CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2019年07月 | Main | 2019年09月»
最新コメント
最新記事
<< 2019年08月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新トラックバック
お勉強 (05/11)
私たちに安心と希望を与えてくれる・・・ [2019年08月14日(Wed)]
(557)
 多くの人が、「こうすべきだ」「ああすべきだ」とインドに助言を与えて自分の考えを押し付けようとします。しかし、インドはまったく動じません。これは、私たちに安心と希望を与えてくれるインドの美点です。



 「どんなに啓蒙に努めてもインド国民はいかなる新しい変化も決して取り入れようとはしない」という批判(555)に対するガンディーの反論の続きです。
 ペリーの日本来航と開国要求(1853年)もそうですが、なぜか近代文明は、ほかの国々にも自分たちと同じような近代化をさせずにはいられない性質を持っているようです。
 日本の場合は、欧米の要求に従って、そして恐らくは彼らの期待以上に自らの国を西洋化させていきました。もちろん、官尊民卑などの奇妙な形で身分制の社会風土は残りましたし、天皇制など日本独自の要素を持つ特異な近代国家を形成していったわけですが、それでも、かなり積極的に、そしてあまり抵抗もなく外来の文明を取り入れて行ったのは確かでしょう。
 しかし、このような日本の近代化をガンディーは決して肯定的に評価していません。(549)では、「日本はすっかり西洋化されて、もはや日本ではなくなってしまいました」と言っていました。
 これに対して、インドはまったくそうではなかったようです。インドは、なかなかヨーロッパの文明を受け入れず、以前からの自分たちの思考、価値観、生活様式、社会構造などを変えずに保持し続けました。このようなインドの保守性を、ガンディーは是としているのです。
 そして・・・
第158回楽しく学ぶ歴史ゼミの報告(3)イブン⁼シーナー [2019年08月14日(Wed)]
 7日の楽しく学ぶ歴史ゼミの報告の続きです。
 
●イスラムの学者で有名なのは・・・。
●イブン⁼シーナー。
●アリストテレスの哲学や医学の研究で偉大な業績を残した。
●後に、ヨーロッパ人も彼の著書を読んで勉強した。
●ヨーロッパでは、アビケンナと呼ばれた(全然違うけど)。

 そして・・・

                 (つづく)
しもかわ読書会7月例会の報告(3)金は、善いものか、悪いものか? [2019年08月14日(Wed)]
 「しもかわ読書会」7月例会の報告の続きです。

●弟が見つけたものは、黄金だった。
●金を怖がることはないのに・・・と兄は思った。
●金に罪はない。
●金を使って良いこともできるのに。

 そして・・・
         (つづく)
第48回「小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ」の報告(6) [2019年08月14日(Wed)]
 7日の第48回「小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ」の報告の最終回です。
 
●美しいと感じるのが人それぞれだとすれば・・・。
●美しい芸術作品というのも、人それぞれ。
●多数の人が美しいと感じれば、優れた作品になるのかな?
●じゃあ、芸術家は、「多数の人が美しいと思うような作品を作ろう」と考えるのだろうか?
●うーん、「美」とは果たして何なのか?


 第49回「小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ」は、今日、8月15日の予定です。
| 次へ