CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2016年07月04日

【開催報告】6/26 目黒チーム第1回サロン「自分の本当の気持ちに繋がること」

こんにちは!
NECワーキングマザーサロン目黒チーム運営メンバーの田中亜希子です。
もうすぐ5歳と3歳になる男の子の母で、この春から3年ぶりに仕事復帰して働いています。

DSC_0035 (2).jpg

さる6/26(日)、快晴のこの日、品川区の下神明にてチーム初のサロンぴかぴか(新しい)を行いました♪
育休中の方、この春復帰された方など6名の方にお越しいただき、メンバー4名も一緒に輪を囲みました。

13508914_1075407115875310_8689598790306377156_n.jpg

まずは10秒自己紹介、そしてペアとなってGood&Newというウォーミングアップのワークを行った後、「人生」「仕事」「パートナシップ」のいずれかのテーマを各々で選び、一人でワーク。そしてペアでシェアリング(話して共有する)、最後に全体でそこまでに気づいたこと、感じることなどを皆でシェアリングします。

無題.png

スタッフを含めサロンが初めてという方が多く、どことなくピリっとした緊張感がありましたが、進行役くまちゃんのあったかい人柄に、場の空気がゆっくりと柔らかく和んでいくのを感じながら、全体シェアリングがスタート。

「夫も頑張ってくれているけど、私がやっている方が多いんじゃないかと思ってイラッとする。」

「私ばっかり!が出てくる。仕事でも夫との関係でも。周りは?家族は?って怒りが湧く。余裕がない」

ぽつぽつと出てきた言葉。それに対して

「自分のタスクと給料を洗い出して伝えた。割り振って分担する。察してじゃなく指示する。」
「お互い自分が大変、相手は大変じゃないと思っているのかも。根気強く言う。」
という声があがりました。

そして、
「感情論じゃなくて冷静に話すのがいい」そう話す方に、
「そうすることで今どんな気持ち?」という他の方からの問いかけがありました。
「相手が話にのってくれると苛々してたのが一旦はクールダウンできる。
でも、一体感が欠けてるなって。バラバラな感じがして

そこには、冷静に話してタスクを分担しても、消化していかない感情的な思いや気持ちがあるように見受けられました。そこから、

何をやってくれるか、できてるかっていう結果じゃなくて、一緒にやってる感じがほしい。横に並んで、そうだねってきいてほしい。」
「なんとかして!と言えばやってくれるけど、機嫌をとってほしいわけじゃなく、寄り添ってほしい。
「スマホばっかり見てないで、子供とちゃんと向き合ってって夫に言ってたけど、私と向き合ってと言いたかったんだなって気付いた。」
「喧嘩したいわけじゃない。思うことは別の人だから違ってしょうがない。正面でなく横に並んで、これが不安と伝えられたらいい。

そんな発言が続いた後、
「夫婦二人でデートしたい。楽しいことを共有できなくなってきたのが寂しい。」という話から、お互いに一人の時間も大事だけど、二人の時間をもう一度持ちたいという話に広がりました。

13508877_1075406522542036_8476125150811311642_n.jpg

自分の思いを言葉にする。乱暴で投げやりで粗削りのままの言葉で、「言ってもしょうがないよ」で片づけられる話でもいい。溢れるままに出していく中で、気付く。本当は、一人で頑張ってる気がして寂しかったんだ。こんな気持ちでいるって伝えられなくて悲しかったんだ。私が我慢すればいいって自分を粗末に扱っている自分に怒っていたんだ。と。

私達は子供の頃に、転んでも泣かずに立ちあがることで褒められ、自分が使っているおもちゃを譲ることで人間関係を穏便に保つことを学び、怒りが湧いてきても、大人げない、未熟、暴力的といったラベルを貼られることを恐れて「大丈夫です」と笑顔で答え、本当はこうなんだっていう自分の望みに気付かせてくれる感情に蓋をかぶせていく。

そんな自分を、お一人様時間や豪華なランチで少しだけ癒すことはできても、口をついて出てくるのは「どーして?」「どうせ・・・」「私ばっかり」。。。そんな言葉で蓋をしていた自分の気持ちに少しずつ繋がりなおしていくこと。それをただただ聴いてもらうこと。そんな場をどれだけ私達は必要としているんだろう。そんな風に改めて感じたサロンでした。

パートナーについてくすぶっていた思いを話していた方が、最後に「自分のことを認めてほしいと思っていたけど、私は夫のことを認めていたのかな。」と話していらしたのが印象的でした。
そして、
何か月も内省できていなかった。自分のことを自分でわかっていなかった状態で、自分にも相手にもモヤモヤしながら進んでいた。試行錯誤しながらやっていきたい。」

という声も聞かれました。

参加する一人一人の思いや言葉が大事に聴かれること。
これから半年間、そんな場になっていけばいいな〜と思います。
次回は7/23(土)。ぜひふらっと足を運んでみて下さいね♪

文責:田中 亜希子

----------------------------------------------------------------------------

★NECワーキングマザーサロン@自由が丘 7/23(土)のご案内

◆日時:7月23日(土) 9:45〜11:45

◆会場:緑が丘文化会館 第8研修室 (目黒区緑が丘二丁目14番23号)
http://www.city.meguro.tokyo.jp/shisetsu/shisetsu/kyoiku_shisetsu/midorigaoka/access.html
(アクセス:東急東横線・大井町線 自由が丘駅 徒歩約7分)

◆参加費:500円 資料として『マドレ式・ワーキングマザーの教科書』をお渡しします

◆参加対象 「母となってはたらく」ことについて、考え、語りたい女性の方ならどなたでも!ご参加いただけます。 育児休業中の方、専業主婦の方、ワーキングマザー、学生さん、結婚・妊娠・出産の経験がない方でも、 もちろんNECの社員の方でなくても、どなたでも大歓迎です!

◆定員:10組程度 生後210日以内のお子様はご同伴できます。
2015年12月26日以降にお生まれの赤ちゃんは一緒にご参加いただけます。
2015年12月25日までにお生まれのお子さまは、 信頼できる方にお預けになって、単身でご参加ください。

◆お申し込み:※7月4日より申込受付開始いたします こちらの専用フォームからお申し込みください


★お問合せ:WMS目黒チーム(wms2016meguro@gmail.com)までメールでお願いします。