CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2013年07月11日

【開催報告】7/7(日)川崎市・武蔵小杉にて第2回サロン開催しました!

茂木さゆり-025-WEBプロフィール用.JPGこんにちは。

「ワーキングマザーサロン(以下WMS)品川・大田・川崎」チーム
サポーターの茂木さゆりです。

7月7日(日)に開催された第2回品川・大田・川崎サロンの様子をお伝えします。

私がWMSに参加するのは今回が2度目。
昨年は産後5カ月で子どもを連れての参加でした。

今回は子どもを夫に預け、サポーターとしての参加。
子どもの成長や夫との関係性、自分自身の考えなど、
前回からの8ヶ月間でいろいろと変化があったのだなあとサロンを通じ、改めて考えさせられました。

今回のサロンは参加者の方8名、うち2名が赤ちゃん連れ、1名が妊婦の方。
無題.png
まずはペアワークの「GOOD&NEW」、「シェアリング」からスタート。
話し手は自分の「おもい」を3分で相手に伝え、聞き手は相手の話を45秒に要約します。
このワーク、マドレの産後クラスやWMSなどで何度も経験しているにもかかわらず…。
110.png

何度やっても面白い!いつも頭に浮かんだことから取りとめなくしゃべっています。
しかし相手の要約を聞くと、自分の「おもい」を客観視することができる。
自分が話したことなのに、すっと自分の中に落ちてくる。

そんな不思議なワークなのです。


ペアワークで「おもい」を共有したら、今度は全体シェアリング。
全員で「母となってはたらく」ことについて語り合います。

今回の参加者の方は「この話がしたい」と事前に考えてきた方が多かったよう。
自分の中で考えて考えて、でも気持ちが揺れている…。だからサロンに参加する。

例えばこんな話がありました。

・夫が育児や妻の仕事について口出しせず、好きなようにさせてくれる。

夫の優しさの表れだと考える人。
さびしいと感じる人。

夫婦の数だけ、パートナーシップの在り方は違う。
でももし自分の中に「もやもや」とした思いがあるなら、
まずは大事な相手に伝えてみてもいいのかな、なんて考えながら聞いていました。

かくいう私も昨年、このWMSに参加したときは参加したことすら夫に話していなかったのです。
しかしWMSにサポーターとして参加するにあたり、
どうしてこの活動に参加したいか、自分が「はたらく」ことについてどう思っているかなどを
伝えることになりました。

今サポーターとして活動できるのも応援してくれる夫の協力あってこそ。
今ではサロンのあと、サロンで得た私の思いを肴に、夫婦でお酒を楽しんでいます。

前回サロンに参加したときは「こんな話興味あるかな」と夫に対する変な遠慮があったような気がします。
でも伝えてみないとわからないこともありますよね。
そんなこんなで私自身の、この8カ月間の大きな変化を感じることとなったのでした。

参加した素直な感想、やっぱりサロンはおもしろい!
ちょっとでも興味がわいた方、まずは1度足を運んでみてください。

(文責:茂木さゆり)

1057759_602720566425046_1232837275_n.jpg



◆城南地区のサロン開催予定◆(WMS品川・港/WMS品川・大田・川崎)
7/20 土 1000-1200 港区田町(みなと子育て応援プラザぽっけ)※満席
7/28 日 0945-1145 大田区大森(luz大森・入新井集会所)※受付中8/18 日 0945-1145 川崎市川崎(川崎市産業振興会館) ※7/15受付開始
8/24 土 0945-1145 品川区五反田(大崎第一区民集会所)
この記事へのコメント
コメントを書く