CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2015年12月08日

【開催報告】11/28(土) 大田・世田谷ラストサロン@三軒茶屋 開催しました!

こんにちは、大田・世田谷チームの山口有里です。(末尾の集合写真の最後列一番左です!)

進行役のみゆきたんを中心に、6月から計9回のサロンを企画・運営してきた我々チーム。
11/28(土)、遂にラストサロンを迎えました。

対話.jpg

全体シェアリングのテーマはずばり、出産・育児は迷惑?

産前の体調不良で予期せず長期欠勤をすることになってしまったご参加者が、
先輩から「配慮が足りない」と言われてショックを受けた、というお話をきっかけに、
ご参加者から相次いで、こんな言葉が出てきました。
「(妊娠悪阻による長期欠勤で)職場に迷惑をかけてしまった」
「(迷惑をかけてしまう)自分が会社に居るのが申し訳ない
「(制約人材になって)自分の価値が下がった
「(妊娠・出産して)社会的弱者になった」
「(迷惑を)周りはどのくらい許してくれるだろう」

いつになく自己肯定感の低さが漂う会場に、進行役は問いかけます。
そう感じる理由は、何でしょう?
「マネジメント側は長期欠勤のリスクも想定しているのでは?」

ご自身が経営者の立場も経験されているご参加者からは、「両方の気持ちがわかる」という発言もありました。
「経営者として、急に休む可能性のある人を雇っていたが、リスクマネジメントを考えることはあっても、休む人を迷惑と思うことはなかった。
でも、自分が思いがけない妊娠で休んだ時は、迷惑をかけてしまうと思って落ち込んだ。」
客観視の難しさを物語るこのエピソードからは、やりたいことがままならない当事者が抱える割り切れない思いを、ひしひしと感じました。

そんな中、場の雰囲気を一転させたのは、それまで無言で話を聞いていらしたご参加者の言葉でした。
「申し訳ないと思っていると、周りに気を遣わせてしまう。
 制約があっても、その上でどういうパフォーマンスを出したいかを伝えれば、周りは安心する。」
自分の価値は自分が決める。
 申し訳ないと思っていたら、申し訳ないレベルの価値にしかなれない。」
申し訳ないと言っていたら、子どもまで、産まれてきて申し訳ないと感じてしまう。
 自分で自分のことを好きだということを見せるのが、親の仕事の中で一番大切な仕事だと思う。」

「子どもの視点」が現れた瞬間、会場にハッとした空気が流れたような気がしました。
子どもの誕生や成長を、「迷惑」と思いたい親はいないはず。
それなのに、自分の出産や育児は、「迷惑なこと」と捉えてしまう。
本当はどう捉えたいのだろう?
そこにある矛盾に気付いた一人ひとりが、静かに自問されていたように感じました。

私が心に響いたのは、その後にメンバーの一人が紡いだ、
「(子どもを理由に)できないって、言いたくなかった。」
という素直な言葉でした。
私自身の過去を振り返って、とても共感しました。

貢献したい。期待に応えたい。大切に仕事をしたい。頑張りたい。頼られる存在でありたい。
そんな真っ直ぐな思いがあるからこそ、
制約があって思うように出来ないことが、悔しくて、歯がゆくて、悲しくて、苦しかったりする。
「代わりが居る」「急に居なくなっても大丈夫」という状態が、安心な一方で、ちょっぴり寂しかったりする。
私が制約を受け入れる過程にも、そんな複雑な葛藤があったことが思い出されました。
そして、「制約はあるけど、頑張りたいんです。」と上司に正直に伝えられたとき、心がスッと軽くなったことも思い出しました。

自分は自分が傷つく言葉を一番よく知っていて、頭の中で聞こえるその「誰か」の声に、落ち込み、自信を失う日もありました。
でも、「自分の素直な思いに耳を傾ける」ことを大切にするようになってからは、自分への攻撃は、次第に応援へと変わっていきました。
格好わるい感情も状況も、全部まるごと受け入れられたとき、
自分で貼った「ダメ」のレッテルを、そっと優しく剥がすことができる。
するとそこから、一歩を踏み出す勇気と元気が湧いてくる
そんな経験は、私がサロンの運営に携わる理由にも繋がっています。

時間は有限だから、大切なものがたくさんあるほど、制約も増える。
大切なものがある限り、葛藤と試行錯誤は、これからもずっと続くのだと思います。
でも、葛藤は、自分の根底にある価値観、「どうありたいか」に向き合うきっかけにもなる。
だから私は、制約は人生を豊かにするチャンス!だと思っています。

「出産・育児は迷惑か?」
私はこの問いに、
「否!出産・育児はそれだけでも価値があって、自分も周りも喜び合えるもの。」
「制約人材も、組織に、社会に貢献できます。」
と、胸を張って答えたいです。
そしていつの日か、周りの人にも、そんな風に感じてもらいたい。
だからそのために、「ごめんなさい」を「ありがとう」に変えて、明日も試行錯誤をしてみようと思います。

ご参加者にとっても、このブログを読んでくださる方にとっても、
それぞれの育児が、それぞれの人生が、幸せなものでありますように^^
LIVE YOUR LIFE!

集合写真1.jpg


今期のサロンは終わりますが、1月には今期の活動を総括するイベント「ワーキングマザーサミット」が開催されます。

ワーキングマザーサミット
2016年1月23日(土)午後、目黒にて


サロンに足を運んだことのない方も、もちろんご参加いただけます。
近日中の詳細告知&受付開始を予定していますので、
ご興味ある方は、ワーキングマザーサロンのブログやFacebookページをフォローくださいね。

(文責・山口有里)