CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2014年05月27日

第6期【日野・立川チーム】ご紹介

第6期(2014年度)、日野・立川チームでは、
東京都日野市、立川市、調布市にてサロン開催予定です。

サロンを運営開催する【日野・立川チーム】のメンバーをご紹介します☆
(↓メンバーみんなで HINO を表現しています☆キックオフサロンにて)
163.JPG

鈴木深雪 ※進行役
自身の住む日野市を中心に、立川市・調布市にてサロンを開催。1児の母であり、育児休業を経て、この春に会社への職場復帰を果たしました。
育休期間中、仕事を離れて子どもと2人きりで生活する中、自分が本当にしたいことや、数年後の自分について悶々と考える日々を経験しました。
産後、めまぐるしく自分の置かれる状況が変わる中、その変化にどう自分が対応するか。きちんと自分の言葉にすることで、自由に自分をデザインできると思います。
何物にも邪魔されずに、自分としっかり向き合える場所を多くの方々に提供したいと思っています。

小宮徹子
福岡県北九州市出身、日野市に住んで5年。2歳の男の子がいます。昨年、初めてサロンに参加し、地元日野市での開催を切望していたところの開催決定!いったいどんな出会いがあるだろうとドキドキワクワクしています。私が楽しいときを過ごせたように参加者のみなさんにも楽しんでいただければと思っています☆

今 永遠
昨年サロンに初めて参加し、沢山の気づきがありました。子供が産まれ生活や価値観が大きく変化したけれど、自分がどう働いていきたいか、どうありたいのか。復職から2年が経過した今でもまだ見えてきません。サロンの活動を通して、自分自身と向き合うきっかけにしたいと思っています。地元開催ということで、縁を感じて応募しました♪

野村智子
産後セルフケアインストラクターとして立川や日野など主に多摩地域で産後ケアの講座を開催しています。地元である日野市や産後クラスのある立川市でのサロンの開催、それも産後クラスの卒業生が進行役に手を挙げてくださったということで、これは何としても関わりたい!と参画を希望しました。サロン運営の活動を通じての新たな出会いもとても楽しみです。どうぞよろしくお願いいたします!

向井千文
育児休暇明けにどん底に落ち込んでいた時に出合ったワーキングマザーサロン。その魅力にはまり2012年度からプロジェクトメンバーとして携わっています。今年も多くのご参加者の皆さまと言葉を紡ぐことで皆さまと一緒に自分の考えも深められる、そんなサロンづくりをしていきたいと思います。

渡邉かほり
4歳児・0歳児の2児の母で現在育児休業中です。昨年、マドレボニータの産後クラスとNECワーキングマザーサロンに参加し、ぜひいろんな人に参加してほしい・広めるお手伝いをしたいという思いで応募しました。自分の考えとじっくり対面できる・話をきいてもらえる・話を聞くことができるNECワーキングマザーサロンの場が大好きです。こんな素敵な出会いをつなげていきたいです。

(文責:NECワーキングマザーサロン・プロジェクト本部・高橋)
この記事へのコメント
コメントを書く