CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«【7期参画をふりかえって】上松恵子(岐阜チーム進行役) | Main | 【進行役を終えて】「サロンってなんだ?!」東京南・川崎チーム 藤居料実»
プロフィール

WMSプロジェクトさんの画像
WMSプロジェクト
プロフィール
ブログ
最新記事
カテゴリアーカイブ
<< 2017年10月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
リンク集
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/wms/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/wms/index2_0.xml
【プロジェクト全体像のご紹介】 [2016年01月12日(Tue)]
みなさん、こんにちは。
NECワーキングマザーサロン・プロジェクト本部の高橋葉子です。

「NECワーキングマザーサロンって、どんなことしているの?」
「どうやってメンバーに参画できるの?」
・・・そんなお声をよく頂くので、ご質問にお答えしながら、この活動の全体像をご紹介します。


●どんなプロジェクト?

働く・働きたい女性たちのクオリティ・オブ・ライブ向上のための取り組みです。
NPO法人マドレボニータNECが、社会貢献のために協働して行っています。
WMS_banner1.png
「母となって働く」というテーマを、
 - 語り合えるをつくる、
 - 地域に語り合える仲間をつくる、
 - その場を市民の手でつくる、、、ということに取り組んでいます。


●具体的に何をしているの?

「母となって働く」をテーマとした
少人数のワークショップ「NECワーキングマザーサロン」を、
毎年6ヶ月間、全国各地で、開催しています。
wms_flyer7.jpg NECWMS.jpg
2009年度から現在のワークショップ・スタイルとなり、2015年度で第7期目となります。
テーマに関心がある女性なら、年齢、職業や状況などに関わらず、どなたでも参加できます。
(タイトルに「ワーキングマザー」とありますが、ワーキングでもマザーでなくても、
 「母となって働く」ということを考えたい方ならどなたでも参加できます。)

また、このワークショップ参加者のアンケートから、働く・働きたい女性たちの声をまとめた
『産後白書2〜産後から考えるはたらきかた』の制作や、
毎期終了ごとに、イベント「NECワーキングマザーサミット」の開催も行っています。
200-sangohakusho2.jpg 
10865766_751597938253817_2969860739938808582_o.jpg 082.JPG


●誰がやっているの?

主催はNPO法人マドレボニータ、協賛がNEC、です。
そして、実際にワークショップ「NECワーキングマザーサロン」を開催・運営しているのは、
登録した有志のボランティア・スタッフです。
wms地域展開の図.jpg

地域ごとに、ワークショップの「進行役」と「運営メンバー」から成る、
「サロン運営チーム」があり、
運営チームをサポートする「全体サポートメンバー」がいます。
プロジェクト本部は、マドレボニータのスタッフが2〜3名のみで、
ワークショップ自体は、ボランティア・スタッフ「プロジェクト・メンバー」によって運営されているのです。

このプロジェクトメンバーは、毎年度(4月〜翌年3月)募集しており、
毎期60〜110名ほどが参画しています。
第1期〜7期まで合計すると、のべ542名になります。


●プロジェクトメンバーにはどうやってなれるの?

ワークショップを運営するプロジェクト・メンバーは、毎期募集しています。
2月後半頃から募集が始まります。
⇒【参照】<第7期進行役・運営メンバー募集><第7期サポートメンバー募集>

「進行役」は、マドレボニータ正会員から募集しています。
「運営メンバー」は、一般から募集していますが、
地域ごとにチームを作るので、その地域に「進行役」がいないとチームができません。

ワークショップ開催の目的として、「地域に語りあえる仲間をつくる」があります。
ネット上ではどんなに遠くてもつながりあえる時代ですが、
ここでは、リアルに顔を合わせて話せる仲間をつくる、ということを大切にしています。
そのため「地域ごと」にチームを作っています。

(とはいえ場合によっては、気軽に会うという距離でもない範囲になったり(特に地方)、
 地域ではメンバーが足らず、遠隔参加の方が入るケースもなきにしもあらずですが、
 無理なく参画できる、というところで各自判断していただいています。)

 
応募にあたっては、全員、所定の「エントリーシート」を必要事項記入してお送りいただきます。
「進行役」は、その後に面談(スカイプ含む)を行い、
現在の環境や状況が参画するのに無理がないか? ご本人の目的と一致しているか?などお話して
参画するかどうかを選択していただいています。

メンバー登録ができたら、進行役は4月第1週から「オンライン研修」に入ります。
進行役が決定したら(※厳密には研修を全過程修了して決定ですが)、
運営メンバーとのチームを作っていきます。


●年間スケジュールはどんな感じ?

期によって変更もありますが、だいたい下記のようなスケジュールで実施しています。

2月後半〜
プロジェクト・メンバーの募集・応募(エントリーシート提出、進行役は面談も)

4〜5月
進行役研修(オンライン研修:毎週/実地研修5月(1泊2日の合宿))
進行役・運営メンバーとのチームづくり

5〜6月
チームキックオフサロン、運営研修(チームごと実施)

6〜11月
「NECワーキングマザーサロン」開催(チームごと/月1回〜)

翌年1月
イベント「NECワーキングマザーサミット」開催
(このイベントへの参画は任意です)


●研修ってどんなことをするの?

「進行役研修」は、オンラインと実地があります。
主に、ワークショップ前半で行うワークの進行練習、後半の対話の時間のファシリテーションの2つです。
「オンライン研修」は、4〜5月の約8-9週間にわたり、毎週課題に取り組みます。
GoogleドライブやFacebookグループを活用し、ドキュメントや動画をシェアしあいます。
自分の練習や学びだけでなく、進行役仲間どうしでともに学び合うことも大事にしています。

「実地研修」は5月の後半に行う1泊2日の合宿です。
オンライン研修の成果を持ち寄り、対面で実習を繰り返しながら学びをさらに深めます。

⇒【参照】進行役研修の様子を、第7期のメンバーが自己紹介とともにお伝えしています。
永野間かおりさん(北海道)藤居料実さん(東京)松浦優子(静岡)
関口幸季さん(東京)種井美緒さん(埼玉)山井七恵さん(宮城)
上松恵子さん(岐阜)田中裕子さん(福井)満尾ひとみさん(新潟)
実地研修1日目実地研修2日目

「運営研修」は、サロン運営チームごとに行ない、
チームメンバー全員(進行役・運営メンバー)が参加します。
本部スタッフが出向いて、サロン運営についてともに学びます。

運営研修と合わせて、「チームキックオフ・サロン」も行います。
「NECワーキングマザーサロン」と同じプログラムを行って、
参加者であるチームメンバー各自が、この活動に参画することについての思いをシェアしあいます。
お互いの状況やおもいを知り合い、個人として、チームとしてどのようにやっていきたいか、を考える場になります。

⇒【参照】第7期の各チームのキックオフサロン、運営研修の様子
岐阜チーム福井チーム
仙台チーム埼玉チーム東京南・川崎チーム大田・世田谷チーム


もっとこんなこと知りたい!聞きたい!ということがありましたら、
mail toプロジェクト本部までどうぞお声かけください☆


(文責:プロジェクト本部・高橋葉子)