CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2016年08月04日

【開催報告】7/23(土)第2回目黒チームサロン@自由が丘





こんにちは!

NECワーキングマザーサロン目黒チームプロジェクトメンバーの深沢弘子です。
(写真後列向かって右端です)

サロン.jpg

7/23(土)に、目黒チーム第2回自由が丘サロンが開催されました。
当日は梅雨の晴れ間の暑い中、7名+赤ちゃん2名でのサロンとなりました。

進行役くまちゃんの2回目とは思えないほど落ち着いた進行で
「10秒自己紹介」「Good&New」と進んでいきます。
160723-4.jpg

全体シェアリングでは、夫との家事育児の分担について、それに対する不満、それをどう伝えるかが熱く語られました。

「夫が嫌な顔をするのを見るのがイヤで本音を言えない」
「言っても無駄かと思ってあきらめる。受け止める気がないと思い、発信する気がなくなる。」
「何もなかったことにする、何度言っても聞かないから言わなくなる。」
などなど、皆さんからパートナーシップに関する発言がありました。

それに対して、
「(子育てを)一人で不安なのが悲しいというのを怖いと思うけど言ってみてはどうか。」
「不安だという気持ちを大事にしてもいい。」
「不安だということを伝えて話し合ったことでうまくいった。不安を伝えることが大事。」
と発言も広がっていきました。

みんな、一番身近な夫に思っていること、本音をなかなか言えない。
なぜでしょうか。
自分が我慢して自分の気持ちに蓋をしていれば、丸くおさまるのでしょうか?

「シンプルな一言がなぜ言えないのか?ネガティブなことを『我慢』でコーティングしてしまっている。 そのコーティングされた『我慢』を取り除いていくのがとても大変なのでは」
サロンの後のふり返りで、メンバーの一人が発言した言葉です。
とてもよく表現されていると思います。

ポジティブな内容なら素直に伝えられても、ネガティブな内容だとつい『我慢』して相手に伝えるハードルがあがってしまう。

メンバーのあきちゃんがアップした第1回サロンの開催報告にもあるように、
私たちは子どもの頃から我慢することを学んでいきます。
さらに大人になると「大丈夫」と自分の気持ちに蓋をしてしまって 本音を心の奥底にしまったままにしてはいないでしょうか。

私の場合は、とりあえずネガティブなことは放置して、忙しさにかまけて『我慢』する以前に「見ないこと」にしていたような気がします。
日常的な会話はしていても、夫と本音で語り合ったのはいつの日だったかしらとサロンに参加して気付かされました。
夏休みにゆっくりと時間をとって、夫と語る時間を作りたいと改めて思いました。

サロンの終わりに一言ずつ感想を伺ったところ、
「不安に思っていたのに気が付かなかったのがわかった。自分の希望を夫に伝えてないことが分かった。 どういう風に伝えたらいいかを考えていこうと思った。」
「うちも夫とうまくいっていると思っていた。争いを避けて正面からぶつかっていなかった。もう少し距離を縮めて正直なことを伝えてもいいかも。」
という発言がありました。

「悩みがない」と冒頭の自己紹介で語っていた方が、終わってみれば「悩みだらけだった」ことに気付いたり、
サロンに参加して、自分の言葉を発していくうちに、自分の気付かなかった思いに気付いていく。
これが、サロンに参加する醍醐味だと思います。

悩みなんてない!うちはうまくいっている!という方もぜひ、サロンに参加して、
自分の奥にある本当の思いに触れてみませんか?

目黒チームはどんな方でも安心して話せる場を目指し、メンバー間で話し合いを重ねております!
第3回以降も皆さんのご参加をお待ちしております!

 
★目黒チーム 今後の開催予定

◆第3回 多摩川サロン  
日時:8月28日(日) 9:45〜11:45
会場:田園調布富士見会館 第二和室 (大田区田園調布一丁目30番1号)
(アクセス:東急東横線・多摩川線・目黒線 多摩川駅 徒歩約5分)  

お申し込み  こちらの専用フォームからお申し込みください


◆第4回 武蔵小山サロン  
日時:9月11日(日) 9:45〜11:45  
会場:荏原第一区民集会所(品川区小山3-22-3)
(アクセス:東急目黒線武蔵小山駅 徒歩約5分)  

お申し込み:受付開始日未定

 
◆第5回 祐天寺サロン
日時:10月16日(日) 9:45〜11:45
会場:上目黒住区センター(目黒区祐天寺2-6-6)
(アクセス:東急東横線祐天寺駅 徒歩約5分)

お申し込み:受付開始日未定


◆第6回は 詳細が決まりましたら、こちらのブログにアップしていきます。

★お問合せ:WMS目黒チーム(wms2016meguro@gmail.com)までメールでお願いします。

(文責 深沢弘子)