CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2019年06月 | Main
最新コメント
最新記事
<< 2019年07月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新トラックバック
お勉強 (05/11)
医者たちのお蔭で、私たちはほとんど錯乱状態に陥っている。 [2019年07月12日(Fri)]
(525)
 医者たちのお蔭で、私たちはほとんど錯乱状態に陥ってしまっています。
 正式な国家資格を持った医師よりは偽医者の方がまだましなのではないかと思うことさえあるほどです。
 
 

 医者についてのガンディーの話の続きです。ただ、この部分の記述はかなり唐突な印象が否めません。この直前は、「イギリス人の医者たちはその職業を利用してムガル帝国の皇帝たちに近付いた」(524)と、その政治性に関して彼は批判していたのでした。
 しかし、ここでは急に、「医者たちのお蔭で、私たちはほとんど錯乱状態に陥っている」というかなり不穏当な発言をガンディーはしています。しかも、何の根拠も示さずにです。
 果たしてこれはどういう意味なのでしょう? 「医者のお蔭で錯乱状態に陥っている」というのは、政治的な話ではなく、医療自体の弊害について彼は言おうとしているのではないでしょうか?
 恐らく、この主張の根拠は後の部分で述べられるのだと思いますが・・・
予防接種&フッ素〜みんな悩んで迷ってる [2019年07月12日(Fri)]
 子育てゼミから、(遅くなりましたが)活動報告です。
 6月23日(日)、「予防接種&フッ素〜みんな悩んで迷ってる」(「子どもの歯と健康を考える下川ママパパの会」と共催)を開催しました。
 たくさんの人が参加していました。みんなの想いが大切にされるように願っています。
第156回楽しく学ぶ歴史ゼミの報告(1)西アジアは昔からイスラム教圏だったのではない。 [2019年07月12日(Fri)]
 昨日は、西町キャンパスで第156回「楽しく学ぶ歴史ゼミ」を開催しました。
 東南アジア、南アジアの次は、西アジアです。

●イスラム教が生まれたのは7世紀のアラビア半島。
●その頃、今のトルコやシリアはキリスト教国の東ローマ帝国だった。
●そして、イランなどはササン朝ペルシアだった。
●ペルシアの宗教は、ゾロアスター教。
●ヨーロッパで異端とされた諸教派のキリスト教徒も住んでいた。

 ・・・
                  (つづく)
| 次へ