CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2016年07月26日

【開催報告】7/21@宇都宮サロン 開催しました


みなさんこんにちは

NECワーキングマザーサロン栃木チームの川辺真美子です。

7月21日(火)に、第2回栃木チームでのサロンを開催しました。

0721サロン4.png
(当日の集合写真♪ 私は前列右端です。)


今回は平日開催ということもあり、まもなく復職される育休中の方、
専業主婦の方など、メンバー含め11名+赤ちゃん3名でのサロンになりました。

またお子さんに関しても第1子を妊娠中の方、2人目、3人目の産後の方、
お子さんの成人がもう直ぐという方といろいろでした。
私も初めてのサロンということで少し緊張していましたが、他の方の緊張もあり、
少しピリッとした雰囲気の中で進行役のゆきさんのスムーズな進行のもと、
ペアワークでお互いに自己紹介、3分間のワーク、シェアリングが行われました。


自分の想いを口にすることで少し気持ちも整理されたところで、全体シェアリング。
そろそろおねむの時間の赤ちゃんたちの泣き声もあり、
少しずつ緊張もほぐれていったように思います。

0721サロン2.jpg
(赤ちゃんのあんよ黒ハート

 

私が今回の全体シェアリングで一番印象的だったのは、
とある参加者さんがお話をしていく中で、
「自分の心の中にある本当の気持ちに気づいた瞬間」です。
自分の想いを口にして、話を深めた結果、自分で心の中にあるモヤモヤの中心の気持ちに気づく。
これってすごい第1歩だと思うんです。

そしてこれは1人では決してきづけないことだったんじゃないかなぁとも思うんです。

母となって働くをテーマに話をする
この場だから話せて、自分の想いに気づけた!

サロン、最高わーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)

この他には、育休中の家事の分担の問題、転勤族妻の問題。
自分が母として働く時に感じた壁を次世代の人には感じてもらいたくないという
想いから、1つの事業を立ち上げた方のお話などなど。


母になって夫婦のあり方でどうしても目指してしまうのは自分の両親
あーなりたいとかあーなりたくないとか。
自分の両親のやり方しか知らないから仕方のないことなのかもしれないけど、
自分たちは自分たちの形を作って、それぞれの夫婦がいろんな形の夫婦のあり方でいいんだ
と改めて感じたサロンでした。


「また次はいつありますか?」と聞いてくださった参加者さんもいらっしゃいました。
次回は、8月30日(火)午前@宇都宮市内を予定しています。


期間中、何回も参加できるので、
自分の気持ちを話しにぜひ来て欲しいな♪と思います。


(文責 川辺真美子)