CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2019年07月 | Main
最新コメント
最新記事
<< 2019年08月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新トラックバック
お勉強 (05/11)
変化をなかなか受け入れないのは、むしろ利点である。 [2019年08月13日(Tue)]
(556)
 そのように非難されているのは、むしろ本当は我がインドが持っている長所なのです。
 我々は、自分たちが実際に行い、そのような経験によって真理であると証明されている事柄を敢えて変えようとは思わないのです。



 「どんなに啓蒙に努めてもインド国民はいかなる新しい変化も決して取り入れようとはしない」という批判(555)に対し、ガンディーは「それこそがインドの長所なのだ」と反論します。
 まず彼は、「新しいものは古いものより優れている」ということが絶対的な真理であるとは認めません。だから、単に新しいというだけではそれを採用する理由にはならないのです。「新発売」とか「最新モデル」とか言われると条件反射的に飛び付くのは愚かなことだと彼は考えます。
 そして、「古いもの」は経験によって評価することができるが、新しいものはそうではない。期待したような効果が得られないかもしれないし、思わぬ副作用があるかもしれない。だから、長年続いてきた伝統や社会の中に定着した習慣・慣例・文化などは尊重すべきものであり、そんなに簡単に廃棄したり変更したりするものではないと彼は言いたいのでしょう。
 そして、さらに続けて・・・

第48回「小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ」の報告(5) [2019年08月13日(Tue)]
 7日の第48回「小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ」の報告の続きです。
 
●外的な美しさと内的な美しさ。
●内と外の美しさは、どんな関係なのかな?
●うーん、難しい。
●結局、美しいとは何かという問題に帰って来る。
●植物の内面的な美しさは、どうやって分かるのか?

 そして・・・

          (つづく)
| 次へ