CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2013年06月09日

【開催報告】2013年度初サロンが赤羽で開催されました☆

こんにちは。城北チーム
オフィシャルサポーターの水口陽子です。
プロフィール1206.JPG


本日、記念すべき今年度初サロンが赤羽にて開催されました☆

私はプロジェクト初年度にファシリテーターを務めたのですが、
そこから毎年次に繋げてくださる人が出てきて、なんと5年連続の開催です!
赤羽サロンが継続することはもちろんですが、そうやって今年も繋げたい
という思いを、たすきのようにつないでくださることがとてもとても嬉しいです!!

そんな思い入れも深い赤羽サロンということで、書きたいことが山のようにあるのですが^^;
まずはまずは開催のご報告をさせていただきます。


DSC05351.JPG
赤羽会場といえばこちら。赤羽会館和室です。
初年度からずっとお世話になっております!
気持ちよく話が出来るよう、入念に準備しました。

城北サロンを担当するファシリテーターは、
吉田紫磨子さんです。
吉田紫磨子
早速ご自身のブログでも、初サロンの感想を綴っているほど、
書くのも話すのも大好き☆な方なのですが、
サロンでは「みんなが自分に集中して話せるように」と、
温かみがありながらも、スムーズな進行に徹していました!


1306091.jpg
キックオフから1週間後の開催ということで、人が集まるかしら・・
と心配しておりましたが、満席開催です!嬉しいです☆

本日は参加者10名+ファシリテーター+サポーター2名=13名で
輪になり、「母となってはたらく」を考え言葉を紡ぎ出しました。

同席の赤ちゃんは1名。代わる代わる抱かせていただいたりしながら、
全員で見守っていきました^^


DSC05354.JPG
緊張でこわばりがちな上半身をほぐして、
身体も話す準備OKです☆

今日は『母となってはたらく』を考える上で切り離せない、
「自分の母の生き方・自分と母との関係性」
についての話が多く出てきました。

「母が働いていて寂しい思いをしたから、こどもにはそんな思いさせたくない」
「母が専業主婦で家にいたけれど、イライラしてることがわかって、
『外に出たらいいのに』と小さいながらに思った」
「母が働いていて寂しい思いもしたけれど、様々な人から様々な形の愛情を
もらったと感じているので、仕事を辞める選択肢はない」 などなど・・・

私自身も、母の生きかたや働きかた、その当時感じたことを、
皆さんの話を聞きながら思い返しました。

そして、私が子どもや家族のために良かれと思ってやっていることって、
本当にこの人が望んでいることなのかな?もしかすると違うかも。と、
母となって働くなのに、ひとりよがりの選択をしていないかな
ということが気になりました。

「親の心子知らず」とはよく言いますが、「子の心親知らず」でもあるなと。

だからこそ、思いのすれ違いを少しでも失くすために、日々のコミュニケーションが
大切なのだということを改めて感じました。「母と交換日記をしていた」
という素敵な体験も聴いたので、早速やってみたいと思います☆

1306093.jpg
本日は写真撮影で輪の外にいたたけしサポーターが、「私も入りたかった!」
とウズウズするほど、みんなが「母となってはたらく」への思いを掘り下げた、
深く語りあえた2時間でした。


DSC05355.JPG
サロン終了直後の記憶と思いが鮮明なうちに振り返りです。

ここでもたっぷり話せて、そしてチームのみんでより良いサロン
&チーム作りの話ができて幸せでした☆
城北チーム、すっごく良いチームになりそうな予感♪


そんな城北チーム、次回のサロンは成増&練馬です☆
------------------------------------------------
ハート6月25日(火)10:00-12:00@板橋区成増
2012/11/27以降に生まれた赤ちゃんは同伴できます。
ハート7月2日(火)10:00-12:00@練馬
2012/12/4以降に生まれた赤ちゃんは同伴できます。
------------------------------------------------

電球定員:10組 
電球対象:育児休職中の方、いずれ再就職を考えている方、ワーキングマザー、学生さん...
「母となってはたらく」ことについて考えたい女性なら、どなたでも!
(もちろん、妊娠・出産されてない方、結婚されてない方も歓迎です)
電球参加費:500円
 資料として、『マドレ式ワーキングマザーの教科書』(A5版/全80頁)をお渡しします。

>>お申し込みコチラから。
>>お問い合わせはWMS城北までメールする

(文責:水口陽子)



この記事へのコメント
コメントを書く