CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2019年07月 | Main | 2019年09月»
第50回「小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ」の報告(5) [2019年08月26日(Mon)]
 21日の第50回「小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ」の報告の続きです。
 
●いじめた人にも、何か懲罰を与えたい。
●それは、報復の心では。
●悪い人、気に入られない人に罰を与えるべきと考えたら・・・。
●新たないじめを生み出してしまうのでは。
●裁くなかれ、報復することなかれ。

 そして・・・

          (つづく)
我が国の教育は、昔から何も変わっていない。 [2019年08月26日(Mon)]
(567)
 私たちは、昔からずっと変わらぬ粗末な小屋で何とか暮らしを営んできました。
 また、この国で行われている伝統的な教育も、以前と何も変わらないままです。



 「真の文明とは何か」についてのガンディーの話の続きです。「贅沢や享楽の追求を断念すべしという訓戒を先人たちは我々に遺した(566)」と述べた後、彼は上のように語ります。なので、ここで言っている「私たち」とは、20世紀初頭のインド人のことです。
 同じ頃、日本では近代教育(学校)の制度が作られ、全国に公立の学校が建てられました。また、大学もできていました。庶民の住む家は、それほど変わっていなかったかもしれません。都市の上流階級の住居は、洋風のものも作られ始めていたようです。
 それに比べれば、インドは以前と同じような暮らしが続いていたのですから、「文明化=西洋化」と考えれば、明らかにインドは遅れていたのです。その点については、「インドは保守的だ」という批判もあったようです。(557)
 しかし、ガンディーはそのようなインドの保守性を肯定的にとらえています。インドは昔のままで変わらない。だから良いのだと。
 ・・・
しもかわ読書会8月例会の報告(1)清貧の思想 [2019年08月26日(Mon)]
 昨日は、西町キャンパスで「しもかわ読書会」8月例会を行いました。
 今回取り上げた本は、中野孝次の「清貧の思想」です。1992年刊行、バブル崩壊の頃です。決して古典とは言えませんが、同時代、でもないですね。
 下川町町民会館図書室にありますが、なぜか「歴史」のコーナーにあります。
 今読んでみると、いろいろ考えさせられます。

 ・・・

                             (つづく)
今週の予定 [2019年08月26日(Mon)]
 今週の予定です。
 

【小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ】
 第51回「小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ」
 日時  8月28日(水)
     18時〜18時45分
 場所  下川町公民館2階会議室
 内容  参加者の希望に応じて
  
  
 【定例学問会】
 9月定例学問会
 日時  9月1日(日)
     12時〜15時頃
 場所  モレーナ
 内容  参加者の希望に応じて 


 すべて、誰でも参加できます。どうぞよろしくお願いします。

8月定例学問会の報告(9)かつて、日本の会社はコミュニティだった。 [2019年08月26日(Mon)]
 8月4日の定例学問会の報告の続きです。
 
●コミュニティが持続し、コミュニティの成員が存在し続ける。
●効率や競争力よりも大切なもの。
●20世紀後半の日本の会社は、かなりの程度コミュニティだったのではないか。
●これからの時代のコミュニティとは?

 そして・・・
                (つづく)
| 次へ