CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2019年08月 | Main | 2019年10月»
最新コメント
最新記事
<< 2019年09月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
最新トラックバック
お勉強 (05/11)
文明化されていない人たちを支配することはできない。 [2019年09月11日(Wed)]
(582)
 彼らはイギリス人に支配されてはいません。あなたがたに支配されることも決してないでしょう。



 「真の文明とは何か?」についてのガンディーの話の続きです。
 「彼ら」というのは、まだ文明化の影響を受けていない昔ながらのインド社会で暮らしている人たち、「あなたがた」というのは西洋文明を学んだインドの知識人たちのことです(581)
 さて、そのような人たちがイギリスの支配を受けていないというのは一体どういうことでしょうか? 当時、インド全域が直接あるいは間接的にイギリス帝国の統治下に置かれていたというのに。
 それは、ガンディーの考える「自治」の概念と関係しています。「彼らはまさに『自治』を獲得していた(580)」と言っていたように、自給自足の暮らしをしている人々は誰にも支配されていないと彼は考えているようです。
 これと同じようなことは、フランス人のルソーも言っています。「他人に命令しようとしない人間を服従に追い込むことは極めて困難である。どんなに巧みな政治家であっても、ただ自由でありたいとだけ望む人々を隷属させることには成功しないだろう」「従属の絆というものは、人間の相互依存と相互欲求がなければ形成されない。誰にも依存しない人間を従属させることは不可能なのだ」。
 さらに、ガンディーは・・・
9月定例学問会の報告(6)説明責任と説明できない事情 [2019年09月11日(Wed)]
 1日の定例学問会の報告の続きです。
 
●「説明責任を果たせ」と言われても、どうして説明できないのか?
●それはやっぱり、説明できない事情があるからではないか。
●かみ合わない議論。
●表には出せない裏の事情を隠して仕事をするのは精神的に辛いだろう。
●そんな仕事はやらなくても済む世の中にしたいですね。

 そして・・・
                (つづく)
第160回楽しく学ぶ歴史ゼミの報告(4)トゥール=ポワティエ間の戦い。 [2019年09月11日(Wed)]
 4日の楽しく学ぶ歴史ゼミの報告の続きです。
 
●フランク王国の宮宰、カール=マルテル。
●イベリア半島を支配していたイスラム(ウマイヤ朝)の軍勢が攻めて来た。
●これを迎え撃って破ったのが、トゥール=ポワティエ間の戦い。
●イスラム勢力は、ピレネー山脈を越えられなかった。
●日本で言えば、元寇みたいなものかな?

 そして・・・

                             (つづく)
第52回「小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ」の報告(7) [2019年09月11日(Wed)]
 9月4日の第52回「小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ」の報告の最終回です。
 
●満州事変とラストエンペラー。
●昭和天皇と日米開戦。
●天皇主権と君臨すれども統治せず。
●「勝てなさそうな戦争はやめておきましょう」と言えなかったのはなぜ?
●誰も責任を取らない恐ろしさ。

 

 第53回「小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ」は、今日、9月11日(水)です。
| 次へ