CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2013年09月16日

【開催報告】9/8(日)大森にてサロンを開催しました!

こんにちは。

「ワーキングマザーサロン(以下WMS)品川・大田・川崎」チーム
サポーターの茂木さゆりです。
茂木さゆり-025-WEBプロフィール用.JPG

専業主婦をしながら、サロンのサポーターとして活動をしています。
9月8日(日)、大森にて品川・大田・川崎サロンが開催されました。

今回は参加者4名、サポーター3名、ファシリテーターのみおさんを含め全8名での比較的少人数のサロン。
しかも参加者の方は全員単身(お子様を預けて)での参加。
大人な雰囲気の漂う(?)サロンとなりました。

1240248_607243612660720_2123070573_n.jpg

さて、「母となってはたらく」について話し合う全体シェアリング。
今回は
・子どもにとって最善の保育環境って?
という話が主軸となりました。

狭く、暗い保育園はかわいそう?
保育園に長時間子どもを預けるのは不自然?

表に出ているのは「子どもの保育」の問題であるけれど、その背景には

・一人で全て頑張ろうとしていないか
・自分のキャリアをどのように築きたいのか
・パートナーとの暮らしをどうしていきたいか

…子育て、仕事、パートナーシップ、つまりは自分がこれからをどうしたいのか、ということ。

まずは肩の荷を下ろしてみる。
そしてパートナーと話してみる。

悩みを抱える参加者に寄せられる、他の方の様々な経験談。
ひとつの場所でこれだけ色々な話が聞けるサロンはやはり貴重な機会だなあと思いました。

そんな一方、実は今回のサロンでほとんど発言できなかった私。
というのも専業主婦で「母となってはたらいた」経験がない私が
サロンにどうやって参画したものか、わからなくなってしまったのです。

専業主婦は「母となってはたらく」ことにならないのだろうか。
毎日自分なりに想像力を働かせて子育てや家事に取り組んでいるのに、
「はたらいていない」と思われるのはなんだか悲しい話です。

毎回サロン終了後に運営メンバー(ファシリテーター&サポーター)で振り返りを行いますが、その場で上記の思いを吐露したところ…。

「どの母も子どもに健やかに育ってほしいと思っているはず。
どうやったら子どもが健やかに育つのか、職業の有無など様々な属性を超えて、みんなで考えていきたい。」


という、みおさんの言葉。

そうだった。
サロンでは「母となってはたらく」うえでの土台である、保育環境やパートナーシップについての話が主になるけれど、それも子どもを健やかに育てるため。
それが全ての前提だったということを改めて思い出したのでした。

というわけで(?)、ワーキングマザーサロン、ぜひぜひ専業主婦の方もいらしてください!

様々な立場から「母となってはたらく」ことについて話し合いましょう。

年内12月1日まで様々な場所で開催されますので、ぜひ一度足を運んでみてくださいね。


1185521_607243695994045_1181619952_n.jpg

今後の「WMS品川・大田・川崎」チームのサロン開催予定は

◆9月22日(日) 9:45〜11:45
 会場:品川区大井町(きゅりあん 3F)


◆定員:8組
   2013年2月24日以降にお生まれの赤ちゃんは一緒にご参加いただけます。
   2013年2月23日までにお生まれのお子さまは、
   信頼できる方にお預けになって、単身でご参加ください。

◆10月6日(日) 9:45〜11:45
 会場:品川区大井町(きゅりあん 3F)

◆定員:8組
   2013年3月10日以降にお生まれの赤ちゃんは一緒にご参加いただけます。
   2013年3月9日までにお生まれのお子さまは、
   信頼できる方にお預けになって、単身でご参加ください。

☆お申し込みはこちらの専用フォームから☆

折り返し、メールでご連絡させていただきます♪

◆参加費:500円
  (資料として『マドレ式・ワーキングマザーの教科書』をお渡しします)

◆参加対象
  「母となってはたらく」ことについて、考え、語りたい
   女性の方ならどなたでも!ご参加いただけます。
  育児休業中の方、専業主婦の方、ワーキングマザー、学生さん、
  結婚・妊娠・出産の経験がない方でも、もちろん大歓迎です!

◆お問合せ:WMS城南(大田・品川・川崎)
wms2013so@gmail.com
までお願いします。


(文責:茂木さゆり)
この記事へのコメント
コメントを書く