CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2016年01月06日

埼玉・足利チームブログリレー サロンと私≪たね編≫

こんにちは☆
埼玉・足利チーム進行役の種井美緒です。
埼玉チーム 打ち上げ2.jpg
(こちらは埼玉・足利チームの打ち上げサロンの写真☆左下にいるのが私です)

みんなからは「たねちゃん」と呼んでもらっていますわーい(嬉しい顔)

私、アツくなると、文章がどんどん長くなってしまうのでわーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)
今回は、昨年の4月から進行役として参画して感じた“サロンと私”を
写真で振り返りながら、言葉にしてみたいと思います。

進行役.jpg(5月の進行役研修☆)

私は3年前にマドレボニータと出会い、
産後クラスやNECワーキングマザーサロンに参加しました。

そこで、母となってもやりたい事を諦めない、
一生懸命になる姿に心を動かされて、
2年前にプロジェクトメンバーとして参画、
そして去年は、進行役として参画してきました。

赤羽サロン よこちゃん.jpg(6月開催 赤羽サロン☆)

進行役の席から、参加者さんが話す姿を見ていると、
「自分の思いやモヤモヤを言葉にする」という作業は、
愚痴なんてものではなくて、
人の気持ちも動かす、
もっと主体的で大きな一歩
なんだなぁと、いつも感じていました。

プラザノースサロン.jpg(7月開催 プラザノースサロン☆)

また、サロンの中では、話しているうちに
「あれ?なんだかわかんなくなってきちゃった」ということや、
気持ちや涙がこみ上げて、うまく言葉ならない瞬間もありました。

でも、言葉にならなくても、
「たしかにココ(自分の中)に何かがある」ということを感じられる、
それを輪を作るみんなで共有できる時間もまた、
サロンの魅力
だと思います。

東川口サロン 横断幕.jpg(7月2回目!東川口サロン☆)

私自身、自分の考えていることを言葉にしてみると、
しっくりくる言葉と、
「ん?なんかちょっと違うかも」という言葉があることに気づきます。

自分を主語にして語ることは、とても大切だけれど、
「自分の思いを言葉だけで完全に表現できるか?」と問うと、
私はそれは出来ない気がするのです。

自分の思いというのは、思考や経験や感情やなんやかんや、
いっぱい積もって出来たものだから、
言葉だけでは断片的にしか切り取れない気がするのです。

足利8.jpg(8月開催 足利サロン☆)

だからこそ
言葉を尽くして、言葉を磨いて、伝える努力に終わりはない”し、
それでも
言葉にならなくても、伝わるものはきちんと伝わる”ということを、
私はサロンの取り組みの中で感じました。

和光サロン.jpg(9月開催 和光サロン☆)

私にとって、サロンに取り組むということは、
自分に向き合うことでもあり、
向き合い続けていくための仲間といられる時間でもありました。

with you サロン 横断幕.jpg(10月開催 with youサロン☆)

“自分を主語にして語るって大切”
そう頭ではわかっていても、
日々の忙しさや、周りの空気に流されて、
本当にありたい姿を見失ってしまう。

「これ以上先に行ったら、自分が傷ついてしまうんじゃないか」
「問題が大きすぎて、とても一人で頑張り続けられない気がする」
と立ちすくんでしまう。

足利サロン11.jpg(11月開催 足利サロン☆)

一人では、何度も何度も止まってしまうのを、
「もう一度、やってみよう」
「今度はこうやってみよう」というエネルギーをくれたのは
サロンで出会えた人達や、
一緒にサロンを作り上げてきた仲間たちだと思っています。

のらサロン.jpg(11月2回目! カフェのらサロン)

この魅力的なプロジェクトに、今期進行役として関わることができて、
自分に「よくやったぜ!」という気持ちと、
そして、サロンに参加してくれた人や、
一緒に活動してきたプロジェクトメンバーや、
私の活動を応援してくれた周りの人たちに
「本当にありがとうございます」という気持ちですわーい(嬉しい顔)

以上が今期の”私とサロン”です。
最後まで読んでくださり、ありがとうございます^^

第7期NECワーキングマザーサロンも残すところ、
1/23(土)のNECワーキングマザーサミットのみとなりました。
こちらのイベント、ありがたいことに既に満席になっています。
また、報告ブログをメンバーが書いてくれる予定なので、
そちらもぜひ楽しみにしていてください☆

それでは!

(文責:種井 美緒)