CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2015年09月10日

満席です!【10/10(土)@文京区】東京南・川崎チーム第5回サロン開催します!

*満席になりました!お申込みありがとうございました。

こんにちは!
東京南・川崎チームのプロジェクトメンバー、田中亜希子です。
DSC_0035 (2).jpg
すっかり秋らしくなり、このチームでのサロンも終盤に近づいてきました☆
参加がまだの方も、もう一度参加されたい方も是非!

=============================================
★NECワーキングマザーサロン@文京区


◆日時:10月10日(土) 9:45〜11:45

◆会場:アカデミー向丘和室(東京都文京区向丘1-20-8)
  http://www.city.bunkyo.lg.jp/gmap/detail.php?id=1991
   (アクセス:東京メトロ南北線 「東大前」駅すぐ横
        東京メトロ千代田線「根津」駅徒歩15分)
◆参加費:500円
 資料として『マドレ式・ワーキングマザーの教科書』をお渡しします。

◆参加対象
「母となってはたらく」ことについて考え、語りたい
女性の方ならどなたでも!ご参加いただけます。

育児休業中の方、専業主婦の方、ワーキングマザー、学生さん、結婚・妊娠・出産の経験がない方でも、もちろんNECの社員の方でなくても、どなたでも大歓迎です!

◆定員:10組程度
生後210日以内のお子様はご同伴できます。
2015年3月14日以降にお生まれの赤ちゃんは一緒にご参加いただけます。
2015年3月13日までにお生まれのお子さまは、信頼できる方にお預けになって単身でご参加下さい。

◆お申し込み:
こちらの専用フォームからお申し込みください
※9月10日より申込受付開始いたします。

◆お問合せ: 
 WMS東京南・川崎チーム(wms7tm.k@gmail.com)までメールでお願いします。
=============================================

母となってはたらく。こんな風にはたらきたい!と思っても、自分の周りを見渡すと
「これがあれば」「こうなってくれれば」という自分の力では変えられない要素が
浮き彫りになってしまうことってありますよね。
例えば、あと少しの時間、もうちょっとだけいいお給料、
協力的なパートナー、実家の手助け、子供の発熱に理解ある上司、働く身に優しい制度・・・。

周りの状況とそこに不足するもの、感じる不満に働きかけて、
解決することや楽になる部分は確かにあるかもしれません。
けれども、
今持っていない何かを得られたら、誰かが、何かが変わって
くれたら、「ああこれでいい」という地点にたどり着けるのでしょうか?


私は第1子出産後の復帰時に、周りの条件を整えよう、変えようと必死になり、
だからこそうまくいかなくなると周りのせいにしながら
「私を取り巻く問題点」ばかり明確になっていきました。
けれども、周りの環境や条件をいじくり回したところで何も現実は変わらず・・
そんな中でサロンや色んな場や人に会い、
「周り」ではなく「自分」の気持ちを見ていくようになりました。そこには、

・こうすべき、あるべきという全身に強く刷り込まれた考え
・何かを「持ち」、何かに「なり」、何かが「できる」自分が価値があるという思い

がありました。そんな思考を持っていたのは、
*役割や立場を意識し、自分の気持ちを正直に感じることを許そうとしていなかった自分
*ちゃんと頑張らなきゃ助けてって言うべきじゃないと自分ルールを課している自分
*自分の選択と人生に自信がなくて、人から奪おう、与えてもらおうとしている自分
*他人の正しさの中で安心しようとしている自分
*他人からだめなやつと思われるのが怖い、恥ずかしいと思っている自分
*何がなくてもできなくても、頑張らなくても、だめでもいいよと言われたい自分

でした。そんな自分全てにOKを出せたわけでもないのですが、
自分が大事にしたい気持ちや、必要ないと思う価値観が
見えてきて、自分の中のモヤモヤが少しだけ整理されました。
今の自分も環境も、良くも悪くも自分が作っているんだなぁと感じました。
11742931_807192809377700_2566677283332199503_n.jpg

バランス、両立、母として、すべきあるべき、上司が、制度が、人間関係が・・・
自分の気持ちを感じて表すことを躊躇い、なかったことにするのに十分な材料はそこらじゅうに溢れていて。
「母としてはたらく」って不自由だなぁ、縛られているなぁ、
で生きていくこともできるけれど、その立ち位置は、選択肢が限られていて、
色々なことを諦めなきゃいけない場所ではないはず。


子供の頃からこれまで重ねてきた選択、出会ってきた人達、
噛みしめてきた思いや体験により作られてきた母となった一人一人の人生の道が、
無味乾燥な灰色の景色の中に続いていくなんて、もったいなさすぎると思いませんか!?

大事なものは全部大事にしながら、母になったからこその、
それぞれの自分の道を選んでいく。


サロンがそんな一歩を踏み出す機会になればいいなと思います。
みなさまにお会いできることを、スタッフ一同楽しみにしております☆

文責:田中 亜希子