CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2019年06月 | Main
最新コメント
最新記事
<< 2019年07月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新トラックバック
お勉強 (05/11)
それは、私だけの意見ではありません。 [2019年07月05日(Fri)]
(518)
<編集長>
 私があなたにお示しするのは、決して私だけの独自の見解ではありません。私は他の人々の主張から学んで、それを自分の意見として取り入れたのです。
 弁護士についての批判も医者に対する批判も、西洋の著述家たちは私よりもずっと過激な言葉を使って述べています。



 いよいよ、ここからガンディーの医者批判が始まります。(お医者さん及び関係者の皆さん、本当に申し訳ございません。大変遺憾ながら、以後しばらくガンディーの医者批判を紹介しなければなりません)
 が、本論に入る前置きとして、今から語る内容が決して自分だけの考えでないことを彼は強調しています。
 ここで言われている「他の人々」というのが誰を指すのかは不明ですが、恐らく(188)で言及されていたイギリスの文明批判の本の著者たちのことを指しているのではないかと思われます。
 だとすれば、ガンディーの医者批判は医療一般に対する批判というよりは、近代医学に対する批判なのではないかと予想されますが、果たしてどうでしょうか?
 ・・・
第43回「小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ」の報告(2) [2019年07月05日(Fri)]
 3日の第43回「小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ」の報告の続きです。
 
●風って、どうして吹くんだっけ?
●気圧の違い。風は、高気圧から低気圧に向かって吹く。
●風が吹く仕組みから、どうして季節風が吹くのかを考えよう。
●教科書には、夏は太平洋から暖かく湿った風が吹いて来ると書いてある。
●冬は、シベリアから冷たくて乾いた風。

 それから・・・

          (つづく)
第155回楽しく学ぶ歴史ゼミの報告(5)ヴェーダンタ学派。 [2019年07月05日(Fri)]
 6月19日の楽しく学ぶ歴史ゼミの報告の続きです。
 
●ヴェーダンタ学派の立場は一元論。
●その中にもいろいろあるが・・・。
●主流になったのが、シャンカラの不二一元論。
●サーンキヤ学派の二元論に似ているが、でも2つじゃないから「不二一元論」。
●仏教にも似ているらしい。

 そして・・・
                  (つづく)

| 次へ