CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2016年08月08日

【開催報告】7/31(日)@赤羽サロン

こんにちは。
NECワーキングマザーサロン 板橋・北チームの田辺知美です。

13427791_1160388947326749_4972917076975337307_n.jpg
(板橋北チームの写真、前右にいるグレーの服を着ているのが私です)

さて、この度板橋・北チームによる第2回サロンが開催されましたのでご報告致します! (今回、私は参加者としてがっつり参加しました)

 2回目サロン開催の地となったのは赤羽。 この赤羽はNECワーキングマザーサロンが始まった2009年から一度も途切れることなく開催が続いている、たくさんの人の思いが詰まった地です。
そんな赤羽でのサロン、今期初参画にして初進行役を務めるなっちゃん(犬塚夏紀さん)によるやさしく落ち着いた声で始まりました。

 まずはGood&NEWというワークで脳の活性化。
これは、その時から24時間さかのぼって、「Good」だったことを1分間に10個書き出す、というワーク。決められたテーマ(Good)ついて制限時間内(1分)に考える、という事で脳が活性化されるそうです。 また、それだけでなく、書き出した内容を見て、今自分が何に関心を向けているのか、どんな心境にいるのかと自身の状況が分かってしまうという面白さもあります。

 ちなみに、私の「Good」は、子供と自分に関する事ばかりでパートナー(夫)の事は1つもありませんでした(汗)。 「そういえば、最近コミュニケーションあまり取れていないかも。夫は最近どんな事があったのだろう。。いろんな気持ち共有したいな」という気づきがありました。

 続いてペアになってのシェアリング。

13686511_1276449655723212_2439406331073832606_n.jpg

ここでは、「人生」「仕事」「パートナーシップ」から自身が何を語るのかを決め、ペアになった人にひたすら自分の話を聞いてもらいメモを取ってもらう、というワークを行います。

語っているうちに出てきます、今こんなモヤモヤを抱えている、とか、こうしたいと思っている、といった自分の本当の気持ち。 そして、聞き手の人に取ってもらったメモから自分を客観視する事で、「あ〜、今の自分はこんな状態にいるのね」と改めて確認出来たり、「何気なく出てきたこの言葉、この気持ち大事にしたい!」と全く気づけてなかった自分の気持ちに気づいてしまったりします。これが結構衝撃的、自分の気持ちに気づくって何とも言えない高揚感です。

 最後に全体でのシェアリング。

13680833_1276461522388692_2107402089637681107_n.jpg

ここまでの時間から自分の胸の中に湧き上がってきた気持ちなど、その場の皆と共有したいことを話します。

今回は終始「自分を認めたい・認められたい」という内容で話が進んでいきました。

「自分の出来なかったところばかりを見てしまう」

「もっと出来るはずなのに、(産前の自分のように/他の人のように/自分の目標・理想とするところまで)出来なくて、自分の頑張りを認められない。 」

という話から
「出来たところを見るようにして、自分の頑張りを認められたら良いかも」
「自分で自分を認めるにはどうしたらよいか」
という話に。

一方で、
「自分で自分を認めているだけでは満たされない、自分ではない誰かに認めてほしい。」
「認めてもらえないのは寂しい。」
「 本当に自分はやれているのか?自分ではない誰かに承認して欲しい。」
という話も出ました。

認めてほしい気持ち、それは誰かに気づいてもらえているのか・・・というところから、
「弱音を吐いていい」
「雑談大事」(チームコミュニケーション)
「コミュニケーションがうまく取れていないと、自分はここにいて良いのだろうか、という錯覚に陥りやすくなる」
と働き方に制限があるワーキングマザーこそ、他者とのコミュニケーションで自己開示することが大事なんだと再確認できる話がたくさん上がりました。


 そして、ここまで「自分を認めるためには、認められるためには」という話を続けたところで、「以前(出産前)の自分と今の自分は違うという事を認める事で、自分のやっている事を認められるのかも」と自分を認められないと発言されていた方からの気づきがあったり、「今この制限のある状況の中で、もがけばよい、そうすれば自分がしたいこと、やりたいことが見え、ここから先の土台になる」という今もがいている自分の今後が楽しみになる発言に繋がりました。

進行役なっちゃんから。

「これ出来た、やれた」と出来た自分を認める【自己肯定感】に目が行ってしまうけれど、前に向かっていこうと思うほど理想とのギャップを感じてそんな自分を認められなくなってしまう。そうではなく、「出来なかった自分」も含めありのままの自分を受け入れる【自己受容】が出来る事、そんな自分の気持ちを伝える事で、自分自身も周りも変化するのでは、という話をしてくれました。

サロン後、全員での集合写真。
皆様素敵な笑顔〜(これはサロンで自分と向き合えたからこその笑顔!)。

13669699_1276803559021155_454357450257320187_n.jpg

お時間を作ってのご参加、本当にありがとうございました!!

 皆様、サロンで語り、過ごした事からどんな思いを抱えて家路に着いたのでしょうか…。
今、自分が抱えている事に対して明確な答えは出なかったかもしれません。もっとモヤモヤした方もいるかもしれません。けれど、サロン内で出てきたモヤモヤはしっかり自分と向き合ったからこそのものです。決して不快なものではなく、寧ろその気持ちに気付た事で心満たされ、今後の生活に前向きになれたのではないでしょうか。

 私の場合、全体シェアリングの中で出てきた「弱音を吐いていい」というのが、新たな気づきにつながる言葉でした。
「自分の事、認めてほしい、見てほしい」という欲求は認識していましたが、頑張っている自分だけではなく、そうではない部分(以前の自分のように出来ない・ほかの人のように出来ない)を含めた、ありのままの自分を認めたい・認められたい(受け入れたい)のだなという本当の自分の気持ちに気づくことが出来ました。

とはいえ、弱い部分をさらけだすって結構勇気が要ります。

 サロン後、当日のチームメンバー内で振り返りをした際に 「職場内だけで認めてもらわなくてもよい、第三の場でも自分を認めてくれる場があれば。」 「今あるコミュニケーションを深められれば。」という話が出ました。

第三の場、それは友人・両親・趣味の場etc.、そしてこのワーキングマザーサロンもそういう場であります。そんな場を必要としている方、興味ある方、ぜひこれから11月まで続くサロンにご参加くださいね。

次回の板橋・北チームによる第3回目の豊島区千川のサロンはお陰様で満席となりました。有難うございます!改めて、こちらのブログにて開催報告させていただきますね! 4回目大山サロンはただいま申込受付中です(追記:満席となりました)。



☆★今後の板橋・北チームのサロン開催予定☆★

第3回サロン@千川
8/27(土)豊島区西部区民事務所(豊島区千早)<終了>

第4回サロン@大山
9/19(祝)板橋区立文化会館(板橋区大山)<満席>

第5回サロン@王子
10/16(日)北とぴあ(北区王子)<9/17(土)申込受付開始>

第6回サロン@町屋
<開催日・開催場所・申込開始日未定>

第7回サロン@十条 ※ラストサロンです
11月下旬 ほっこり〜の(北区十条)<開催日・申込開始日未定>




ぜひ、ご都合つけて参加下さい。
皆様のご参加、メンバー一同お待ちしています!

(文責:田辺 知美)