アプローチとしては、打算的になっちゃうかもしれないけれど、その裏には”私一人で子育てするのは不安だ”とか”夫にも子育てを通じた豊かな経験をしてほしい”という思いがあるのでは」
という一言がとても印象的でした。

「自分の思い」「それを伝える手段」の両方がある。

自分と向き合って、語って、みんなの話も聞いて、
最後に「さぁて、自分はどうしていきたいかな」と再び自分の中に立ち返っていく、
そんな2時間となりました。

ご参加いただいた皆さん、ありがとうございました!ぴかぴか(新しい)

次回のNECワーキングマザーサロンは9/22(祝)!
10月は足利や高根沢での開催となりますので、宇都宮開催を狙っている方は、お見逃しなく☆


★NECワーキングマザーサロン@栃木 のお知らせ★

◆日時◆
2016年9月22日(祝・木)9時45分〜11時45分

◆場所◆
宇都宮市国本地区市民センター 和室
(宇都宮市宝木本町1868-1)
http://www.city.utsunomiya.tochigi.jp/kurashi/chikucenter/002956.html

◆参加費◆
500円
※資料として『マドレ式・ワーキングマザーの教科書』をお渡しします。

◆参加対象◆
「母となってはたらく」ことについて、考え、語りたい女性の方ならどなたでもご参加いただけます。
育児休業中の方、専業主婦の方、ワーキングマザー、学生さん、結婚・妊娠・出産の経験がない方、どなたでも大歓迎です!

◆定員◆
10組程度

※生後210日までの赤ちゃんは一緒にご参加頂けます。
(2016年2月25日以降にお生まれの赤ちゃんは一緒にご参加頂けます。
2016年2月24日以前にお生まれのお子様は信頼できる方にお預けになり、
単身でご参加下さい。)

◆お申し込み◆
こちらの専用フォームからお申し込みください。

◆お問合せ◆:WMS栃木チームwms8tochigi@gmail.comまで

(文責:種井 美緒)