CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2016年08月10日

【開催報告】夫vs妻!? 私たちは対立したいわけじゃない(8/7・たまプラーザサロン)


こんにちは。
NECワーキングマザーサロン(以下サロン) 横浜・湘南チームのあやこです。
8月7日(日)は、たまプラーザ・山内コミュニティハウスで第3回サロンを開催しました。
横浜・湘南チームは2回連続で赤ちゃんのいない、大人だけのサロンを皆で味わいました。

s_IMG_1993 (1).JPG

初めは一人ずつ10秒自己紹介。
早くも笑いが起こり、短い時間の話でありながら話に共感を呼ぶ時間に。

次に、Good&Newというウォーミングアップのワーク。
隣の方とペアになって45秒ずつ話をすることで、更に場が和やかになってきました。

それから、「人生」「仕事」「パートナシップ」いずれかのテーマで、3分間話します。
話す人はオチを付けたり、起承転結といった構成は考えなくてOK。思いついた言葉をどんどん発していきます。
聴く人は相手の話に対して口を挟まず、相槌打ちながら聞き続けます。沈黙があった場合はその時間を共有します。
Good&Newと同じペアでシェアリングを行うことにより、より場が深いものになっていくのを感じます。

最後に全体でのシェアリング。
どんどん手が挙がり、心からの言葉が沸き上がる時間となりました。

・婚姻関係を維持すること、解消することについて。
家事育児は全て自分が担っている。
夫は長時間労働で家にほとんど居らず、休みの日は疲れて寝てばかり。
そんなパートナーを締め出したくなる。

という話から今回の全体シェアリングはスタート。

堰を切るようにみな自分の思いや体験を話します。

・そのがっかりした気持ちの奥には、やりたいことがあるのでは?
・本当はパートナーと喜びを分かち合いたい。話し合う時間を持ちたい。
・収入が多い少ないの問題ではない。パートナーと一緒に家庭を作り上げていく時間が少ないことに対して、さみしいという気持ちは表現していい。


進行役のひろちゃんが
わたしたちは夫と戦いたいわけではないんですよね。
夫と「一緒に」進んでいきたいのですよね。
と。
皆、ハッとしました。

戦う相手は社会?長時間労働?という話にも及びました。

社会や制度を変えていくには、ものすごく時間が掛かる。
その時間を待っていたら、私たちの子育て期が、どんどん過ぎていってしまう。
まず自分自身や身近な夫婦、周りの人間関係からなら、行動することが出来るかもしれない。

・上司が初めて2週間夏季休暇(社内初!というくらい異例)を取った。
その上司のパートナーシップ改善が垣間見えた。
という話が最後に出ました。
行動を起こすことで慣例を変えることはできる。そう強く思えた瞬間でした。

サロン終了後は全員でエスニック料理のランチ。
お互いの連絡先を交換し、すっかり意気投合☆
(遅ればせながらですみません。右列手前から二番目が私です)

s_IMG_1998 (1).JPG

参加されたみなさま
暑い中、日曜日のお忙しい中、サロンに足を運んでくださり、
本当にありがとうございました。

第4回サロンは、9月4日(日)に藤沢市善行で開催します。

詳細はこちら

11月まで横浜・湘南チームは、発信して、出会って、話して、聞いて、つながって、
サロン活動を目いっぱいを駆け抜けます!
サロンへのご参加や応援を頂けたらとても嬉しく思います。

***************************************
横浜・湘南地区サロンの開催予定
10月23日(日):山内地区センター(最寄:あざみ野駅)に決定しました!
11月5日(土)、11月20日(日):場所は検討中

〔問合先〕WMS横浜・湘南

(文責:山崎彩子)