CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2019年06月 | Main | 2019年08月»
最新コメント
最新記事
<< 2019年07月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新トラックバック
お勉強 (05/11)
それは私が当然受けるべき報いだったのです。 [2019年07月18日(Thu)]
(531)
 はじめに私が過食のせいで消化不良になった時に、もしも医者の薬を飲まなかったとしたら、一体どうなっていたでしょうか? もちろん私は腹痛に苦しんでいたでしょう。しかし、それは私が当然受けるべき報いだったのです。
 そのような罰に苦しめられたら、私はもう二度と過食を繰り返したりはしないでしょう。



 「もしも私が食べ過ぎて消化不良になってしまったら・・・」というたとえ話(529)の続きです。
 消化不良になった私は、医者の所へ行きます。そして、医者に与えられた薬を飲んだら腹痛は治まったのです。しかし、そうして腹痛という苦しみからすぐに解放された私は、また過食を繰り返すのです。まあ、もしお腹が痛くなったとしても医者から薬をもらって飲めばいいのだから、当然そうなるでしょうね。
 しかし、ガンディーにはこれが許せないのです。彼の考えでは、腹痛は過食という罪に対する当然の罰、報いなのです。また、それは再び罪を犯さないようにする抑止力として是非とも必要なことなのです。ですから、医者が薬によって腹痛を治してしまうことは、まったく望ましい問題解決ではありません。むしろ反対に、真の問題解決を妨げてしまうことなのです。
 そこで、ガンディーは続けて・・・
しもかわ読書会6月例会の報告(10)遊行期。 [2019年07月18日(Thu)]
 「しもかわ読書会」6月例会の報告の最終回です。
 
 ●人生の最後は「遊行期(隠遁期)」。
 ●この世のことにはもはや関心を持たない。
 ●現世を超えた存在になる準備をする。
 ●死は、終わりではなくて始まり。


 「しもかわ読書会」7月例会は、28日の予定です。
第45回「小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ」の報告(1) [2019年07月18日(Thu)]
 昨日は、第45回「小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ」を開催しました。
 R君、今日のテーマは何ですか?
 「はい。今日は・・・『心』について!」
 ほう、心ですか。面白いテーマですね。
 しかし、問題はここからです。
 考えを深め、発展させていけるかどうか・・・

                        (つづく)
第156回楽しく学ぶ歴史ゼミの報告(2)政権が長く続くと、いろいろおかしくなって来る。 [2019年07月18日(Thu)]
 10日の楽しく学ぶ歴史ゼミの報告の続きです。
 
●イスラム教は、アラビア半島から西アジアに広がった。
●ササン朝ペルシアは滅びてしまった。
●東ローマは滅びなかったが多くの領土を失った。
●イスラム教は、魅力があったのか?
●ペルシアや東ローマ帝国の支配からの解放を民衆は望んだのか?

 そして・・・

                 (つづく)
| 次へ