CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2013年08月27日

【10/27日】三重県四日市で初開催します☆

こんにちは。名古屋在住のファシリテーター佐藤友恵です。
ワーキングマザーサロンの開催期間も半ばになりました!私は拠点の名古屋サロンを同じ東海チームの戸谷あっちゃんに任せて、8月より主張サロンへ出かけています。
佐藤友恵


出張サロン第一弾はコチラ三重県津市で開催しました。自分のおもいを自分のコトバで語っていく姿はとても美しかった!そして、そのコトバには重みを感じました。
私自身、サロンで主に感じたことは二つ。
一つ目は、出産後には、母となったならではの価値が自分の中でうまれているということ。
それを自覚しながら、自分なりにどうはたらくかを選んでいくことは、大事なことなんだなぁと。
もう一つは、歩んできた道は次に繋がるということ。
やりたいことを選択した背景には、その人の壮大な歴史があるんですよね〜。
ということは、時々立ち止まり、自分の歩んできた道を振り返り、こんな私、これからどうする?と考えるのは大事なのかもしれないと思いました。
(サポーターのさーやんのコトバで語った開催報告はコチラです!)

津集合.jpg

実は津サロン当日は、朝からパートナー朝寝坊事件があり、多少ムッとしながら、パートナーが健康管理ややりたいことの優先順位をどう考えているか聴いてみるという宿題をみつけ、津へ出発しました。帰宅後は、体調が良くない理由を聴きました。
仕事に関する不安と運動不足が原因だろうということになり、まずは運動不足解消で、ランニングをする時間を確保するようにしました。今も続けていて体調が少し回復してきたようです。
「私の希望のパートナーシップって?」を意識しながら話すことで、なぜ?の気持ちの部分を穏やかに話し合うことができるものですね〜。

また、先日、友人とのおしゃべりで、「今の自分を受け入れる重要性」と「仕事で面白かった時期」の振り返りをしていました。仕事で何が面白かったのかを考え、それを再度やり遂げようとすると専門的スキルが必要で、それを身につけるためにはかなりの時間と努力を要するなぁと。一方で、親となり仕事だけが充実していても満足しない私。
やはり、相反するおもいの中でぶれながら、その時々を選択して精一杯生きていきたいなぁと再認識したわけで…

サロンで感じたことを、日常に戻って、自分ベースに掘り込んでいく。すぐに対処できること、そうじゃないことありますねーーー。相変わらず悶々としていますが、これを繰り返し、自分と対話しながら、育休からあける準備を進めていこうと思っています。

とっても、前置きが長くなりましたが、出張サロン第3弾が決まりましたー。
再び三重へ上陸します♪こちらも初開催地☆三重県四日市市です!

☆NECワーキングマザーサロン@四日市☆〜三重県後援事業〜

◆日時:2013年10月27日(日)13:30−15:30

◆会場:四日市市文化会館 和室
(アクセス)近鉄名古屋線「四日市」駅南口より徒歩 10 分
※駐車場 400 台無料完備

◆参加費:500円
  (資料として「マドレ式・ワーキングマザーの教科書」をお渡しします)

◆参加対象
  「母となってはたらく」ことについて、考え、語りたい
   女性ならどなたでも!ご参加いただけます。
   育児休業中の方、専業主婦の方、ワーキングマザー、学生さん、
   結婚・妊娠・出産の経験がない方でも、どなたでも大歓迎です

◆定員:10組
   2013年3月31日以降にお生まれの赤ちゃんは一緒にご参加いただけます。
   2013年3月30日までにお生まれのお子さまは、
   信頼できる方のお預けになって、単身でご参加ください。

☆お申し込みはこちらの専用フォームから☆
*10/4現在 満席になりました!

問い合わせは WMS東海(佐藤) wms.tokai@gmail.com まで

私としては、第3子育休明け最初のサロン。復職直後のリアルな声をサロンで発していきたいと思っています!みなさんの参加をお待ちしています♪

(文責:佐藤友恵)
この記事へのコメント
コメントを書く