CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2014年08月26日

【開催報告】8/23釧路サロン(第3回)開催しました!

こんにちは!
はい、自称サロンマニアでおなじみ!?第6期進行役の光瀬奈々江です。

今回は、大好きな鉄道ではなく、飛行機に乗り込み、進行役仲間のあいちゃん(相座聖美さん)を応援しに、釧路サロンに参加してきました!!
100-01-aiza.jpg(相座聖美さん)

猛暑の東京から一転、釧路に降りたとたんひんやりした空気でとても気持ちいい!!
空港までお迎えにきてくれた釧路サロン進行役のあいちゃん(相座聖美さん)の車に乗り込み、釧路市内へ。
kushiro1.jpg(北海道はでっかいどー!)

信号機が少ない、直線道路が多いなど、タンチョウの剥製がおいてあるなどいちいち北海道のスケールの大きさに驚きつつ、あいちゃんとお互いのサロンへの思いを語り合い、翌日のサロンに参加。

今回のサロンのご参加者は、私も含めて5名。当日の飛び入りでご参加くださった方も!(あいちゃんのサロンが以前から気になっていたとのこと!)
年齢や属性も様々でした。

あいちゃんの明るく親しみやすい雰囲気でサロンがスタートしました。
冒頭にあいちゃんは、「サロンは自己解決を促すプログラムです、みんなで一緒に自分を主語にして語る場をつくっていきたいんです」とサロンへのアツいおもいを語ってくれました。
kusiro2.jpg

まずはウォーミングアップのワークGood&Newからスタート。
ワークが初めてのみなさん、絵が描けない〜!と言いながらも手を動かし、笑顔がこぼれていました。
緊張がほぐれたところで、ペアになりシェアリングです。
あいちゃんが、この3分間だけでも自分に向き合い言葉にしていくことに集中してください。聞いている方が、しっかり受け止めてメモしてくれますから安心して話してください、と言ってくれたおかげで、私もすんごく安心してシェアリングに集中できました。

kusiro3.jpg

次に本題である「母となってはたらく」についてみんなで考え分かち合っていきます。

最初の話題は子育てについて。
子育てには正解がない。100人いれば100とおり。
その中でも自分は少数派と感じる。
PTAの役員をやるときに、他の人は「子どものためにやりましょう」と言われたけど、違和感を感じた。
自分がやりたいから楽しいからやる!
町内会の名簿もなぜ世帯主の名前を書くのか、私は私の名前で書きたい!
白黒はっきりさせたいタイプだからまわりとの摩擦もたくさんあった。
いろいろなことを経て、正しいことを熱弁すると伝わらないと思うように。
悩みがないわねと言われると、本当はいろいろ抱え込んでいてもそう振る舞わなければいけないと思いこんでいた。
ある時、絵本セラピーに出会い、正しいことを言う自分、頑張る自分を認められたいという素直な気持ちに向き合えた。
今は自分のような人の力になりたいと考えている。
別の方も、子育ての経験をシェアしてくださいました。
遠足で、子どもたちのことを考え、前例のない場所に連れて行こうと企画したら、反対がおきた。
でも、自分がいいと思ったから実行した。一人ではなく、まわりのお母さんや先生を巻き込んで。だから当時はかなり異色だったけど、やってよかった。
子育て大変だけど、これでよかったと思う。

kushiro4.jpg

別の方はまさに子育て真っ最中で、素直な気持ちをシェアしてくださいました。

子育てはマニュアルもなく赤ちゃんのときは授乳だけで一日が終わる。
若くして渡米し、結婚・出産も早かったので、仕事も後でできればと考えていた。でも専業主婦の時間が辛かった。 別のところとつながりもちたかった。
子どもが生まれてから段々と自分が生まれ育った環境で育てたい、年老いていく親のそばにいたいという気持ちが。
でも親は自立心が強いので、あなたはあなたと考えていると思う。
親が動けなくなったときのことを考えるといてもたってもいられない。

その話を聞いて別の方は、娘から同居しないかと言われたが断った。
それは娘には娘の家族があるから。親としては自分のことで負担をかけたくないというおもいもある。
起きていない先のことまで心配しない。
自分たちの家族がどうあるべきか考えることが大事、という発言がありました。

家族がどうあるべきかの話から、若くして親から離れた方からは、自分の子どもは目の届く範囲で育てたいと思うようになった。
自分がやりたいことも「子どものために」と言ってやるのは後々後悔するのでは。
子どものおもいを叶えてあげたいが、自分のやりたいこともやりたい。そう思ってしまうことに罪悪感を感じる、などの言葉も。

ある方は、子どもにとって大切な時期がある。
一定の年齢で自分で選択して生きていく、という言葉をシェアしてくださいました。

子育ての先輩方の実体験に基づくお話はすごく心に残りました。
自分の気持ちに正直に、まわりの声はいろいろあるけど、子育てには正解がないから、常に自分がどうありたいか?と自分に問い続け、行動していくことがやはり大切なんだなーとあらためて思いました。

幅広い年齢層の方にご参加いただいた釧路サロン、本当に豊かで素晴らしい時間となりました。
kushiro5.jpg

次回は、9/13網走、9/20札幌で初開催です。
(詳細はコチラ!網走サロン札幌サロン

あいちゃんの進行は、終始明るい雰囲気のなかでも、リラックスして本質的な話ができる贅沢な時間になります。
ぜひご参加くださいねーーー!!!

(文責:自称サロンマニア・光瀬奈々江)
この記事へのコメント
コメントを書く