CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2015年06月01日

満席です【6/27土】東京南・川崎チームサロン開催します☆

満席になりました!お申し込みありがとうございます!

こんにちは!
NECワーキングマザーサロン東京南・川崎チームのプロジェクトメンバー、田中亜希子です。
3歳、1歳の息子がおり、現在は2回目の育休中です。

あきさん3.jpg

NECワーキングマザーサロンは、「人生」「仕事」「パートナーシップ」
という切り口から『母となってはたらく』事を語り合う場です。

母になると、妻、親、〜ちゃんママ、保護者・・と肩書が増え、環境も変わり、ふと足元を見つめると、
自分の立ち位置がわからなくなってしまうことってありませんか?
サロンでは、「私」を主語にして、自分の思いを語り合います。
母としての経験もバックグラウンドも、初めての方もリピーターの方も、様々な方たちが集まるので、
場の雰囲気や話にあがるテーマも毎回違い、とても面白いです♪

そして・・・
私たちの東京南・川崎チームの初回サロンぴかぴか(新しい)の詳細が決まりました!
サロンの開始を今か今かと待っていらした方も、サロン初参加の方も、ぜひぜひお越し下さい!

=============================================
★NECワーキングマザーサロン@不動前


◆日時:6月27日(土) 14:00〜16:00

◆会場:大崎第一地域センター(東京都品川区西五反田3-6-3)
  (アクセス:JR五反田駅、目黒駅各徒歩10分、東急目黒線不動前駅徒歩5分)

◆参加費:500円
  資料として『マドレ式・ワーキングマザーの教科書』をお渡しします

◆参加対象
「母となってはたらく」ことについて、考え、語りたい
女性の方ならどなたでも!ご参加いただけます。

育児休業中の方、専業主婦の方、ワーキングマザー、学生さん、結婚・妊娠・出産の経験がない方でも、もちろんNECの社員の方でなくても、どなたでも大歓迎です!

◆定員:10組程度
生後210日以内のお子様はご同伴できます。
2014年11月29日以降にお生まれの赤ちゃんは一緒にご参加いただけます。
2014年11月28日までにお生まれのお子さまは、信頼できる方にお預けになって単身でご参加下さい。
*今回の会場は畳ではなく、会議室仕様となります。赤ちゃん用の布マットを用意しておりますが、
もし床の硬さが気になるようでしたら、お手数ですがバスタオル等をご用意ください。

◆お申し込み:
こちらの専用フォームからお申し込みください
※6月1日より申込受付開始いたします

★お問合せ:WMS東京南・川崎チーム(wms7tm.k@gmail.com)までメールでお願いします。
=============================================

ここで自己紹介をかね、サロンとの関わりをお話させていただくと・・

私がいわゆる「ワーキングマザー」デビューしたのは、長男が生後7か月の時。
時短で早く帰宅し、子供との時間もとれて、両立のノウハウや時短テクも
かき集めてフル活用した・・のに満たされない。

いつも頭にぐるぐる回っていたのは、
「仕事か子供(家庭)か?」
どっちを選べばいいの?そもそもここから選ぶしかないんだっけ?私の人生って。

「あれもこれもしなきゃいけない、なんでわかってくれないの?どーしてやってくれないの?」
子供はちゃんと寝かせて食べさせなきゃいけないし、寂しい思いさせちゃいけないし、、
てゆうかパートナーはこの苦労わかってる?私ばっかりじゃん!?

「仕事はやりたい!よりやらなければいけない」
何かを獲得し、身に付け、何かができる自分でいれば、人から認められ、自分は満たされるはず。
だから足りないところを補っていく、悪いところを直していく。あーしんどい、楽しくない。。

育児は「こうあるべき」、パートナーは「こうすべき」
どんどん出てくるのにうまくいかない。その苦しみをパートナーがわかってくれないと苛々。
そして仕事で人に認められたいという自分の気持ちを満たすようなパフォーマンスができず、
時短だからしょうがない、子供が小さいと大変だし・・と満たされない理由を探す毎日。そのうち、
何かを選んだら何かを諦めるのは当然だよね、と諦めモードに入っていった自分。

こんなモヤモヤした感じで、去年の秋、初めてサロンに行きました。

モヤモヤした気持ちをうまく言葉にできないし、どうしたいのかもよくわからない。
でも耳を傾けてくれる人達がいて、それぞれの人が自分の人生の中で立ち止まっていたり、
立ち向かっていたりする姿がありました。

salon4.jpg

整理できなくても、怖くて逃げていても、モヤモヤのままでも、
まずはそれでいい。そして辛い時は辛いって助けを求めてもいい。

サロンは、そんな場所だなと感じました。

サロンで自分の思いに耳を傾けていくうちに、
自分がこうありたい、こうしたいっていう気持ちは私が選んでいいものなのに、子供や仕事やパートナー、他人からの承認といった周りのものに自分を沿わせ、
その中に自分の価値を見つけよう、居場所を作ろうとしていた自分に気が付きました。
それは自分の人生の選択を人に預けていることにもなるので、うまくいかないといつも周りのせい。
私はこんなに頑張ってるのに!私は我慢してるのに!と。

「したい」より、「しなくてはいけない」
ありのままでいいという「安心」や「肯定感」より、このままじゃだめという「不安」や、
こうなるかもという「恐れ」
「自分が選ぶ」より、「他人からの承認」

これって、全然気持ちよくないんです。。じゃあ、私、どうしていこう?

salon6.jpg

はい、今も絶賛モヤモヤ中ですが(笑)、今年もサロンで変化していく自分が楽しみでもあります☆

サロンにきて「自分を主語に語る」ことで「自分の思い」を見つめてみませんか?
スタッフ一同お待ちしています!

(文責 田中亜希子)