CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2016年05月19日

解説!進行役オンライン研修

みなさん、こんにちは。
NECワーキングマザーサロンプロジェクト、第8期のボランティアスタッフとして広報を担当します、林理恵と申します。

11986445_899967266745304_3313640669018817412_n.jpg

普段は、マドレボニータの理事をつとめていますが、このプロジェクトでは一ボランティアスタッフとして活動しています。

さて、今期で8期目になるNECワーキングマザーサロン。
各地のチームの進行役は6月からのサロン開催に備えて、4月から8週間に渡る研修に取り組んでいます。

2016y03m29d_152008701.jpg

早いものでもう5月も半ばをすぎ、この研修も終盤になりました。
この記事では、これまで、お伝えする機会の少なかった、「進行役のみなさんが研修でどんなことをしているのか」を解説したいとおもいます。

13124819_1041809442561085_2367025184580703351_n.jpg

まずは、この写真。それぞれのご自宅で研修に取り組んでいる様子を動画で撮ったものです。
研修は主にそれぞれのご自宅で行っています。
毎週課題に取り組み、その様子を動画で撮影して、進行役の全員が参加しているFacebookグループで共有し1週間の取り組みについて、「振り返り」を投稿します。

【基本的な流れ】
金曜日:「今週の取り組み計画」を投稿
火曜日:録画アップの締切
水〜木曜日:グループメンバーの動画を見てコメント
木曜日:「今週の取り組み計画振り返り」を投稿


進行役のみなさんは、エントリー時にエントリーシートを提出してくださっています。
そこに、取り組みの計画を書く欄があります。忙しい日々でどのように研修や進行に取り組む時間を捻出するのか、かなり具体的に計画します。
また、「子どもを預ける」「ボランティア活動」「マドレボニータおよびNECワーキングマザーサロンへの参画」の3つのテーマで、パートナーとの価値観の相違点・共通点を確認するということもしています。

このように、事前に計画、準備をして、進行役研修に入るのですが、準備していても不測の事態が発生することもあります。
そんな時、
「特に、計画どおりいかなかった、という場合は、「次週は頑張る」という精神論ではなく、うまくいかなかった要因を具体的に出してみましょう。また、できなかった分のリカバリー案を自分で考えてみましょう。相談はいつでも遠慮なく声かけてね!」
と本部&本部サポート(ボランティア)から進行役のみなさんにお伝えしています。

できないことを具体的にする、リカバリー案を考える。
それだけじゃなくて、相談できる、進行役同士お互いにコメントしあうことができる。
ここは、NECワーキングマザーサロンプロジェクトならではの部分ではないかと思います。

さて、具体的な研修内容ですが、「環境の整備」と「進行練習」です。
毎週必ず行うのが「環境の整備」で、「今週の取組計画」、「計画の振り返り」を、FBグループに投稿します。
その上で、「進行練習」に取り組みます。
サロンの進行を「1分自己紹介」「Good & New」「シェアリング」にわけて、週を重ねる毎に少しずつ進化させていきます。

【進行練習】
第1週
「Good & New のワーク〜二人組で自己紹介」までを、「基礎台本」を使って練習しよう/セルフチェック→チームメンバーとコメントしあおう
第2週
「Good & New のワーク〜二人組で自己紹介」までを、「基礎台本」を使って練習しよう 
第3週
「Good & New (ワーク〜二人組で自己紹介まで)」を、1日1回以上練習しよう。
「シェアリング」のワーク進行を、「基礎台本」を使って練習しよう!
第4週
「Good & New (ワーク〜二人組で自己紹介まで)」を、個人練習1日1回以上、対面練習を週1回以上やってみよう!
「シェアリング」のワーク進行を、「基礎台本」を使って練習しよう!(後編)
第5週
「Good & New」 , 「シェアリング」 の 「対面練習」 を、それぞれ3回以上(計6回以上)
全体シェアリング 3分間「聞く」<1日1回> 〜そのとき自分のなかに起こっていることを観察する
第6週
「Good & New」 , 「シェアリング」 の 「対面練習」 を、それぞれ2回以上(計4回以上)
「1分自己紹介」 〜内容・構成を考え、声に出してみる
全体シェアリング「聞く」 〜相手の気持ちに注意を向ける、自分のなかに起こっていることを観察する〜
第7週
「Good&New」 「シェアリング」 練習
「1分自己紹介」 内容・構成を考え、声に出してみる/「導入部全体」に目を通しておく
全体シェアリング 聞く/自分が感じていることをシェアする


セルフチェクをする時「4つの観点」から振り返りを行います。
(1)声量・滑舌、(2)抑揚・スピード・語尾、(3)姿勢、(4)目線・表情
チェックは、「自分比」で行います。「自分がサロンの場でこんなふうにありたい姿」を満点とし、 「今、自分はどのへんにいるかな?」を数字に表していきます。

「振り返り」は、反省やダメ出しではなく、気づきを共有しあい、考察しあい、よりよくするためにはどんなことができそうか? を、ともに考えあいます。
ほかの人にコメントすることで、新たな気づきや視点を得ることもでき、サロンでも毎回行うとても大切な取り組みです。


この内容をすべて、自宅で1人でやるのは結構厳しいですよね。
全国各地に点在している進行役ですが、時にはSkypeをつないでお互いの練習相手になったり、去年から発足した「全体サポートチーム」の「研修伴走メンバー」がお昼休みや早朝にSkypeで練習や相談に乗ってくれたりと、オンライン上で繋がり、密にコミュニケーションをとりながら進めていきます。

こうやって研修に取り組み、最後の8週目は進行役が全員集まり、1泊2日の合宿を行います。
その様子はまた次回に!

(文責:林理恵)