CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2013年06月24日

【開催報告】6/23名古屋サロン第一回を開催しました!

こんにちは。ワーキングマザーサロン東海チームのサポーター、
上原悦子です。
今年の東海チームは、ファシリテーター3名、サポーター9名の大所帯。
6月は今日の名古屋サロンを皮切りに、27日の瀬戸サロン、29日の大府サロンと続きます。

東海地区1回目のサロンは、佐藤友恵さんがファシリテーターをつとめ、
佐藤友恵
私も含め2人のサポーターが後方で控えるなか、10人+赤ちゃんで輪になってサロンを始めました。

参加者の属性も多様で、専業主婦の方、育児休業中の方、出産をきっかけに仕事をいったんやめている方などいろいろ。
きっかけも、知人から教えてもらったり、会場である758キッズステーションに置いてあったチラシを見たり、マドレボニータの講座で知ったりと、様々。

「美しい姿勢を保つために」とのファシリテーターの声にあわせて、レッツ肩上げ!

931170_637536642943004_1879768385_n.jpg

サロンでは、「自分が(自分の)人生の主役になることや仕事をすることについて感じる
「罪悪感」についての話がありました。

自分が働くことで、「一緒にいなくてさみしい」と子どもを我慢させてるんじゃないか。
仕事をしていて、家に帰るとヘトヘト。仕事をしないほうが、子どもとじっくり向き合えるんじゃないか。
でも専業主婦でも、上の子どもがいると夕方にはヘトヘト。上の子どもに我慢させているのではと悩んでいる…。
母である自分が「本当は働きたかったけど、あなたを育てるために働かなかったのよ」っていうのはどこか変だよね…。

現状と理想の間でもやもやしながらも、
自分自身のことばで、今の気持ちを表現していく参加者たち。
ひとりで考えているともやもやして考えることをやめてしまうテーマだったかもしれません。

でも、サロンの場で、他の参加者の声を聞き、自分の心に問いかけたからこそ、
「働くということ」について、深く考え、自分のことばで表現できたのではないかと思います。

そんな、参加者たちから出てきたことばたちは、迷いながらも凛としていて美しい。

子どもを愛し、家族を大切にしたい。
そして、自分自身のありかた、存在も大切にしたい。

「答えを得ようと思ってこのサロンに来たけれど、結局10年後も同じようなことで悩んだり迷ったりするのかもしれませんね。
という参加者の一言が印象的でした。

998616_637536929609642_1140657821_n.jpg

迷いながらも、悩みながらも、考えることをあきらめない。
私もそんなひとりでありたいです。

サロンが終わっても話がもりあがっている参加者のみなさま。

1013719_637191106310891_905156213_n.jpg

「楽しかった」との声とともに「一歩ふみだしてみたい」と力強い声も。
帰るフィールドは違いますが、それぞれの場所で、これから一歩ふみだしていきましょう☆

ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました!

次回の名古屋サロンは、
◆日時:2013年7月8日(月)10:00〜12:00
◆会場:名古屋市女性会館

(アクセス:地下鉄名城線「東別院」下車1番出口から東へ徒歩3分)
です。

☆お申し込みはこちらの専用フォームから☆
(6/10より申込受付開始です♪)
折り返し、メールでご連絡させていただきます♪

☆お問合せはWMS東海(佐藤) wms.tokai@gmail.com までメールでお願いします。
この記事へのコメント
コメントを書く