CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2015年05月08日

ただ今進行役研修中!【福井県鯖江市・田中裕子(たなかひろこ)】

こんにちは。
兵庫県出身、東京育ち、福井県在住の田中裕子と申します。

wms_profile.jpg

まだまだ手のかかる甘えん坊の3歳の娘と、
好奇心旺盛すぎて目が離せない0歳10ヶ月の娘がいます。

家業を手伝っているので、夫はもちろん、
義理の両親もみんな同じ職場というなかなかレアな環境で仕事をしています。

今年の4月に、約1年間の産休+育休生活を終え、職場復帰をし. そして同時に、

ワーキングマザーサロン福井『初』開催に向けて、
進行役のオンライン研修が始まりました!
ぴかぴか(新しい)


*なぜ進行役に?*

端的にいうと、
福井県の女性の活躍を私なりに応援したくて、そしてそのためには・・・
ワーキングマザーサロンの開催は絶対にはずせない!
と思ったからです。

背景に、私自身の2つの気持ちの変化がありました。

1つ目は、24歳に結婚して以来ずっと、受け身な生き方(あるがまま/求められるがままを受け入れる生き方)を続けてきたことが原因で、自分自身のアイデンティティーが失われていくような感覚に陥ったことです。

(この辺の詳細について、いろいろ話したいことは山ほどあるのですが、長くなるのでブログでは割愛しますね^^;)

このときに、以前の自分のように、能動的に、
自分の意志で何かをしたい!と思い始めたんです。


そして2つ目は、29歳の誕生日を迎えたときでした。
親しい友人たちが、それぞれの夢を徐々に実現させている様子をSNSなどで目の当たりにし、自分は30歳目前にして、未だ何も成し遂げていないということに猛烈な焦りを感じました。

とにかく何かをしたい!(←しつこい?笑)

誕生日の夜、夫とお酒を飲みながら自分の思いをぶちまけました。

夫はあっさり、「裕子のしたいようにすればいいよ」と。

あぁ、やっぱり私この人と結婚して良かった!黒ハート・・・って思った瞬間でした(笑)


そこからは自問自答の日々。

何をする? 何ができる? 何がしたい?

その答えが、先ほどの、「福井県の女性の活躍を応援したい」でした。

当時、ワーキングマザーサロンのことは存在すら知らなかったのですが、
ある人に自分自身の活動について相談をしたときに、「こんなのがあるよ」と教えてもらったのが最初の出会いです。

そして11月、岐阜県のラストサロンに飛び込み、
「これだ!」と思ったわけです(笑)

wms_2014_gifu.JPG


* 研修ってどんなことやってるの?*


話す練習と聞く練習をスカイプなどを通じて行い、自己評価を行う。
その後、Facebookに動画をアップすることで、他のメンバーからフィードバックをもらう。
この2つのステップをひたすら繰り返しています。

自分一人で練習して自分一人で評価するだけではなく、
フィードバックをもらったり、他の人の動画を見たりすることで、
みんなそれぞれが少しずつ、そして確実に進化しています!

でも実は、この研修のもう一つ大事なポイントは、
時間を捻出することと、協力者を増やすことだと思っています。

私もそうですが、進行役メンバーのほとんどがワーキングマザー。
仕事、育児、家事もしながらの研修です。
パートナーや家族の協力なくして成り立ちません。

私のパートナーも、「好きなようにして良いよ」から、「応援するよ」そして「協力するよ」と少しずつ変化してきました。

それから福井県はマドレ未踏の地なので、プロジェクトメンバーを集めることも私自身で行いました。

マドレのこと、サロンのことを知ってもらい、「参加するよ」から「応援するよ」そして「協力するよ」までのステップを経て、5名のプロジェクトチームを結成することができました!


不安はいっぱいです。でも夢もいっぱいです!
サロン開催の日が今から待ち遠しいるんるん
この記事へのコメント
コメントを書く