CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 経済ゼミナール | Main | 大人の国語ゼミナール»
最新コメント
最新記事
<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新トラックバック
お勉強 (05/11)
11月定例学問会の報告(5)将来の仕事は、どうなるのか? [2019年11月22日(Fri)]
 3日の定例学問会の報告の続きです。
 
●AI(人工知能)やロボットが発達すれば・・・。
●将来の仕事は機械に奪われてしまうのではないか?
●今は人間がやっている仕事も、機械がやるようになる。
●やりたい仕事・・・は、将来消えているかもしれない。
●仕事がないとは、どういうことか?

 そして・・・
                (つづく)
11月定例学問会の報告(4)報復の心を超えて・・・ [2019年11月17日(Sun)]
 3日の定例学問会の報告の続きです。
 
●憎しみに憎しみ、ではいけない。
●無神経に無神経、でもいけない。
●正義を求めるなら、自らも正義に則っていなければ・・・。
●自分への尊重を求めるなら・・・。
●相手を尊重しなければ。

 そして・・・
                (つづく)
11月定例学問会の報告(3)日本は永遠にアメリカの従属国なのか? [2019年11月12日(Tue)]
 3日の定例学問会の報告の続きです。
 
●日本がアメリカに何も言えないのは・・・。
●戦争に負けたからなのか?
●戦争に負けたら、永遠に支配されなければならないのか?
●そんなことはないはずだが・・・。
●支配国の方が、改善しようとすることはないだろう。

 そして・・・
                (つづく)
11月定例学問会の報告(2)犠牲にされる沖縄 [2019年11月08日(Fri)]
 3日の定例学問会の報告の続きです。
 
●アメリカが好きなように使っているのは日本全国、沖縄だけじゃないが。
●やっぱり、沖縄で特にひどいのではないか。
●自分たちの土地が外国の基地にされるということは・・・。
●自分の生まれ育った土地が変えられるのは・・・。
●諦めないとすれば、どうすればいいのか?

 そして・・・
                (つづく)
11月定例学問会の報告(1)沖縄を想う。 [2019年11月03日(Sun)]
 今日は、モレーナで11月の定例学問会を開催しました。
 
●衝撃的な、首里城の火災。
●やっぱり火事は怖い。
●米軍嘉手納基地でのパラシュート降下訓練のことも。
●例外的な場合のみ認められているはずなのに・・・。
●沖縄県だけでなく、珍しく日本の防衛省も米軍に抗議したのに・・・。

 それから・・・

                (つづく)
10月定例学問会の報告(5)首相が代われば良くなるのか? [2019年10月30日(Wed)]
 6日の定例学問会の報告の続きです。
 
●日本をまともな国にするためには、首相を代えればいいのか?
●確かに、今の首相は良くないかもしれないが・・・・。
●首相を代えれば良くなるというわけではない。
●どうして、この人が首相になっているのか?
●根本的な問題は・・・。


 「下川わわわ大学」の11月定例学問会は、11月3日です。
10月定例学問会の報告(4)国のあり方は・・・ [2019年10月20日(Sun)]
 6日の定例学問会の報告の続きです。
 
●どんな社会を創っていくのか?
●政府が決めるのではなく、国民が決めること。
●互いの生活を支え合うということは・・・?
●社会保障の理念・原則・仕組みをどうするか?
●給付と負担。

 そして・・・
                (つづく)
10月定例学問会の報告(3)災害に備えるということ [2019年10月14日(Mon)]
 6日の定例学問会の報告の続きです。
 
●すべてのシステムを見直してみると・・・。
●想定外のことを、想定してみよう。
●恐ろしいから考えないのではなく・・・。
●効率的・経済的・合理的の意味も変わってくる。
●やっぱり、根本的な大変革が必要なのではないか。

 そして・・・
                (つづく)
10月定例学問会の報告(2)公平な支援・補償とは? [2019年10月10日(Thu)]
 6日の定例学問会の報告の続きです。
 
●公平なお金の使い方は、あり得ない。
●被害の深刻さは、お金で評価できない。
●民間保険に加入している人と加入していない人。
●大規模な災害と局地的な被害。
●客観的な評価基準なんてない。

 そして・・・
                (つづく)

10月定例学問会の報告(1)千葉の台風被害の補償・救済はどうあるべきか? [2019年10月07日(Mon)]
 昨日は、モレーナで10月の定例学問会を開催しました。
 
●完全な解決策はありえない。
●どれだけのお金をどういうルールで出すかって、どう決めるんだろう?
●総理大臣が決められることなのか?
●兵器を買ったりトウモロコシを買ったりするのは?
●そもそも、お金の問題にしてしまっていいのか?

 それから・・・

                (つづく)

| 次へ