CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2014年10月03日

【開催報告】9/24(水) 品川サロン開催しました☆

Pic_kazumichan.jpg
こんにちは。
城南チームプロジェクトメンバーの藤居料実です。

今年の6月から始まったサロンも回数を重ね、9/24は不動前にて、城南チーム第5回目のサロンが開催されました。

サロンではまず、10秒間の自己紹介から始まり、二人ひと組になってのGOOD&NEWを経たのち、 「人生」「仕事」「パートナーシップ」の3つから好きな切り口を選んで、3分間「母となってはたらく」を語ります。

赤ちゃんが途中泣き出してしまい集中が難しいながらも、みんなで赤ちゃんを気遣いながらサロンが進んで行きました。

後半では全員で「母となってはたらく」を語ります。

ここでまずあがったのは、母となって多くの人が直面するであろう「仕事と家庭をどう両立していくか」という話題でした。

「家族に重きをおきたいと思っているのに、仕事をしているとだんだん仕事中心に考えてしまう」

「仕事なしの人生なんて考えられないけど、今はそういう(がっつり働く)時期じゃないのかも」

「やりがいもなくお金のためだけに働くのなら子どもの側にいたほうがいいのかも」


など、さまざまな迷いがでてきたのち・・・

「考え」と「思い」って違うよね?というお話がでました。

育児書に書いてあった情報や、復帰した職場での周りの目線、いろんなところから材料をひっぱってきて、つい「○○した方がいいのかな?」「○○はこういうもの」と「考え」てしまうことに対し「思い」とはもっと自分の体の真ん中から沸き上がってくる自分の感情やニーズに基づく、「こうしたい!」とか「こんなのは嫌だ!」といった感覚的なもののような気がします。

9.24Pic3.jpg

もしかしたら本当の思いは「こうするべき」とは違っているかもしれません。そこに気づく過程は時に嫌な現実を見つめなければいけなかったり、できない自分にがっかりすることもあるかもしれません。でも「思い」を押し込めて「考え」だけで生きていくことはつらい。そこで生じるひずみは積もり積もって、いつか自分や周りの大事な人に影響を及ぼしてしまうと思うのです。

私自身、一人目を出産して仕事に戻ったときは日々をこなしていくのにいっぱいいっぱいで、あれこれと「子どものために時間を割けない言い訳」を頭の中で作りこんでいましたが、本当は「もっと子どもとの心の通った時間をもちたい!」という「思い」が自分の中にあったんだなぁということに今更ながら気づかされました。

他にも復帰後の働き方について「すみません、といいながら仕事を楽しめるのでしょうか」というご発言から「子育てをしながらはたらくって迷惑なことなのかな?」ということをしばし話したのち、

「一人でがんばらなくてもいいですよね。大事なパートナー(夫)が家庭にはいますよね?」

と進行役のまみさんからの一言があり、そこから話題は「パートナー」のことへ。

そこで「自分は子どもが生まれてこんなに生活が変わったのにパートナーは今までどおり。不満がつのってついつい喧嘩してしまう。」というご発言がありました。出産後、めまぐるしく生活が変わる中でお互いの話をする時間も減り、パートナーと「どうコミュニケーションをとっていくか」という問題はほんとうに難しいですよね。

9.24Pic1.jpg

「さんざん喧嘩してもうこれ以上言えない」と苦しそうなその方に、輪の外にいたメンバーから思わず『「○○やって」というのではなく、まず今の状態に対して自分が「こう思ってしまっている」というのをまず伝えてみるのはどうでしょう?』という飛び込み発言が!そして相手から受けた言葉に対しても、自分がどう感じているのか伝えてみてもいいのかも、とまみさん。

パートナーと話をする際、自分は「切実にお願い」しているつもりでも、聞く側は「自分への非難」と受け取っているかもしれません。そんな時は自分の「思い」と相手の「思い」に焦点をあてて話をしてみたら、愚痴や文句ではない「パートナーにもっと自分の状態を知ってもらいたい」「あなたとよりよい関係を築いていきたい」という「思い」が相手に伝わりやすいかもしれません。

育児に向き合う中で感じるさまざまな感情を、まずは一番身近なパートナーである夫と共有してみることで、子育てという大きな事業を二人で担っていく基盤ができていくのかもしれないな、と思いました。

想定外の飛び込み発言を受けて一気にくだけた空気の中、「そうそう、うちの場合も・・・」と話が飛び出し、「大好きだよってきちんと伝えてみよう」「相手の心を溶かすのも大事だよね」なんてご発言もでたところで、まだまだ話し足りないところではありましたが、残念ながら今回はここでお時間、続きは終了後のランチに持ち越しとなりました。

Pic.jpg

忙しい毎日の中では「ここもうちょっと考えたい!」と思っても、ゆっくり時間をとるのは難しいものがあります。そんな時こそ、サロンにきて「自分を主語に語る」ことで「自分の思い」を見つめてみませんか?

今年のサロンもあと2ヶ月、スタッフ一同お待ちしています!

(文責:藤居料実)

*城南チームのこれまで・これから
---------------------------------
第1回:6/28土  大田 開催報告
第2回:7/19土  大田 開催報告
第3回:8/30土  品川 開催報告
第4回:9/15月祝 川崎 開催報告
第5回:9/24水  品川
第6回:10/13月祝 川崎 満席
第7回:11/15土 品川にて開催予定
この記事へのコメント
コメントを書く