CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2013年06月01日

東海チーム☆メンバー紹介

NECワーキングマザーサロン事務局の竹下浩美です。
2013年度【東海チーム】として活動しているメンバー&メッセージをご紹介します!

160.JPG

神田 すみれ(ファシリテーター)
愛知県瀬戸市、豊田市でサロンを開催。2児の母であり、通訳、地域に暮らす外国人支援をしている。「母となってはたらくこと」を考えることは、自分は何を大切にしたいのかを考えること。自分がどうありたいかを考え選択していくことで、その人自身の人生が豊かになりその子どもやパートナーが、そして社会全体が豊かになっていく。「母としてはたらく」を語り共有する場であるサロンがそのような機会をつくる1つのきっかけにしたいと思う。

佐藤 友恵(ファシリテーター)
名古屋市、岐阜、三重でサロンを開催。3児の母で薬剤師。現在育休中です。同職のパートナーとは、「仕事」「家事」「育児」「趣味」など多岐にわたりおもいを共有する姿勢ができてきました。しかし3人の子供との生活は楽しくも忙しい日々で、気を抜くとパートナーと話しもせず、自分のおもいも口にせず過ぎてしまうこともあります。サロンをきっかけに「母となってはたらく」をテーマに自分のおもいに触れ考え語っていきたいと思います。

戸谷 淳子(ファシリテーター)
愛知県大府市、名古屋市でサロンを開催。1才児の母であり、自動車部品メーカーに勤務しています。現在は育休中です。これからむかえる、仕事と子育ての両立に対し、自分はどうありたいか自問自答の日々です。サロンに参加し、様々な方とお話することで、少しずつ明確になってきました。「母となってはたらく」をこれからも考えていきたいし、サロンでみなさんと語りあいたいです。

上原 悦子(オフィシャル・サポーター)
去年の秋にマドレボニータ風産褥ヘルプをお手伝いし、講座でバランスボールで体の動かなさを味わっているうちに、サポーターにも手を上げてしまいました。子どもがいない私にも「母となって働くこと」というテーマは興味深い!東海地区のファシリテーターの方と、色々な人でともに考える場をつくりたいと思います。

卜部 眞規子(オフィシャル・サポーター)
2011年度3期ファシリテーター、2012年度は豊田・伊勢サロンサポーターとして、WMSプロジェクトに関わってきました。真剣にワーク・ライフを語り、考え、自分にがっつり向き合う場は誰もに必要!という思いで、自分の住む三重県に今年もサロンを届けるべく、奔走します!

神谷 有子(オフィシャル・サポーター)
WMSサポーターもいよいよ3年目。働きながらもできる範囲で、東海地域の3名のファシリテーターの皆さんを支えていきたいと思っています。よろしくお願いします!

小宮山 郁美(オフィシャル・サポーター)
昨年度はファシリテーターとして「母となって働く」を考え、今の私がいるんだと思っています。昨年終わりごろから「子どもを全力で育てる」という道を選んで、現在活動中。昨年の春には想像もしていなかった道を選んで歩んでいますが、まだまだ考えるのを終わりにしたくない!!今年はサポーターの立場から「母となって働く」をもっともっと掘り下げていきたいです。

坂野 恵美子(オフィシャル・サポーター)
昨年は岐阜を中心としてサポーター活動をさせていただきましたが、今年は地元岐阜はもちろん、愛知・三重まで自分の足で渡り歩いて、ワーキングマザーサロン東海を盛り上げていきたいと思います。働く・働きたいを考える女性の皆さんが、サロンを通し新たな1歩が踏み出せるようなサロンを目指し、ワーキングマザーの私と、東海地方のファシリテーターさん・サポーターさんと一緒に作っていきたいと思います。どうぞ宜しくお願いします。

佐藤 孔治(オフィシャル・サポーター)
男性としての立場での参画なので、「男性」、「夫」の視点から参加者皆さんの想いや考えを掘り下げていければと思います。

福岡 かおり(オフィシャル・サポーター)
昨年サポーターをさせていただき、今年で2度目です。サポーターといいつつサロンにも初参加させていただき、とても貴重な体験でした。今何がしたいのか、大切なものは何なのか、働きたいのか、どうありたいのか・・・結論ははっきり出ませんでしたが自分を見つめ直し、自分らしくありたいんだと改めて思いました。参加者皆さんが何かしら気づきのあるWMS。サポーターとして一緒に作っていければ嬉しいです。

山田 千秋(オフィシャル・サポーター)
サポーターやファシリテーターを経験する中で、たくさんの「人」の想いが凝縮して作られていくのがNECワーキングマザーサロンという場所なんだ、と実感しました。今期のスタートと共に走り出しているファシリテーター達を、公式サポーターとして応援し続けることが、この事業の運営に注力している人、参加者として集まってくる人みんなへの最大のリスペクトになる!!との想いを胸に参画します★

渡邉 さやか(オフィシャル・サポーター)
育児休暇から復帰したのですが、何のために働くかがぼやけており、この問いについて自分自身に向き合いたい、また育休を有意義に過ごすきっかけを作ってくれたマドレボニータを応援したい、そんな思いから今回初めてではありますが、サポーターとして少しでもお手伝いをさせていただきたいと思います。

(NECワーキングマザーサロン事務局・竹下)
この記事へのコメント
コメントを書く