CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2019年07月 | Main | 2019年09月»
第49回「小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ」の報告(4) [2019年08月19日(Mon)]
 14日の第49回「小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ」の報告の続きです。
 
●儒教や仏教は、いつ頃伝わったのか?
●聖徳太子が作ったと言われている「十七条の憲法」にも・・・。
●儒教や仏教の影響がある。
●古事記だって、作られたのは奈良時代。
●日本古来の精神とは?

 そして・・・

          (つづく)
第158回楽しく学ぶ歴史ゼミの報告(6)インド人の偉大な発見。 [2019年08月19日(Mon)]
 7日の楽しく学ぶ歴史ゼミの報告の続きです。
 
●0があるから、位取り記数法が可能になった。
●ゼロという数は、なかなか人々に意識されなかった。
●小数や分数なら、量を測る時に必然的に出てくるけど。
●ゼロを発見したのはインド人。
●「存在しない」を「0存在する」と考えた。
●さすが、哲学の国。

 そして・・・

                  (つづく)
「文明」とは、「善い行い」である。 [2019年08月19日(Mon)]
(561)
 だから、「文明」という概念に相当するグジャラート語を探すとすれば、それはまさしく「善い行い」という意味の言葉なのです。



 「真の文明とは何か」についてのガンディーの話の続きです。
 「文明とは、人が進むべき道を指し示すような行動様式のことだ(558)」と定義したガンディーは、さらに上のように語ってその主張を補強します。
 グジャラート語は、ガンディーの出身地、インド西部のグジャラート地方の言語です。インド⁼ヨーロッパ語族に属し、現在は世界で4600万人もの人々が話している(世界で23番目に話者が多い)そうです。この本「ヒンド⁼スワラージ」も、最初はグジャラート語で書かれました。
 そのグジャラート語でも、「文明」という概念に相当する言葉は「善い行い」を意味する。だから、やっぱり文明とは道徳の実践のことなのだとガンディーは言いたいのでしょうね。
 そして・・・
 
今週の予定 [2019年08月19日(Mon)]
 今週の予定です。
 

 【楽しく学ぶ歴史ゼミ】
 第159回楽しく学ぶ歴史ゼミ
 日時  8月21日(水)
     12時〜13時半
 場所  西町キャンパス
 内容  イスラム帝国の分裂


【小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ】
 第50回「小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ」
 日時  8月21日(水)
     18時〜18時45分
 場所  下川町公民館2階会議室
 内容  参加者の希望に応じて
  

【しもかわ読書会】
 しもかわ読書会8月定例会
 日時 8月25日(日)
    13時〜15時頃
 場所 西町キャンパス
 内容 未定「何かやりたい」という人がいたら、学長までお知らせください。


 すべて、誰でも参加できます。どうぞよろしくお願いします。
| 次へ