CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2016年07月24日

【開催報告】7/17(日)第二回サロン@世田谷区三軒茶屋サロン 開催しました!

みなさん、こんにちは〜!

世田谷・杉並チームメンバーの関口幸季です。

(下写真下段右から3人目がわたしです。)


全体.jpg


去る7月17日(日)に世田谷は三軒茶屋にてサロンが開催されました。

三連休の中日にも関わらず、お申込みは満席となり、

当日には体調を崩され欠席もいらしたものの

8名と赤ちゃん1名の参加者さんを迎えニギニギとした開催となりました。


ゆりさんらしいあったかい進行!


進行.jpg


からの、10秒自己紹介、Good&New。

既にみなさんの話したい気持ちが高まり、時間を過ぎても話す話す…


GN.jpg


そして全体シェアリングへ。


シェアリング.jpg


特に私が印象的だったのは、


「制度に甘えている」


「過剰に評価されている」


「どうやって仕事で還元していくのか」


という言葉たち。


産休育休制度、時短勤務制度、残業免除、外勤から内勤への配置換え…

妊娠してから、女性は怒涛のように押し寄せる働き方の選択を迫られ、その中で評価されていく。


周辺には産前と変わらず、仕事があふれている人、同じ仕事を続ける人がいる中で

自分だけが、制度を利用し、時間通りに働いている・・・


それが、「制度に甘えている」ことで、それで対価をもらっていることが「過剰に評価されている」ことで

その中で「どうたって仕事で還元してくのか」途方にくれている状況。


赤子.jpg


ブログを読んでいるみなさん、モヤモヤしてきませんか??


私はこのサロンで印象的だったこの言葉から

公正な評価って何かしら、と考えています。


そして、もう一つ。

「母となってはたらく」もやもやフェーズの変化です。

働き方を悩むフェーズから、何をするか?を悩むフェーズへの変化も感じました。


そんな全体シェアリングの終わりには、新しいところへ飛び込むときはどんな時?という話。


「機は熟す、感があった時」


「やり続ける、言い続けることで機運高まることがある」


焦ることも卑下することもない。

待つという選択もある。


納得ぴかぴか(新しい)とひらめきひらめきの入り混じる、不思議な気持ちがしました。


ここまで読んでいただきありがとうございました!

次回、世田谷杉並チームの開催は8月13日@二子玉川です。


=============

◎NECワーキングマザーサロン@二子玉川


●日時:8月13日(土)9:45〜11:45


●会場:二子玉川地区会館

詳しくはこちらをご覧ください。


 東京都世田谷区東京都世田谷区玉川4-4-5

(東急大井町線・田園都市線 二子玉川駅より徒歩3分)


●参加費:500円

(資料として「マドレ式・ワーキングマザーの教科書」をお渡しします)


●対象:「母となってはたらく」ことを語り合いたい女性ならどなたでも歓迎です。

既婚・未婚・出産経験の有無は問いません!

就労中・育休中・専業主婦・自営業・会社員 どんな立場でも参加可能です。


●定員:10組

 生後210日以内のお子さまと同伴での参加が可能です。

 2016年1月16日以降に生まれたお子さまは同伴可能です。

 2016年1月15日までにお生まれのお子さまは、信頼できるかたにお預けになって、単身でご参加下さい。


●お申込み



その他問い合わせなどありましたら、「WMS世田谷・杉並」までメールをお願いします。


=========


(文責:世田谷杉並チーム 関口幸季)