CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2014年11月01日

【開催報告】10/25杉並区高井戸サロン開催しました!

こんにちは!
自称サロンマニアの杉並南・世田谷チームの進行役、光瀬奈々江ですわーい(嬉しい顔)

100-05-mitsuse.jpg

秋が深まるとともに、杉並南・世田谷チームのサロンも残すところあと2回となりましたぴかぴか(新しい)

10/25(土)に開催された杉並区高井戸での6回目のサロンの様子をご報告しまするんるん

当日ご参加くださったのは、ご参加者7名、PJメンバー3名、赤ちゃん3名。
まずは、「母となってはたらく」という大きなテーマの前に、Good&Newというウォーミングアップのワークからサロンは始まります。
そして、お隣の方とペアになってシェアリング。自分に向き合い、他者に向き合う時間です。

そして全体シェアリング。どんな気づき、思いが今ここにあるのか、少しずつ言語化していきます

◯時間の使い方が大事。これからはたらくことを考えているが、人生をどう歩かにつながる。自分がどうしたいかじっくり考える時間が必要。

◯ワークをやってみて発する、伝えることの大切さを感じた。普段は赤ちゃんとの一方通行なコミニュケーションだが、相手の反応を考えて言葉を発することは整理されていいなと思った。日常に追われて夫と子どもの話ししかできていない。

◯夫は長期的スパンで考え話しをしてくるが、自分は近眼になってしまっていて目の前の話ししかしていない。復帰したら一日の大半を子どもと離れることにもなり、働き方に迷いもある。

◯男性社会な会社に勤務。制度はあっても使える雰囲気ではない。はたらきにくい。4月に復帰を考えているが、今のままの環境でいいのか?もっと子育て中の女性が多いような環境に身を置いたほうが働きやすいのか?


今回は、「母となってはたらく」うえで欠かせない家族や職場での「コミニュケーション」の話題が中心に。
日常生活に追われ、物事の見方が「近眼」になっているという言葉には私もハッとさせられました。

一番身近なパートナーや職場の上司・同僚とコミニュケーションを図るにも、まずは「自分がどうありたいか」を言葉にして整理しておくことや、視野を広げることが大切だということを、ご参加者の言葉にあらためて考えさせられたサロンとなりました。

261025takaido.jpg

熱く語り合った最後はみんなで記念撮影かわいい
この記事へのコメント
コメントを書く