CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2019年05月 | Main | 2019年07月»
最新コメント
最新記事
<< 2019年06月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最新トラックバック
お勉強 (05/11)
人々の間に争いごとがあると喜ぶような人間ばかり。 [2019年06月07日(Fri)]
(490)
 私の知っている弁護士たちは、人々の間に争いごとがあると喜ぶような人間ばかりです。とんでもない弁護士は、実際に新たな争いごとをでっち上げるようなことさえしています。



 ガンディーの弁護士批判はさらに激しさを増していきます。(読者の中の弁護士及び関係者の皆様、本当に済みません。しかし、ガンディーは実際にこのように述べているのです)
 さて、彼が知っている弁護士たちとは具体的には一体どんな人たちなのでしょうか?
 前書きで紹介したように、ガンディーはイギリスで法律の勉強をし、南アフリカで弁護士の仕事をしていました。この本が書かれたのはその頃で、インドに戻って独立運動の指導者になるのはその後のことです。
 だから、ここで言及されているのは彼が南アフリカで弁護士をしていた時に出合った同業者たちのことなのではないかと思われます。
 さて、ガンディーはこの後さらに・・・
第40回「小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ」の報告(1) [2019年06月07日(Fri)]
 一昨日は、第40回「小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ」を開催しました。
 R君、今日のテーマは何ですか?
 「今回は、地理です。時差についての理解が難しいです」
 あれ。時差って中1でもやらなかったっけ?
 「とにかく、やっぱりよく分からないんです。どうして時差があるんだろう?」
 どうしてって・・・。
 「だって、場所によって時刻が違ったら不便じゃないですか?」
 ・・・

                        (つづく)
6月定例学問会の報告(2)ありふれた異常。 [2019年06月07日(Fri)]
 2日の定例学問会の報告の続きです。
 
●最近のニュースは・・・。
●異常なことが普通になっている。
●おかしなことに、慣れてしまう。
●とても不条理なことだが、よくあること。
●おかしなことが普通になっていくことの恐ろしさ。

 そして・・・
                (つづく)
| 次へ