CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2016年09月07日

【開催報告】東京西 9/3 練馬区江古田サロン ~あきらめるというよりもむしろ、それよりもさらに大事にしたいことを守る〜

こんにちは!東京西チームの西原 睦(むっちゃん)です。


雨、降るかな・・・と少し心配でしたが、朝から晴れが続いた先週の土曜日9/3に
練馬区江古田にて東京西チームの第3回目サロンを開催しました。


今回の参加者は大人7名、赤ちゃん1名。リピーターの方がいらしたり、他県から来てくださったり、学生さんが参加してくれたり、妊娠中のご友人を誘って一緒に参加してくれた方も。

嬉しいです〜。


14192138_10210142477140509_2607994164638577366_n.jpg
         進行役のいずみん。穏やかな語り口が心地よいです。

まずは、ウォーミングアップに24時間以内でよかったことを話してお互いを知るきっかけになるgood &newのワーク。

続いて、人生・仕事・パートナーシップの中から選んで2人1組で話すシェアリング。

うなづきながら親身な表情で聞いている方、身振り手振りを付けて真剣な眼差しで話される方・・・、

笑顔があちこちで見られました。


KIMG0400 (1).JPG




〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


そして、いよいよ全体シェアリング。


「子供を持って働いているとそれだけで大変、なぜ預けてまで働くのか、自分にとって仕事って何だろう、1番大事にしたいことって何だろう?」
というメンバーの問いかけからスタート。


今回のサロンでは偶然にも職種が同じ方が複数いて、しかも転職を考えている方も複数いらっしゃいました。


ある参加者の方は2人目の育休中に、もう少しペースダウンして近場で働きたいと思って転職を考えているとのこと。

仕事をしない選択肢はないのか?とのメンバーからの問いに、

「自分のためにも家族のためにも社会と接点を持っていた方が良いと思う」との答え。


また他の参加者の方は、今の会社の風土や福利厚生には満足しているけれど、

好きなことを仕事にしたいというお話をしてくれました。

「職場が男性社会で残業ありきでないとのしあがれないし、

期待に応えられているという感覚が何年たっても持てないような気がする。」と。


期待されている値と今の自分が期待に応えられる値のギャップで悩む話に共感が広がります。


「子育てはいつ楽になるかわからない。小学生になると大変ともいうし。

落ち着いてから転職しよう・・・というのはありえない。」

とまた別の参加者の方の発言。


仕事は好きで次の仕事も同じ職種で探しているけれど、子持ちでの転職活動の厳しさを痛感するような、ままならない現実の話もありました。


そんな話の最中、

「自分は次の世代の若い子達に仕事と育児が両方できることをみせたい」との発言も。


今ここ私だけでない、その先の未来を見ている視座にハッとさせられました。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

●好きなことを仕事にするとは・・・?


好きなことを仕事にするとは、というテーマでも話しました。


「SNSで起業ママにイラッとする自分がいる、それは好きなことを仕事にしているから?」

という発言があったり、

「起業している人と接すると楽しそうに仕事をしているように見える」

という話の後で、


「楽しく働いている人ってそんなにいるんですかね?!」

との発言!(聞いていて心がザワザワします。)



新卒からずっと同じ会社で働いているという方から、今の仕事や職種が好きという話もでました。


「自分の能力が生かせているなと感じるので仕事が楽しい。

自分のできること、できないことがはっきりしているから。」


「一緒に仕事をする人によって違う。やらされ感満載でやっている人と一緒にやると楽しくないけれど、自由に発言やアイディアを出し合ったりができる人たちとやると同じ仕事でも
楽しい」


「やりたいことと適性は少し違うのかな・・・?どちらを重視するか・・・?」
という発言も。


(ちなみに・・・後でサロンを振り返った時に、あるメンバーが「起業ママにはやりたいことを仕事にすることへの羨ましさがあるけれど、私は組織でチームの一員として働きたいという気持ちがある」と話していたことも心に残りました。)


そして、好きなことを本業にしたいという参加者の方へ、

メンバーからの「やりたいことを仕事以外の空いている時間にやりたいことをするのでは満足を得られないか?」

との問いかけが。

「既に仕事とは違う活動ではやりがいを感じている、でも、仕事以外の活動が楽しくなればなるほど、本業が辛くなる…本業はやらされ感の中でやっているから」
という気持ちを話してくれました。


サロン終了の間際になって、仕事にせよ本業以外の活動にせよ、自分が納得できることをするためにはパートナーシップと向き合わざるを得なくなる、という話になりました。


参加者の方で、夫の協力がほとんど得られずにハードワークをこなしながら
ほぼ一人で家事・育児をまわしている現状を語ってくれました。

もう少し、話したかったところで、タイムオーバーになってしまい続きはランチで…。


別の参加者の方からは、「子育てと仕事をしながらパートナーと一緒に成長してきた
という発言がありました。


どちらかが諦めるのでなく一緒に成長していく関係・・・これからも考えていきたい」

と、サロン後の進行役のいずみんの感想です。


KIMG0406.JPG
        サロン終了後に記念撮影。2列目左端が筆者です。 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

・「あきらめるというよりもむしろ、それよりもさらに大事にしたいことを守る」

サロン後のランチで参加者の方との会話が印象的だったので紹介します。


共働き家庭へのベビーシッターの経験のある学生さんに、その時の感想を尋ねたところ、


「3,4歳の子が保育園であったことを話すときに、子どもはシッター(私)よりも
お母さんに聞いて欲しいと思っているんじゃないか、と感じた」と。


そんな話から、参加者の方の発言。

「子どもが大きくなるにつれて、寄り添ってあげる時間が必要になってくる。
その相手をして「子供と過ごす時間を大事にしたい」という気持ちも、
やりたいこと(会社での仕事)と同列のやりたいことと考えていいんじゃないか」

続いて、
「何かを選ぶって何かをあきらめることなのかな・・・?」の問いに対し、

「あきらめるというよりもむしろ、それよりもさらに大事にしたいことを守ることだと思う!」

その日、1番ハッとさせられた瞬間でした。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

サロンに参加後のアンケートでは、「新しい発見があった」と記載してくれた方が複数いらっしゃいました。

「あとは行動あるのみ!」と記載してくれた方も。 




・共に語れる仲間がいることで、自分がどうしたいかに気づける

・理想と現実の狭間で揺れる想いを共有できることで救われている

私の感想です。
サロンでは輪の外で皆さんのお話を聞いて、共感したり気づかされたりしていました。
他人と話し聞くことで、自分とは同じだな、ちょっと違うな、だいぶ違うな、
こんな考え方もあるんだなと気づくことで、そもそも自分自身は何が一番大事なのか、
どうしたいのかに気づくことができるんだと感じました。

一人でネットの記事を見たりして抽象的なことを悶々と考えていてもわからない。

自分がどうしたいかはわかっているつもりなのだけれど、サロンに参加を重ねることでさらに自覚的になれる気がします。


男性社会の職場、やらされ感のある仕事、上手くいかないパートナーシップ・・・。
現実がままならず、悩みが深いほど、サロンのような他者と語り合う場が必要だと感じます。

私自身も復職を前にモヤモヤがたくさんあるけれど、このワーキングマザーサロンという場があること、共に語れる仲間がいること自体に救われているなと改めて感じました。

立場が異なる様々な参加者の方の、理想(こうありたいという思い)や現実(そうあれないという悩み)に触れることによって、

そもそも自分自身はどうしたいのか?を立ちどまって省みれる、ワーキングマザーサロンはそんな貴重な場所だと思います。


理想と現実を一致させることは難しいけれど、理想を持ち続けながら、ままならない現実から目をそらさない・・・。
日々変化するリアルタイムの想いを、仲間と共有しながら一緒に歩んでいけたらいいなと思いました。





*次回開催予定は下記の通りです。ぜひ足を運んでみてください。皆さまのお越しをお待ちしております!*


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


■日時:2016年10月10日(月・祝) 


■会場:〈西東京市〉田無公民館・集会室(和室)


■参加費:500円

(資料として「マドレ式・ワーキングマザーの教科書」をお渡しします)


■対象:「母となってはたらく」ことを語り合いたい女性ならどなたでも歓迎です。

既婚・未婚・出産経験の有無は問いません。

就労中・育休中・専業主婦・自営業・就活中… どんな立場の方でも参加可能です。


■定員:10組

 生後210日以内のお子さまと同伴での参加が可能です。

 2016年3月14日以降に生まれたお子さまは同伴可能です。

 2016年3月13日までにお生まれのお子さまは、信頼できるかたにお預けになって、

 単身でご参加ください。


■お申込み:9/10(土)より開始★

こちらのフォームよりお申込みください


お問い合わせはこちらまで


============================================


東京西チーム、本年度の開催予定は下記の通りです。(開催日の1ヶ月前より申し込み開始)


・10/10 (月祝)10:00-12:00 西東京・田無サロン (9/10(土)より申込開始★
会場:〈西東京市〉田無公民館・集会室(和室)

・11/5  (土)11/5(土)9:45-11:45 練馬・上石神井サロン
会場:〈練馬区〉上石神井地域集会所・和室3

・11/26 (土) 11/26(土)10:00-12:00 練馬・石神井公園サロン ※ラストサロンです!
会場:〈練馬区〉高野台地域集会所・和室1



(文責:西原 睦)