CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ | Main
最新コメント
最新記事
<< 2019年06月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最新トラックバック
お勉強 (05/11)
第42回「小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ」の報告(1) [2019年06月27日(Thu)]
 昨日は、第42回「小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ」を開催しました。
 R君、今日のテーマは何ですか?
 「はい、今日は歴史の勉強です。教科書の太閤検地についての記述で分からないことがあります」
 ほう、今日はなかなか本格的な質問ですね。
 「はい。最近はちゃんとノートを取って勉強しているのです」
 で、どんな疑問なのですか?
 ・・・

                        (つづく)
第41回「小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ」の報告(4) [2019年06月26日(Wed)]
 19日の第41回「小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ」の報告の最終回です。
 
●アフリカの大地溝帯って?
●「大地・溝帯」じゃなくて、「大・地溝帯」だよ。
●アフリカ大陸にある大きな溝。
●たくさんの山と湖があるね。
●アフリカ大陸は、いずれ分裂する運命。


 第42回「小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ」は、今日、6月26日の予定です。
第41回「小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ」の報告(3) [2019年06月25日(Tue)]
 19日の第41回「小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ」の報告の続きです。

●ところで、どうして古期造山帯の山はなだらかなの?
●安定した大陸の平野が広いのはなぜ?
●長年にわたる侵食作用でできた侵食平野。
●造山帯は、堆積平野。
●なるべく具体的にイメージしてみよう。

 それから・・・

          (つづく)
第41回「小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ」の報告(2) [2019年06月22日(Sat)]
 19日の第41回「小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ」の報告の続きです。
 
●古期造山帯って、今は造山運動が行われていないのかな?
●それは、国語力の問題ですね。
●文章をちゃんと読み、正しく情報を読み取る力。
●で、どうして大昔にできた山はなだらかになるんだろう?
●侵食作用って書いてあるけど・・・。

 それから・・・

          (つづく)
第41回「小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ」の報告(1) [2019年06月20日(Thu)]
 昨日は、第41回「小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ」を開催しました。
 R君、今日のテーマは何ですか?
 「はい、地理の造山帯とかがよく分かりません」
 造山帯は、名前の通りじゃないの。
 「じゃあ、新期造山帯と古期造山帯の違いは?」
 そうですねえ・・・。
 「あっ、書いてあった。古期造山帯は、約2億年前までの造山運動でできた山なんですね。ということは」
 ・・・

                        (つづく)
第40回「小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ」の報告(6) [2019年06月19日(Wed)]
 5日の第40回「小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ」の報告の最終回です。
 
●というわけで、標準時刻を合わせた方が便利かどうかは主に経度の範囲の広さと社会的な状況による。
●だから、国ごとに標準時を決めている場合が多い。
●横に長い国では、標準時がいくつかに分かれている国もある。
●世界標準時との違いが1時間単位でない場合もある。
●かなり大きな国でも標準時を統一している国もある。
●地図帳で調べてみよう。情報を活用する力が大事。


 第41回「小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ」は、今日、6月19日の予定です。
第40回「小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ」の報告(5) [2019年06月18日(Tue)]
 5日の第40回「小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ」の報告の続きです。
 
●列車や飛行機の発車時刻なども地域によって違う。
●テレビやラジオの番組の時間が遠くの放送局だとずれてしまう。
●同じ時刻なのは、同じ経度の地点のみになる。
●うーん、そっちの方がやっぱり不便だなあ。

 そして・・・

          (つづく)
第40回「小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ」の報告(4) [2019年06月15日(Sat)]
 5日の第40回「小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ」の報告の続きです。
 
●じゃあ、下川町は?
●下川町と東京の時差は、約10分。明石市とは約30分。
●では、沖縄は?
●那覇市付近だったら、下川町とは約1時間違う。
●もしも、日本各地の時刻が経度によって決まっていたら?

 ・・・

          (つづく)
第40回「小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ」の報告(3) [2019年06月13日(Thu)]
 5日の第40回「小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ」の報告の続きです。

●地球は丸いので、太陽が見える位置(角度)は場所によって違う。
●じゃあ、経度によって時刻を変えることにしよう。
●しかし、日本の中でも経度は同じではない。
●兵庫県明石市付近は東経135度だが、東京は約140度。
●経度が5度違えば、時刻は20分ずれる。

 じゃあ・・・

          (つづく)
第40回「小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ」の報告(2) [2019年06月10日(Mon)]
 5日の第40回「小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ」の報告の続きです。
 
●もしも、世界中が標準時で統一されて、どこでも同じ時刻になったら・・・。
●どこでも同じ時刻だったら、便利なんじゃない?
●まあ、便利かもしれない。でも・・・
●午前12時は、お昼の時刻ではなく夜の時刻になってしまう。
●午前0時は、真夜中じゃなくて朝の時刻になってしまう。
●やっぱり変な感じだなあ。

 それから・・・

          (つづく)
| 次へ