CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2013年10月05日

【開催報告】9/29(日)西東京サロンを開催しました!(谷戸公民館)


こんにちは。西東京チームのサポーター、吉村典子です。

青空広がる秋晴れの中、9月29日(日)に西東京市谷戸公民館でサロンを開催しました!

実は、私が1年前に初めてサロンに参加したのも、まさにこの場所でした。
新しい土地での初めての子育て、復職を控えての不安がいっぱいの中
「自分のことを話せる場所があること、聞いてくれる人たちがいること」で、
ずいぶん気持ちが楽になったことを覚えています。

さて、今回のサロンは、自宅でお仕事をされている方、育児休業中の方、就業中の方など、
5名での開催でした。
少人数だった分、参加者一人一人が思い思いに発言しながらじっくりと話題に向き合えました。

サロンではまず、ファシリテーターの保坂さん(が〜こちゃん)がフリップを使いながら
進行を説明してくれます。温かい雰囲気いっぱいのが〜こちゃんの自己紹介や説明を聞いていると、
自然に気持ちが輪の中に引き込まれていきます。

シェアリング中_2013.09.29.jpg

「Good&New」というコミュニケーションワークを行った後は、
「人生、仕事、パートナーシップ」のテーマで、2人組でシェアリング。
となりに座っている参加者とひざを向き合わせて話しているうちに、
みなさんの表情もすっかり和んできましたよ。

最後は、参加者全員でシェアリングです。

シェアリングは、現在育児休業中の方から「保育園に預けて働くことに不安を感じているけど、
実際に子供を保育園に預けて働くとはどんな感じですか?」という投げかけから始まりました。

● 子供たちが規則正しい時間で生活できる環境が整っているため、安心して通わせている。
● 保育園に預ける前は葛藤があった。子供は家庭で育てるべきだという周囲からの反対に気持ちが揺らいだ。
●反対の声があっても「保育園はこんなにいいところだよ、子供が楽しく通っているよ」ということを伝え続けたところ、周囲の反応も変わってきたというシェアもありました。

一方で、「子供を預けて働くこと」については悩みの声も。
● 今は時短勤務で働いているが、就業時間内で同僚とのコミュニケーションが十分取れていない。
● 自分が帰った後に仕事が進んでしまうことがあり、遅れを感じる。
それに対しては、社内のワーキングマザーたちと週末にランチをしたりして交流を深めている、という意見もありました。

『子供を預けるのに迷いがある』という話題の中で私が印象的だったのは、
「子供にとってはいいはずだと自分で考えて決めたことでも、実は自分の固定観念に考え方を縛られていてベストな選択をしていないかもしれない」という意見。

周りの意見に左右されない自分の軸を持つことも大切だけれど、周りの考えに柔軟に目を向けてみると、自分にとっても子供にとってもより良い選択ができることもあるかもしれないですね。


和気あいあいと語っていくうちに、「パートナーは子供を預けて働くことをどう思っていますか?」という話題に。

パートナーは母親が働くことに賛成しているものの、子育てに積極的にかかわってくれないという不安の声がありましたが、その投げかけに対して、さまざまな意見がでてきました。

●子供が成長していくとパートナーと子供のかかわりかたは増えていくと思う。
●でも、それはただその時期を根気よく待つのではなく、伝えたいことがあるときにきちんと伝えて続けていくことが大事、その過程において、いいパートナーシップができていく。
●”母だけ”が働くために預けるのでない、”2人”で働くために預けるという視点が大事だと思う。

『2人で』働くために預ける」という視点は私にはなかったので、その言葉にハッとしました。
子育てはパートナーに「手伝ってもらう」のではないですよね。

今回のサロンで私が一番気になったのは「自分がHappyになる選択をすることが大切だ」という言葉。

私自身、職場復帰をしてもうすぐ1年たちますが、子育てと仕事の両立の生活パターンは少しずつ形になってきたものの、最近ふと、「『自分は』今の生活に満足しているのかな?『自分は』今後どうしたいのかな?」という気持ちを置き去りにして生活しているのではないかと思うことがあります。

子供の世話も家族全体の将来を考えるのももちろん大事、
でも、私の人生の主体は『自分』であり、自分がHappyだと感じる選択したい!ですね。


最後は、集合写真をパチリ!みんな笑顔がとっても素敵☆(私は一番右です)

集合写真_2013.09.29.jpg

ワーキングマザーサロンでは、誰かが一方的に何かを教えてくれたり、答えを導いてくれるわけではありません。
自分の思いを自分の言葉で語ることで、その思いの輪郭がはっきりしていく。
そして、参加者と対話する中で、自分に必要な考え方や行動のヒントが見つかるかもしれない、
そんな魅力がある場所です!

西東京ワーキングマザーサロンは、今年の開催は残る3回となりました。
11月30日の清瀬サロンは託児付きです(2013年5月4日以降の赤ちゃんは同伴可能です)。
ぜひご参加くださいね!

◆10月18日(金)10:00〜12:00 場所 西東京市田無公民館 2F集会室 
アクセスはこちら
※2013年3月22日以降に生まれた赤ちゃんは同伴いただけます。
※3月21日以前にお生まれのお子様は信頼できる方にお預けになってご参加くださいね。

◆11月17日(日)10:00〜12:00  場所 西東京市谷戸公民館
アクセスはこちら
※2013年4月21日以降に生まれた赤ちゃんは同伴いただけます。

11月30日(土)10:00〜12:00  場所 清瀬市コミュニティプラザひまわり
アクセスはこちら

※2013年5月4日以降に生まれた赤ちゃんは同伴いただけます。
また月齢に関わらずNPO法人ウイズアイさんのご協力により託児がつけられます。
お申し込みの際、その旨備考にご記載下さい。追ってご連絡させていただきます。

お申し込みはこちらの専用フォームから
(11月30日の申込フォームがまだ選択できない場合は、以下のお問い合わせ先まで直接お申込みください)

【参加費】500円(資料として「マドレ式ワーキングマザーの教科書」をお渡しします)

【お問い合わせ】お気軽にお問い合わせ下さい
 WMS西東京(担当:保坂、吉村) wms.nishitokyo@gmail.com

皆様とお会い出来るのを楽しみにしております!

(文責:西東京チームサポーター 吉村 典子)
この記事へのコメント
昨日の西東京市民まつりでチラシをいただき、興味をわきました。11月30日清瀬市の参加を希望するので、よろしくお願いします。
Posted by 岡部理菜 at 2013年11月11日 13:22
コメントを書く