CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
プロフィール

WMSプロジェクトさんの画像
WMSプロジェクト
プロフィール
ブログ
最新記事
カテゴリアーカイブ
<< 2015年01月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
リンク集
最新コメント
http://blog.canpan.info/wms/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/wms/index2_0.xml
「NECワーキングマザーサロン」は、
「母となってはたらく」
をテーマに、考え語りあうワークショップです。
テーマに関心のある女性ならどなたでも(年齢や状況など一切関わらず)ご参加いただけます。

このプロジェクトは、産前産後の女性の心身ケア普及に取り組むNPO法人マドレボニータ
NECとが協働し、社会貢献の一環として行っています。
2009年より毎年度、全国各地で開催し、5年間でおよそ4,400人の女性が参加しました。
第6期となる2014年度も、6月〜11月の6ヶ月間「NECワーキングマザーサロン」を開催いたします。

サロンに参加された方が、少しでも自分のおもいを整理したり、考えを進めることができる。
そんな場を作っていきたいとおもっています。

salon2013.jpg 160-104.jpg

【NEWS!】
「第6回NECワーキングマザーサミット」開催! ★1/19満席となりました★
当日はこちらで【Ustream中継】を行います

サミットバナー.jpg
日時:2015年1月23日(金)13:00-16:00
会場:3×3Labo(さんさんラボ)東京都千代田区大手町2-6-2 日本ビルディング6階
☆詳細・お申し込みは、第6回NECワーキングマザーサミットのご案内ページへどうぞ

第6期(2014年度)「NECワーキングマザーサロン」 ⇒開催終了しました!(計90回)
開催日程:2014年6〜11月 ⇒詳細日程はこちらから
開催地域:※地域名をクリックすると、各サロンの詳細ページがご覧いただけます。
 北海道:釧路市・網走市・札幌市
 栃木県:足利市・宇都宮市/群馬県:前橋市/埼玉県:さいたま市・川口市
 千葉県:千葉市・船橋市/神奈川県:横浜市川崎市
 東京都:北区千代田区・中央区大田区・品川区世田谷区・杉並区練馬区
     日野市・立川市・調布市・西東京市
 静岡県:浜松市・袋井市/長野県:東御市・長野市
 三重県:桑名市・四日市市/愛知県:名古屋市・豊田市・瀬戸市/岐阜県:岐阜市
 兵庫県:神戸市・明石市/広島県:広島市/福岡県:福岡市

第6期(2014年度)の活動全体スケジュール
・2/18〜:「進行役」募集(マドレボニータ正会員より)
・4/2〜:進行役研修 (5/16,17実地研修)
・4/4〜25:「プロジェクトメンバー」募集
・6〜11月:第6期「NECワーキングマザーサロン」開催
・2015年1月23日(金):「第6回NECワーキングマザーサミット」開催(千代田区大手町)



【主催】 NPO法人マドレボニータ 【協賛】NEC
【お問合せ】 NECワーキングマザーサロン・プロジェクト担当  

・メールアドレス:wmsalon.pj@gmail.com
・フェイスブック:https://www.facebook.com/wmsalon
・ツイッター: http://twitter.com/wm_salon アカウント:wm_salon

【マドレボニータ】ロゴマーク丸型(鮮明).jpg

[ワーキングマザーサロン 公式Facebookページ]



『産後白書2』
 〜子育てしながらはたらく・はたらきたい女性1400人のリアル

 「NECワーキングマザーサロン」の取り組みをまとめた小冊子です
 (2011年3月14日発行/2012年3月22日第2刷)



【第1〜5期の活動記録】
第5期(2013年度)
「第5回NECワーキングマザーサミット」2014/1/24(金)開催 
 ☆記録映像はこちら⇒〔第1部〕〔第2部〕
・「NECワーキングマザーサロン」開催。⇒実績はこちら
 2013年6月〜11月、全113回を48地域(市区)にて開催。のべ880名参加。
第5期ファシリテーター&サポーターの紹介はこちら

第4期(2012年度)
「第4回NECワーキングマザーサミット」(2013/1/21月)開催
 ☆記録映像はこちら⇒〔第1部〕〔第2部〕 ☆第1部のプレゼン資料はこちら
「NECワーキングマザーサロン」の開催実績はこちら
 2012年6月〜11月、全115回を43地域(市区町)にて開催。のべ882名参加。
「第4期(2012年度)ファシリテーター」(15名)の紹介はこちら
・「第4期(2012年度)オフィシャル・サポーター」(83名)の紹介はこちら↓
東北・関東〕〔東京23区〕〔東京市部〕〔東海・関西・福岡

第3期(2011年度)
「第3回 NECワーキングマザーサミット」(2012/1/23月)開催/記録映像はこちら⇒〔第1部〕〔第2部〕
「NECワーキングマザーサロン」開催実績はこちら
 2011年6月〜11月、全169回を42地域(市区町)にて開催し、のべ1229名が参加されました。
「第3期(2011年度)ファシリテーター」(23名)の紹介はこちら
「第3期(2011年度)オフィシャル・サポーター」(84名)の紹介はこちら

第2期(2010年度)
「第2回NECワーキングマザーサミット」 (2011/5/20)開催/記録映像はこちら
・「産後白書2」発行(2011/3/14)
・「NECワーキングマザーサロン」開催(2010年6月〜11月、全123回を34地域(市区町)にて開催し、のべ761名が参加されました)
「第2期(2010年度)ファシリテーター」(16名)の紹介はこちら この他、サポーターは全国約60名!

第1期(2009年度)
「第1回NECワーキングマザーサミット」(2010/3/8月)開催/報告はコチラ
・「NECワーキングマザーサロン」開催(2009年9月〜2010年2月、全102回を29地域(市区町)にて開催し、のべ638名が参加されました)
「第1期(2009年度)ファシリテーター」(19名)の紹介はこちら 

【メディア掲載記録】はこちら


このブログでは、プロジェクトについて、
開催情報、サロンの様子、ご参加者の声などを
お伝えしていきます!
 
「第6回NECワーキングマザーサミット」開催しました! [2015年01月26日(Mon)]
1月23日(金)、「第6回NECワーキングマザーサミット」を開催しました!
前日の雨もあがりあたたかなイベント日和になりました。
おかげさまで満員御礼。会場は温度があがるくらいの熱気に満ちていました☆

オープニングは、まさかの(笑)全員でダンス♪からのスタート!からだも気持ちもほぐれます。
008.JPG

第1部は、NECの社会貢献室長 藤井様のごあいさつから。高校生のお子さんの母でもある藤井室長の言葉には、この活動で大切にしていることがたくさん詰まっていました。
続いて、今年度の「NECワーキングマザーサロン」の活動について、吉岡マコ代表がプレゼンテーションを。なぜマドレボニータがこの活動に取り組んでいるのか?なぜ語り合うことが必要なのか? サロンアンケートで寄せられたご参加者のリアルな声も交えてお伝えしました。
056.JPG 063.JPG

休憩を挟んで、第2部はグループダイアログ。
「今までどおりに働く」というキーワードを取り上げて、自分の経験や現状をシェアしながら、そのキーワードから「母となって働く」を掘り下げていきます。「もっと時間が欲しかった!」という声も…
067.JPG 064.JPG

「そんなこともあろうかと・・・」と、続いてさらに自分自身について言葉にしていくワーク「シェアリング」。進行は、杉並世田谷チーム進行役のななちゃんこと光瀬奈々江さん。
皆さんは、がっつり話して・聞いて…います。(熱気がすごい…!)
10383082_902550626442799_2934140180349253909_n.jpg 079.JPG
そんな母たちを、赤ちゃんがじっと見ています。
091.JPG 104.JPG

最後は、全員でのシェアリング。話してくださったひとりひとりの言葉が、それぞれのおもいや体験にもとづいたもので、染み入ってきました。独身男性からの言葉にはどよめきも…^^
100.JPG 101.JPG

熱い言葉が湧きあがった会場、最後はフリー交流タイムへ。
各地のサロン運営チームの力作「壁新聞」にも、半年間の活動をふりかえってのたくさんの思いがつまっていて、みなさん釘付けに。
111.JPG

私は終始、後ろの方から会場全体を見ていたのですが、参加者のみなさんがつくる空気というか、エネルギー?!のすごさを感じていました。(別にそういう能力はないですが・笑)
100名近いひとたちが、自分の思いを言葉にして紡ぎだし、分かちあう姿、というのは、滅多に見られるものではないんじゃないでしょうか。本当に圧巻でした!

参加できなかった;という方は、Ustream中継のアーカイブでいつでもご覧いただけます。
http://www.ustream.tv/channel/madretv
第1部(プレゼンテーション)と第2部(グループダイアログ、シェアリングのワーク)に分かれています。
第2部は特に、どなたかと一緒に見て、ワークも体験していただくと良いかと思います。A4くらいの白い紙とカラーペンを使いますので、ぜひご用意くださいね☆

各地のサロン運営チームやマドレボニータ会員チームなどで、上映会を計画しているところもあるようです。募集の際にはまたご案内します!

(NECワーキングマザーサロン・プロジェクト担当:高橋)


サミットUstream中継はこちらから★ [2015年01月22日(Thu)]
【「第6回NECワーキングマザーサミット」Ustream中継はこちらから!】

1/23(金)13:00〜「第6回NECワーキングマザーサミット」のUstream中継をおこないます☆

こちらのチャンネル(madreTV)から配信されますので、ぜひご覧下さい!
http://www.ustream.tv/channel/madretv

===
<プログラム>
1300〜第0部(何があるかお楽しみ!)

1315〜第1部「NECワーキングマザーサロン2014活動報告」
(プレゼンター:マドレボニータ代表・吉岡マコ)

(1345〜1400休憩*中継もお休みです)

1400〜第2部「母となって働く」をみんなで語りあおう!
 *前半:「今までどおりに働く」を掘りさげる
     〜グループダイアログ
 *後半:「シェアリング」のワーク実践〜全員で分かちあい
〜1530(中継終了)

===
※上記の時間は予定です。状況により変更があるかもしれませんが何卒ご了承ください※
サミット会場への行き方ご案内 [2015年01月20日(Tue)]
1/23(金)の「第6回NECワーキングマザーサミット」は、東京駅隣の日本ビルヂング6階にある、
「3×3Labo」というスペースで開催します。

★地図はこちら★

初めていらっしゃる方にはわかりにくいかもしれないので、会場へのルートをご紹介します。
いずれも、駅の「改札から出口まで」はある程度の距離がありますので、時間の余裕を持ってお越しいただければと思います!

東西線「大手町」駅:「B8a」出口からすぐ(ビル前に出ます)

半蔵門線「三越前」駅:「B2」出口より徒歩2分ほど


銀座線「日本橋」駅:「A1」出口から徒歩4分ほど
銅像?の向こうに見えるのが日本ビル
サミット4.jpg
ビルの入口は↓こんな感じです。
サミット2.jpg 

「東京」駅:「日本橋口」から1分
日本橋口は東京駅の一番北側(上野寄り)です
サミット.jpg 
↑この出口を抜けるとバスロータリーがあり、その先が永代通りです。信号を渡ると日本ビルです。そのままビルに沿って進むと、中程に入口があります。
006.JPG 
JR在来線利用の場合、ホームの一番北側(上野寄り)の階段をおり、北通路から「八重洲北口改札」を出るのが近いです。「日本橋口」の案内が少ないのでわかりにくいかもしれません。下記の構内図をご参照ください。
東京駅構内図2.jpg

ビルに入りましたら、エレベーターで6階へ。662区が「3×3Labo」です。
ビル内は、案内板や案内人の配置ができない(!)のでエレベーターホール近くのフロアマップを参照ください。(MadreBonitaのTシャツを着ているスタッフが歩いていたらどうぞお声かけください!)
「3×3Labo」の入口はこんな感じ。丸いマークが目印です。
サミット3.jpg

皆さまのご来場を、スタッフ一同、首を長くしてお待ちしております!!

(NECワーキングマザーサロン・プロジェクト担当:高橋)
【開催報告】11/29 日野・立川最後のサロンを開催しました [2015年01月19日(Mon)]

こんにちは、日野・立川チームの進行役の鈴木深雪です。
第6期ワーキングマザーサロン、すべての日程が無事終了しました。

日野・立川では、今期最後のサロンを日野ふれあいホールにて開催しました。
当日はご参加者9名・赤ちゃん2名、チームメンバー含めると計15名の大所帯。
みなさん初対面の方ばかりとは思えないくらい、ギュッと互いの距離が縮まったにぎやかなサロンとなりました

hinolast_001.png

いつも通り当日のサロンのテーマは「母となってはたらく」こと

家庭、育児、仕事・・とそれぞれに自分の大切な「糸」が増えていき、
そして、すべてを大切に思って抱えるからこそ生まれる「糸の絡まり」。


進行役の席に座っていると、サロンでみなさんがそれぞれの思いを語る様子は、
その糸を一本一本切れないように丁寧にほどいていく作業にも感じられます。
また、その話を伺いながら、私も自らの糸をほどき、
そこにある自分の思いを見つめる時間となっています。

時には、ついつい後回しにしてしまっていたり、耳の痛いテーマだったりもしますが、
みなさんが真摯に向き合う姿を見て、私も前向きに自分と向き合う勇気をたくさんもらっています。

さて、このサロンで私が引き続き考えていきたいなと感じた話題を少しご紹介します。

---------------------------------------------------------
「家族」と「私」
---------------------------------------------------------


「家族のための新しい働きかたをしたい。
 でもこれって私のしたい働きかたかな?」

そんなご参加者の一言から、家族について考える時間となりました。
話を進める中で、家族のありたい姿から一番の当事者である「私」が
すっぽり抜けてしまっていることに気付いた、というご参加者の一言。

家族とは誰のこと?
もちろん「私を含んでの家族」なのですが、無意識に「私」を脇に置いて
「私を除いた家族」になっていないか、自らを顧みるよいきっかけになりました。

---------------------------------------------------------
今の仕事はやりたい仕事?
---------------------------------------------------------


子育てしながらの労働条件がなかなか整っておらず、また職場の理解も得られにくい。
現状の職場には、なかなか満足できていないというご参加者。

そして、仕事量や労働時間といった「条件面」で今の職場に不満を感じると思っていたけれど、
実は今の「仕事内容」そのものに面白みを感じないことに気付いた、と語ってくださいました。

「はたらく母」の環境は複雑で、仕事の条件,家族の協力,保育園の場所といった
いろんな「条件面」につい目が行ってしまいがちですが、複雑だからこそ実はシンプルに
「仕事を楽しく感じるかどうか」が忘れてはならないポイント
と気づかされる話題でした。

この一番シンプルな部分が定まっているからこそ、「母となってはたらく」ための
原動力が得られるのかもしれません

---

などなど、サロンで出る話題は実に様々。
また、サロンの中で答えが見つかることはほとんどありません。
でも、2時間のサロンが終わったあとのみなさんのお顔はこんなに晴れやか晴れ

hinolast_002.png

サロンでは、「はたらくこと」に対する漠然とした不安・悩み、
それらをこの場でひとつひとつ自分の言葉にしていくこと、
そしてそれをその後も続けることで、それらはいつか具体的な
「目標」や「課題」になっていくのだと思います。

目標であれば、それに向かっていく。
課題であれば、それを克服していく。


次の一歩につながると私は信じています。
サロンがきっかけとなり、「はたらく」ことについて家庭で職場で友人たちと、
もっと自由に自分の思いを語り合える、そんな輪が広がっていくといいなと心底思います。
そんな風土が、皆がよりはたらきやすい世の中を作っていくと感じています。

(文責:鈴木深雪)
満員御礼!「第6回NECワーキングマザーサミット」 [2015年01月19日(Mon)]
いよいよ今週開催!の「第6回NECワーキングマザーサミット」。
1/20の受付締切を前に、おかげさまで満席となりました!(キャンセル待ちの定員を大幅に超えましたので、キャンセル待ち受付も終了いたしました。1/20)

★すでにお申し込みの方で、急遽都合が付かなくなってしまった!という方は、ぜひお早めにおしらせください。キャンセル待ちの方にお席をお譲りしてまいります。
(ご連絡先:wms@madrebonita.com)

当日はこちらで「Ustream中継」も行います!
「madreTV」のチャンネルで、ぜひ一緒にご覧下さい☆ 白紙とペンを用意して、ワークも是非ご一緒に!

10865766_751597938253817_2969860739938808582_o.jpg

===================
【第6回NECワーキングマザーサミット】
ご案内ページ:
http://www.madrebonita.com/wordpress/?page_id=15489

■日時:2015年1月23日(金)13:00-16:00

■会場:3×3 Labo(さんさんらぼ)
   東京都千代田区大手町2-6-2 日本ビルディング6階

■プログラム:
★最初にみんなでちょこっと体を動かすコーナーを設けています!
 どんな内容かはお楽しみ☆
 
★第1部:「NECワーキングマザーサロン2014」活動報告
NECワーキングマザーサロンってどんなもの? 何を目指して、どんなことを、どんな人がやっているの?この取り組みの全貌をご紹介します。

★第2部:「母となって働く」をみんなで語りあおう!
前半は、サロンの現場で出てきた「今までどおりに働く」という言葉をとりあげて、グループダイアログを。その言葉の意味は? 背景にあるものは? 自分はどう? 実際に言葉にしながらみんなで考えます。グループの進行は、第6期サロンの進行役がつとめます。
後半は、サロンでも行う「シェアリング」のワークを実践。
それぞれに「自分がどうありたいのか」を見つめ、言葉にしていくなかでこそ、「私の、次の一歩」も生まれてくるはず。

■参加費:500円

■対象:どなたでもご参加いただけます
 年齢・性別・職業・状況などに関わらず、「子育てしながら働くこと」について考えたい方、
 女性の職場復帰や再就職について関心がある方など
 ※生後90日以内 (※2014年10月25日以降生まれ)の赤ちゃんは一緒にご参加いただけます。

■定員:70名 (要予約)
 ※受付は1月20日(火)まで (ただし、定員になり次第、締め切りとさせていただきます)

■お申込み専用フォーム:
http://www.madrebonita.com/wordpress/?page_id=15524


 
■お問合せ:下記までメールにてご連絡くださいませ。
wms@madrebonita.com
NECワーキングマザーサロン・プロジェジェクト本部(NPO法人マドレボニータ内)


■主催:特定非営利活動(NPO)法人 マドレボニータ
    http://www.madrebonita.com/

■協賛:NEC
■協力:エコッツェリア
【開催報告】11/28 東海地区ラスト☆豊田サロン開催しました!! [2015年01月19日(Mon)]
こんにちは。
東海チーム 進行役のちまきこと佐橋真希でするんるん
100-09-sahashi.jpg

ついに第6期ワーキングマザーサロンの全日程が終了しました。

東海地区でのラストのサロンは愛知県豊田市

地元の市民団体ラヴィドファムの皆様のアツイ声援を頂きながら
再びこの地でサロンを開催させてもらうことが実現しました。
サロンに以前参加されたことがきっかけでつながった市民団体の皆さん、
豊田サロンでの心強いサポート全てに感謝です☆
ありがとうございました!!
1128スタッフ.jpg

さて、11/28に開催したサロンでは
赤ちゃんと共に参加された方もいらっしゃり
開始前からあたたかい和やかな空間ができあがっていました。

まずは全員でちょっと緊張している肩周りをほぐして・・・
豊田サロン肩周りほぐし.jpg


豊田サロン整った背中のライン.jpg
美しい背中のラインも整いましたぴかぴか(新しい)

真剣に耳を傾ける母の姿はうつくしい。

このサロンでは、「母となってはたらく」について
仕事、人生、パートナーシップの3つの切り口から
自分のこうしたい、こうありたいという「希望」の絵を描いていきます。

3つの切り口は、その時その時で違っていたりします。
そして、ひとつとして同じサロンはなく
それぞれのサロンで生まれる言葉は
そこにしかない温度のある思いであふれています。

豊田サロンでは
育児休業中の方の発言が最初に始まり
「今の自分」を客観的にみつめることができた
という気付きから言葉がうまれていきました。

育児休業期間は助走期間
と捉える方の発言に頷きながらメモをとる姿も。

そして、仕事、働く、という視点から
話題は子育てへ。

「私は地域で子育てをしていきたい」
という発言に、はっとされる表情がみえました。

その発言をうけて
「本当は地域を大事にしたい
でも自分は自分しか頼っていない。頼れない。
人とつながること、子供を預けること。
やばいと思っていても動いていない、
何もしていない自分に気付いた。」


そんな気付きもうまれました。

そしてユニークな取り組み「おかずシェア」
されてる方がいらっしゃり、サロン終了後は
どうやってやるの?と興味津々な話題の輪ができていました。
豊田サロン終了後.jpg

サロンの締めくくりのメッセージの中に
こんな言葉もありました。

「職場も家庭も地域もコミュニケーションを自ら、が大事」

「自分で決めつけていた妄想ばかりだった。
頭ばかりで何も動いていなかった。具体的に動いてみようと思った。
助走期間。今日のことを忘れまい。」


このサロンに参加する前と後では
参加された皆さんの表情に差がありました。

それはなんといっても笑顔
20141128豊田サロン記念写真.jpg

それぞれ動機は別のところにあって集まった
サロンの参加者の皆さん。

でも、このサロンで生まれた言葉、そして
思いにそれぞれが自分のオリジナルのお土産を
手にしたような豊田サロン
でした。

今期のワーキングマザーサロンのチラシにあるメッセージ
「母となって働くを語り、次の一歩へ」

サロンに参加された皆さんのお土産が
どんな風にカタチになっていくのでしょう目
カタチになる日は人それぞれ
カタチがみえなくなったり
もやもやすることもあるかもしれません。

でも、そんな時はぜひ、またサロンに足を運んで
自分に向き合い、言葉を耕してみてくださいね。

【開催報告】11/29品川サロン 開催しました☆ [2015年01月09日(Fri)]
taesan.jpgこんにちは、城南チームのプロジェクトメンバーの河村多恵です。
2歳児と本年4月に生まれた子供の母で現在は育児休暇中の会社員です。





今期最後の城南地区の追加開催サロンとなり、よこさんとひろさんがチームの枠を超えてメンバーとして参加してくださいました。

ご参加者は産休中の方、すでに復職された方あわせて10名でしたが、単身参加者限定のサロンだったため、開始時間前に全員準備万端で到着されました。今期最後の開催とあってか、リピート参加の方も多くご来場いただきました。

salon7.jpg

サロンでは「母となってはたらく」というテーマについて、「人生」「仕事」「パートナーシップ」という3つの切り口から考えます。

ワーキングマザーサロンには第一子出産後の2年前から度々参加者としてご参加していました。今年は出産のため途中からですが、「自分の望んでいる“生き方・働き方”って何だろと真剣に考えたいな。育休中も社会とかかわりたいな」とプロジェクトメンバーとして参画しています。

salon4.jpg

今回のサロンを終え「プロジェクトメンバーになってよかった! 私がいっぱいパワーもらっちゃった」と素直に思いました。

心に留めて吐き出せなかった思いをいろいろな方が声に出し、お互い共感しあうだけでなくそこから「自分が本当はどうしたいのか」と考える姿をみて力が湧いてきました。また、以前のサロンで辛い胸の内を吐露してくださった方が見違えるようにイキイキと「ご自身がどうしたいか」を話されている姿は感動でした。

salon6.jpg

私自身、サロンを通じて大きく変わったなあと感じます。
参加者として初めて参加した2年前は、産休復帰を目前に「母として働く」事に不安がいっぱいでした。復帰しても、「子供がいるからと仕事もあきらめたくない」と力が入りすぎていました。

参加者やプロジェクトメンバーとして参画する中で

「“○○しなきゃ”って思ってたけど本当に必要だったの?」
「何も行動も起こしてないのに自分にはできないと決めつけてない」


と考えはじめ、見えない壁から少しづつ自由になれてきたように感じます。でも自由になったら

「本当は人生も仕事もどうしたいんだろう」

とまた悩みも増えてきました。

まだまた、迷い続けると思いますが自分の気持ちを言葉にできる場があり、受け止めて一緒に考える仲間がいて本当によかったです。

集合写真_1129.jpg


残念ながら今年のサロンはすべて終了しましたが、今年度の活動報告イベントである、NECワーキングマザーサミットが1月23日(金)に開催されますのでご参加お待ちしております。

来年度に向けた活動は始動しています。ご興味のある方はぜひ一緒に活動しましょう!
進行役のまみさん、半年間お疲れ様でした。そしてありがとうございます。

*第6期城南チームの軌跡
---------------------------------
第1回:6/28土  大田 開催報告
第2回:7/19土  大田 開催報告
第3回:8/30土  品川 開催報告
第4回:9/15月祝 川崎 開催報告
第5回:9/24水  品川 開催報告
第6回:11/15土  品川 開催報告
第7回:11/29土  品川

□■□■□■□■□■□■□■□■□
NECワーキングマザーサミットについての詳細、お申込みはこちらサイトまで!ご参加者、絶賛受付中です☆

(文責:河村多恵)
【開催報告】10/11広島サロンを開催しました [2014年12月21日(Sun)]
こんにちは、WMS広島の進行役の鈴木深雪です。
去る10/11(土)に広島でのサロンを開催しましたので、ご報告します。
(開催報告がすっかり遅くなってしまい、本当にすみません!)

広島は私の故郷で、学生時代まで過ごした街。
そんな広島でもぜひサロンをみなさんに体感してもらいたい!
そんな思いから今回の出張サロンが実現しました。

現地メンバーの猫田さんのサポートもあり、会場のゆいぽーとには6名のご参加者にお越しいただけました。
集合の瞬間から「こういった場を求めていた」という声が多く聞かれ、熱い雰囲気の中スタートしました。

そんな中、印象に残るご参加者の言葉。

「働く母として、普段は何も問題を感じず過ごしていた。
 でもここに来て、いろんな方と話をする中で
 それは単に考える時間を持てず、
 自分で気持ちに蓋をしてしまったからだと気付いた。」

「日常の生活は慌ただしいながらも何とかこなせているけれど、
 自分の気持ちにこういう場で目を向けてみると、
 ぶわーっと不安な気持ちが出てくるんです。
 出てきた気持ち、なかったことにはできないですよね。」


少し立ち止まって「人」と話をすることで「自分の気持ち」に気付く。
一見、当たり前そうなことですが、日常の忙しさを言い訳に「自分の気持ち」をないがしろにしていることが本当に多いのかもしれません。(私も思い当たる節が多々あります・・)

気付いた「自分の気持ち」。

忙しさの中で、また「なかったこと」にしてしまうことは本当にもったいない!!
また、当の本人以外の誰がその気持ちに寄り添えるのか・・!

ぜひ少しずつでも、まずはご自身でその気持ちと向き合い続けていくことがとても大事なんだと思います。

でも、1人で向き合い続けるのは、根気のいること。
ご自身のパートナーや友人、またサロンで出会った仲間にその気持ちを伝えながら、自分らしい働き方・生き方が見つけられたらと思います。

自分の気持ちを伝える。
それはこっぱずかしく初めは勇気のいることだろうけれど、そんなことを話せる一歩踏み込んだ人間関係を築けることが、本当の自分らしさを見つけ、私らしくはたらく近道なのかもしれません。

みなさんの発言・姿勢から本当に多くのことを感じ、学べたサロンとなりました。
出張開催に向けて背中を押してくれた仲間・家族、そしてご参加いただいた方に改めて感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。

(文責:鈴木深雪)
【開催報告】11/24涙の足利ラストサロン〜サロンがもたらす場のチカラ〜 [2014年12月20日(Sat)]
こんにちはわーい(嬉しい顔)
自称サロンマニア、第6期進行役の光瀬奈々江ですかわいい
100-05-mitsuse.jpg

最強寒波のおかげで東京でも冷え込みが厳しいですが、皆様いかがお過ごしでしょうか?
我が家は今週息子がインフルエンザになり、あらためて「はたらく母の壁」にぶち当たったところです。

さて、1ヶ月近く経ってしまいましたが、今でも忘れられないサロンとなった、栃木県足利市での涙・涙のラストサロンの様子をご報告します。

ラストサロン当日ももちろん東武りょうもう号に乗り込み足利市へ。
ryoumou.jpg

今回は、シングルマザー、専業主婦、育休中、妊娠中と本当に多様な方がご参加くださいました。
ラストサロンということもあり、12名のご参加と今までにない大きな輪でサロンがスタートしました。
ashikaga241.jpg


まず始めに10秒自己紹介でサロンという「場」に全員がチェックイン☆
Good&Newひらめきというウォーミングアップのワークをおこないます。
その後はシェアリング。
「人生」「仕事」「パートナーシップ」という3つのテーマから1つ選び、紙の真ん中に「希望を象徴する絵」を2分間で描いていきます。
絵が上手い下手ではなく、手を動かしながら自分がどうありたいか、どんな希望を持っているのか、静かに自分に向き合う時間です。
それからペアになり、自分に向き合った時間の中で浮かんできたものを言葉にしていく。ペアの相手から話を要約してフィードバックしてもらうことで、自分がどうありたいかを客観視できます。

ashikaga242.jpg


そして全体で思いを分かち合う時間、全体シェアリングとサロンの時間は進んでいきます。


【シングルマザーが抱える思いとは?】
・普段の保育園送迎はおばあちゃんにお願いしているが、本当は自分でやりたい。
・父がいない分、私が2倍頑張らなければ。子どもが大きくなったらお母さんにこれだけやってもらったんだと感じてもらいたい。
・シングルだから仕事をしないという選択肢はない。働かなくてはならない。
・自分が体調を崩せないのでフルではなく勤務時間を短くしている。その分収入は減るが今は納得して自分で選んでいる。子どもはそのうち大きくなるのだから。
・独り身で産んだので他人には迷惑をかけられないという気負いがある。
・復帰に向けて両立できるのかやっていけるのか不安ばかりが先立つ

ashikaga243.jpg


ここである参加者から
「できるかできないかの二極化ではない。傾きながらでも進んでいくしかない。」
との言葉が。
私もハッとさせられました。
ついつい私たちは「家庭と仕事と育児をどうバランスをとるか?」ということばかりにとらわれがち。
でもそうではないんですよね。
倒れなければ、傾きながらでももがきながらでも前に進んでいくしかない。

【母が笑顔でいること。甘えたら感謝。】
あるご参加者は、ここまでの話を聞いていてご自身の経験をシェアしてくださいました。
お子さんを病気で亡くし、パートナーはうつに。そしてドクターストップがかかり離婚へ。
ご自身が大変な状況の中でたくさんの方に支えてもらったといい、これからは支える側になりたいとおもいを言葉にしてくださいました。
その方の言葉で印象的だったのが、
「母が笑顔でいることが大事」
「甘えたら感謝で返していけばいい」

子育ても仕事も自分で全部できると思っていたのは傲慢で、委ねることは悪いことではない。つまらないと思っていたことがいかに幸せなことか、ともおっしゃっていました。

この時、私は思わず進行を忘れて涙があふれてきてしまいました。

その後も他のご参加者がシングルマザーに育てられたけれどちゃんと育っている、だから大丈夫、など、それぞれのおもいをシェアしてくださり、涙、涙の全体シェアリングとなりました。

ラストの足利サロンで感じたこと。
まさにサロンの「場」のチカラです。

モヤモヤに蓋をせず言葉にしてみること。
それを聞きながら考え、また違う言葉が紡がれていく。
紡がれた言葉から一歩踏み出す勇気をもらえる。

これは一人で悶々としていたら絶対起きないサロンという「場」のチカラです。
サロンの魅力はここにあると思っています。

色々なバックグラウンドを持つ人たちが集まり、ワークを通じて深い話をし、自分のありたい姿をじっくり考え、感じ、全員で分かち合う。

たくさんの言葉が紡がれることで起きる化学反応はものすごい光を放っている!!(ノーベル物理学賞なみにぴかぴか(新しい)
思いを言葉にしていくご参加者の姿は本当に美しい!!
これをみたくて今期のサロンの進行役になったんだなーということをあらためて感じました。

足利ラストサロンで、サロンの魅力を存分に味あわせてくださったみなさんに本当に感謝揺れるハートです。
あ、今思い出しても泣ける。そんな豊かな時間となりました。

ashikaga244.jpg

そしてサロン後のランチ交流会も大盛り上がりレストラン
足利の「貴盛」さんへ。赤ちゃん連れウェルカムのお店でした!!

ashikaga246.jpg

ラストサロンでの群馬チーム写真るんるん

ashikaga245.jpg
半年間、たまちゃん、あんなちゃん、(ぐんまちゃん、たかうじくん)という素晴らしい仲間に恵まれここまで走ってこれました。
群馬チームでは、前橋市で1回、足利市で3回、計4回のサロンを開催。
ご参加者の中にはプロジェクトメンバーに興味を示してくれる方もいらして、来年の群馬・栃木からも目が離せませんよーexclamation×2
今期参加できなかった方は、ぜひ来期のサロンをお楽しみにぴかぴか(新しい)

【文責:WMS群馬チーム進行役・光瀬奈々江】

【開催報告】11/29王子サロン「キャリアをあきらめたくない気持ち」 [2014年12月11日(Thu)]
こんにちは。埼玉・赤羽チームの藤井忍です。
わがチーム、今年度最終サロンは11/29(土)北区王子の北とぴあが会場でした。
9階和室からの眺めは抜群!
1129WMS王子@ (400x300).jpg
準備中、最終回を迎えての心境について
「サロンのこと、やっとわかってきた…」とつぶやく進行役のともみん(細川朋美さん)。
感慨深げな背中に彼女の充実した半年間が滲んでいました。


さて、晴れて満席となったサロン、10名+同伴の赤ちゃん3名が参加されました。
運営チーム4名も合わせると、こんな大きな輪に。
1129WMS王子A (400x300).jpg


全体シェアリングで展開された対話、心に残ったフレーズをまとめました。


●キャリアをあきらめたくない●

サロンでは「母となってはたらく」というメインテーマを考え、語り合うのに
人生・仕事・パートナーシップという3つの切り口を用意しています。
今回、特に“キャリア”についての熱い思いが多く語られ、印象に残りました。

復帰後も、キャリアを積み重ねていきたい。
復帰後も、評価されるように仕事を続けていきたい。


でも、同時に様々な葛藤が湧き上がります。


●時短勤務への葛藤●
時短勤務を選択することで、業務が「補助的な仕事」になってしまう。

時短勤務を選択することで、管理職の資格を失ってしまう。

育休取得第1号の自分が、復帰後時短勤務を選択しなかったことで
復帰後もフルタイムが標準、という雰囲気ができてしまったかもしれない。



●夫との関係性●
わたしの「どうしたい」を優先しすぎて
夫がどうしたいのか、どうなりたいのかがわからなくなっているかも。

本当は、フェアなラブラブな関係でいたかったはずなのに…


夫に料理を任せたら、1センチ幅のキャベツの千切りが出てきた。
指摘したら「せっかく喜んでもらおうと思ったのに!」とケンカになってしまった



●満たしたいもの●
家のこと、ちゃんとしたいのは家族のため、と思っていたけれど
実は自分の「がんばりたい」思いを満たすためだった。

自分の「がんばりたい」で家族を振り回してきたと思う。


夫が介入してくると、それを邪魔に感じていた。
100%自分でやってしまっていた。完璧主義だったと思う。



●不安な気持ち●
育休中は考えるばかりで答えも出ず、とにかく不安だった。
復帰してからの方がかえって気持ちは楽だった。
なんとかなるもの!


はるか未来のことまで考えすぎなくていい。
目先のことからひとつひとつ、一歩一歩進めばいい。
そう気づくだけでも楽になれる。




●はたらきかたの現在と未来●
神経を張りつめた状態でがんばり続けていればいつかぷつんと切れる。
流れにまかせてみる。
こだわりすぎない、がんばりすぎないのも大切。


子どもは成長する。5〜10年後、働き方はきっと変化してる。
夫婦の収入のバランスも、そのときそのときで柔軟に変化したっていい。

今は子育てにウェイトをかける時期でいい。


1129WMS王子B (400x267).jpg
母たちの対話に刺激されてか、
赤ちゃんどうしも活発にコミュニケーションしておりました^^


1129WMS王子C (400x267).jpg
最後に笑顔の記念写真…につづき

1129WMS王子E (400x267).jpg
みなさまに立ち会っていただき進行役のともみんに、チームメンバーから花束贈呈☆
「母となってはたらく」について様々な思いに寄り添い続けた6ヶ月。
おつかれさまでした!


●個人的な感想●
年齢でしょうか。情けない話ですが、子どもなしではたらいていても、
週5日フルタイムをしんどいと感じることがあります。
ラッシュを避けて通勤できる時短制度、わたしでも利用できたらいいのにとさえ思う…


つねにフルコミットを求められる。
失速することが許されない。
はたらき方のストライクゾーンの狭さ。


心身ともに健康でのりきるために
スケジュールにはある程度の余裕が必要だと重々承知のうえで、
それでもフルコミットせざるを得ない環境って、なんなんだろう?
誰得!?

はたらき方のストライクゾーンをもっと広げたい!
もっともっと、広げたい!!

(文責:藤井 忍)


===========================
★埼玉・赤羽チーム サロン全日程★
===========================

(終了)6月21日(土)川口市戸塚公民館 →開催報告
(終了)7月26日(土)川口市芝南公民館 →開催報告
(終了)8月23日(土) さいたま市ヘルシーカフェ「のら」 →開催報告
(終了)9月20日(土) 川口市中央ふれあい館 →開催報告
(終了)10月14日(火) 赤羽LaLaガーデン内 「ララちゃんのおうち」→開催報告
(終了)10月25日(土) WithYouさいたま →開催報告
(終了)<出張開催>11月2日(日) 宇都宮東生涯学習センター→開催報告
(終了)11月11日(火)川口市西公民館→開催報告
(終了)11月29日(土)北とぴあ→開催報告(当記事)


(その他の活動ブログはこちら↓↓↓)
 ・第6期埼玉・赤羽チーム メンバー紹介
 ・8/2(土)中間ミーティング

チームメンバーブログリレー
 かわいい第1回:プロジェクトメンバー 鈴木美穂
 かわいい第2回:プロジェクトメンバー 川又浩子
 かわいい第3回:プロジェクトメンバー 水谷奈津美
 かわいい第4回:プロジェクトメンバー 藤井 忍
 かわいい第5回:プロジェクトメンバー 新行内清美
 かわいい第6回:プロジェクトメンバー 種井美緒
 かわいい第7回:プロジェクトメンバー 水口陽子
 かわいい第8回:プロジェクトメンバー 岡 優子
 かわいい第9回:プロジェクトメンバー 林 理恵
| 次へ