CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2016年06月29日

【開催報告】6/26 WMS東京東@木場サロン開催しました!

こんにちは!
NECワーキングマザーサロン(以下、サロン)東京東チーム運営メンバーの八木実樹です。
 
20160626 メンバー.jpg
(写真左から2番目です。メンバーのなおちゃんとTシャツがかぶって嬉しい♪)

6月26日(日)、梅雨の合間のよく晴れた日に、江東区木場にてチーム初のサロンを行いました。

産後半年の復職前の方、仕事復帰して間もなくの方、時短勤務で働いている方、
仕事を辞めて家庭に入っている方などなど、様々な属性のご参加者8名と赤ちゃん1名に
お越しいただき、チームメンバー2名も加わって輪を作りました。

進行役ぎっしー(山岸祐子さん)の、初回とは思えない安心感のある温かな進行で
サロンがスタートしました。  

20160626ぎっしー.jpg

私は輪の外から見させて頂いていましたが、最初は少し緊張の面持ちだったみなさんの表情
が、ワークが進むにつれどんどんほぐれて、場があったまっていくのを感じていました。

サロンでは「母となってはたらく」をテーマに、
【人生】【仕事】【パートナーシップ】の3つの切り口から考えていきます。

20160626 2人組ワーク.jpg

2人組のワークで、もっともっと話したい気持ちが膨らみ、
いよいよ全体シェアリングへと進みます。


20160626 全体シェアリング.jpg  

「子育てって休めない…夫との関係は同居人のようで…
子どもはほしかったけど、甘かったな…」


「仕事復帰する前に家事分担を決めたはずなのに
夫が全然やってくれない…」



こんな悩みの声から全体シェアリングがスタート。  


「私も家事分担の悩みがあったけど、書き出して夫に見せるようにした。目で見ると理解しやすいみたい。」

「私は任せると決めたことは完全に任せて、立ち入らないようにしている。もちろん最初から上手くいく訳はないけどやってくれたことにありがとうを言うようにして。」

「夫に注意してもやってくれない、ほめた方がやってくれるってことに最近気が付いた。細かいことは大目に見てほめて伸ばす、みたいな・・・」

ここでぎっしーから
「“夫をどう動かすか”という話の流れになってきているように感じるのだけど、本当に夫を“動かしたい”のかな?」

という問いかけがありました。


少し立ち止まって考えてみると。。。


「夫を操作したいわけじゃない。
夫が自立して、考えて、自分から出てきた気持ちで、行動するようになってほしいんだよね」


という発言が。深くうなずくみなさん。



ここから、ご参加者それぞれが自分とパートナーとの関係性を振り返っての発言が続きました。

「私が提案して夫がそれでいいよ、と従っている感じ。夫に対して、本当にそれでいいの??って思う。私は夫と対等な位置で話したい。

「私が決めちゃって、その方がうまくいくからそうやってるんだけど、本当は2人で決めてやりたい。2人で作っていく関係を築きたい。

「夫は激務で大変そうで、本音の話をしてこなかったことに気付いた。もっと夫の話を聞いてあげられればよかったな。私も悩んでいることを夫に話せていなかった。」  

夫が得意なことは甘えて任せっきりで、私は主体的に関わってこなかった。もしかして夫も私に主体的に関わってほしいって思っているのかも?」

私は子どものことが最優先で、自分の中で夫の優先順位が下がってる。でも夫も同じように余裕がなくて、私が余裕を持てれば夫も持てるようになるのかも?」

という気付きも。  

そして、

「必ずしも全部を夫婦で共有しなくても、得意な所はそれぞれが担当するのがよいのでは?」

という発言から、

「夫にどう関わってほしいのか、“2人で一緒に決めたい”なのか“私が考えたことにOKを出してほしい”なのか、自分の希望(スタンス)を伝えるのがいいのでは?」

という発言に繋がりました。    

全体シェアリングの最初に「パートナーとの関係は同居人のよう」と言っていた方が、
締めくくりに

「パートナーと一緒に暮らしている実感が
ほしい、一緒にやりたいんだって気付いた」

と発言されたのがとても印象深く、今回のサロンを象徴しているように感じました。  

ぎっしーから折に触れて
「あなたはどうありたいですか?」「あなたの希望はどうなることですか?」
という質問が挟まれ、それにより1歩考えを深め、
パートナーとの関わり方について「自分の中にどんな希望があるのか」
ご参加者それぞれが気付くことができたサロンになったように感じました。


*****************************************
 
最後までパートナーシップの話題からそれなかった今回のサロン。
それだけパートナーシップというものが難しくて深くて、
でもみんなが求めているものなんだなぁと感じました。

サロンでの気付きをきっかけに、パートナーと話をしたり、
更に自分の中で考えを深めていってもらえたら、こんなに嬉しいことはありません。

また新たなモヤモヤが出てきたり、シェアしながら頭を整理してみたいと思ったら、
何度でもサロンへ足を運んでみてくださいね。    

20160626 集合写真2.jpg
集合写真をパチリ☆
※終了後にはご参加者同士で名刺交換をしたり交流を深める姿があちこちに見られ、
これもとても嬉しい時間でした。  

次回サロンは7/24(日)10-12時@東大前です。
今度はどんなメンバーでどんな話が展開されるのか、どんな化学変化が起きるのかぴかぴか(新しい)
運営メンバー一同、ワクワクしながらみなさんのお越しをお待ちしています。  

(文責:八木 実樹)

=========================================

★NECワーキングマザーサロン@東大前 7/24(日)のご案内

◆日時:7月24日(日) 10:00〜12:00

◆会場: アカデミー向丘

住所:東京都文京区向丘1-20-8
アクセス:東京メトロ南北線「東大前駅」より徒歩1分
URL : http://www.city.bunkyo.lg.jp/shisetsu/bunka/academy/mukougaoka.html

◆参加費:500円


資料として『マドレ式・ワーキングマザーの教科書』をお渡しします。

◆参加対象:

「母となってはたらく」ことについて、考え、語りたい女性の方ならどなたでもご参加いただけます。


※育児休業中の方、専業主婦の方、ワーキングマザー、
学生さん、結婚・妊娠・出産の経験がない方でも、
もちろんNECの社員の方でなくても、どなたでも大歓迎です!

◆定員:10組

生後210日以内のお子さまと同伴での参加が可能です。
2015年12月27日以降にお生まれのお子さまは同伴可能です。
2015年12月26日までにお生まれのお子さまは、信頼できるかたにお預けになって、
単身でご参加下さい。

◆お申し込み:⇒お申込みフォームはこちら



★お問合せ:2016tokyoeast@gmail.comまでメールでお願いします。


=========================================

◆今後の開催予定◆

8/21(日)10〜12時 八広地域プラザ 吾嬬の里 ※7/25(月)より受付開始予定

=========================================