CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 22世紀コミュニティ研究会 | Main | 自転車部»
第154回楽しく学ぶ歴史ゼミの報告(4)インドの仏教は・・・。 [2019年06月16日(Sun)]
 5日の楽しく学ぶ歴史ゼミの報告の続きです。
 
●仏教はインドで生まれた。
●ブッダの生誕地は、インドかネパールか微妙な所。
●仏教の聖地はいろいろある。
●「平家物語」に出て来る「祇園精舎」とか。
●アショカ王は仏教に深く帰依し、保護した。

 そして・・・

                             (つづく)
第154回楽しく学ぶ歴史ゼミの報告(3)ヴァルダナ朝。 [2019年06月14日(Fri)]
 5日の楽しく学ぶ歴史ゼミの報告の続きです。
 
●7世紀初め、ハルシャ=ヴァルダナという人が北インドを統一した。
●日本では、いわゆる大化の改新の頃。
●ヴァルダナさんが王様になったから「ヴァルダナ朝」。
●しかし、ヴァルダナ朝はハルシャさん一代で滅びてしまった。
●強い力を持った支配者がいなくなると、一気に混乱と分裂の時代に・・・。

 そして・・・

                 (つづく)

第154回楽しく学ぶ歴史ゼミの報告(2)ハルシャさん。 [2019年06月12日(Wed)]
 5日の楽しく学ぶ歴史ゼミの報告の続きです。
 
●グプタ朝は、既に滅びていた。
●エフタルという人たちの侵入。
●その後、インドはごちゃごちゃした争いが続いたが・・・。
●ここに、英雄が現れた。
●名前は、ハルシャさん。

 そして・・・

                 (つづく)
第154回楽しく学ぶ歴史ゼミの報告(1)インド。 [2019年06月06日(Thu)]
 今日は、西町キャンパスで第154回「楽しく学ぶ歴史ゼミ」を開催しました。

●本物の仏教を求めて、三蔵法師は中国からインドに旅をした。
●三蔵法師のモデルは、玄奘という人。
●玄奘はインドで貴重なお経を手に入れ、中国に持ち帰った。
●時代は、唐の第2代皇帝、太宗の頃。
●さて、その頃のインドは・・・?

 ・・・
                  (つづく)

第153回楽しく学ぶ歴史ゼミの報告(9)コモドオオトカゲ。 [2019年06月05日(Wed)]
 5月22日の楽しく学ぶ歴史ゼミの報告の最終回です。

●ボロブドゥールはもちろん世界遺産。
●ほかに、インドネシアの世界遺産と言えば・・・。
●自然遺産、コモド島のオオトカゲ。
●人間より大きなトカゲ、まるで恐竜。
●本当に不思議な熱帯の国。

 次回は、今日、5日(水)です。
第153回楽しく学ぶ歴史ゼミの報告(8)立体曼荼羅。 [2019年06月04日(Tue)]
 5月22日の楽しく学ぶ歴史ゼミの報告の続きです。
 
●ボロブドゥールの内部には入れないが・・・。
●各段の外側の回廊を歩いて上まで登れるようになっている。
●その壁面にたくさんの浮彫絵(レリーフ)があって・・・。 
●釈迦の生涯やその教えが描かれている。
●それ自体が仏教的宇宙観を象徴する巨大な曼荼羅(まんだら)。
 
 しかし・・・
                  (つづく)
第153回楽しく学ぶ歴史ゼミの報告(7)劇的に発見されたボロブドゥール遺跡。 [2019年06月04日(Tue)]
 5月22日の楽しく学ぶ歴史ゼミの報告の続きです。
 
●その後、インドネシアではヒンドゥー教が盛んになり・・・。
●さらに、その後はイスラム教が入って来て浸透した。
●仏教遺跡のボロブドゥールは、ジャングルの中に埋もれてしまった。
●19世紀になって、オランダ人などが発見した。

 そして・・・

                  (つづく)
第153回楽しく学ぶ歴史ゼミの報告(6)シャイレンドラ朝とシュリーヴィジャヤ王国。 [2019年06月02日(Sun)]
 5月22日の楽しく学ぶ歴史ゼミの報告の続きです。
 
●ボロブドゥールを作ったのは、シャイレンドラ朝という王朝。
●スマトラ島には、同じ大乗仏教のシュリーヴィジャヤ王国があった。
●シャイレンドラ朝の王がシュリーヴィジャヤ王国を支配していたこともあったらしい。
●どういう関係だったのかは、よく分からない。
●とにかく、シャイレンドラ朝は大乗仏教の力で国を治めようとしたたらしい。

 そして・・・

                  (つづく)
第153回楽しく学ぶ歴史ゼミの報告(5)奈良時代と同じ頃、インドネシアでは。 [2019年06月01日(Sat)]
 5月22日の楽しく学ぶ歴史ゼミの報告の続きです。
 
●ボロブドゥールは8世紀頃の仏教遺跡。
●しかし、これは上座部仏教ではなく大乗仏教。
●インドネシアのジャワ島にある。
●日本の奈良の大仏と同時代。
●ボロブドゥールは仏像ではなく、ストゥーパ(仏舎利塔)。
●日本では、「卒塔婆(そとうば)」という。

 そして・・・
                  (つづく)
第153回楽しく学ぶ歴史ゼミの報告(4)東南アジアとヒンドゥー教。 [2019年05月31日(Fri)]
 22日の楽しく学ぶ歴史ゼミの報告の続きです。
 
●東南アジアにイスラム教が入ってきたのはかなり後の時代。
●古代には、インドからヒンドゥー教が入っていた。
●ヒンドゥー教はインドの民族宗教と教科書に書いてあるけど・・・。
●インドの外にも広がっていた。
●インドの神様は、日本にも来ている。

 そして・・・

                             (つづく)
| 次へ