CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2014年05月27日

第6期【静岡チーム】ご紹介

第6期(2014年度)、静岡チームでは、浜松市にてサロン開催予定です。

サロンを運営開催する【静岡チーム】のメンバーをご紹介します☆
wms6_shizuoka.jpg

大隅侑子 ※進行役
マドレボニータのサロンに参加し、心と体の両面からのヘルスケアに魅了されました。まだ結婚や出産を経験していない中、友人の出産や育児に触れることで自身が母親になったらどうしていきたいのかを深く考えるようになる。母親になってからも「自分を主語にして話す場」の重要性を感じ進行役に応募しました。「母となってはたらく」ことについて心の中にあるモヤモヤをあなたの言葉で聞かせてほしい。!
みなさんにお会いできるのをとても楽しみにしています!

大村美智代
浜松市で妊産婦支援事業をしています。大学2年生と小学5年生の2児の母です。つい仕事に比重をおいてしまいがちなのでワーキングマザーサロンに参画することでもう一度働くことについて皆さんと一緒に考えていきたいです。また、これを機会に浜松市にマドレスピリットを普及させていけたらと思います。

田村佳代
初めての産後から10年、3児の母です。専業主婦歴10年の私ですが、これからまだまだ続くであろう人生をもっともっと自分で納得しながら楽しんで生きていきたい!と思うと「はたらく」ということは大きなテーマです。人と出会え言葉を交わせることのできる場、たくさんの気づきを分かち合える場をチームの皆さんと一緒に作っていきたいと思います。

村松智子
袋井市在住。2児の母。第1子の産後に専業主婦になるも、早くも数ヶ月後には「再び社会に出て働きたい」と思うようになりました。約4年の専業主婦生活を経て、現在はフルタイムで働いています。2年前に県外のサロンに参加し、初対面の人同士でも自分を主語にして話せることが楽しかったので、いつか地元でもサロンを!と思いました。専業主婦とワーキングマザー両方の立場が分かる者として、サロンを盛り上げていきたいです。


(文責:NECワーキングマザーサロン・プロジェクト本部・高橋)
この記事へのコメント
コメントを書く