CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«11月定例学問会の報告(2)犠牲にされる沖縄 | Main | 第164回楽しく学ぶ歴史ゼミの報告(2)ヴァイキング。»
最新コメント
最新記事
<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新トラックバック
お勉強 (05/11)
ガリバルディは、単にイタリアがオーストリアの支配から解放されることを望んだに過ぎない。 [2019年11月08日(Fri)]
(636)
 ガリバルディは、単にイタリアがオーストリアの支配から解放されることを望んだに過ぎないのです。



 イタリアについてのガンディーの話の続きです。
 「ガリバルディの方はマッツィーニのような思想を持っていませんでした(634)」とあるように、イタリア統一運動のもう1人の英雄、マッツィーニが人間の生き方や社会のあり方についての信念を持っていたのに対し、ガリバルディの方は単にオーストリアに勝つことだけを目指していたのではないかということでしょう。
 ただ、ガリバルディも共和主義者で、まったく無思想の単純な武人だったとは言えません。しかし、両シチリア王国を征服した後その占領地を国王に献上したので、結局自分の理想を捨てて現実に妥協した人というのが彼に対するガンディーの評価なのでしょう。もっとも、ガリバルディはイタリア王国からの受勲や議席をすべて拒否して隠居生活をしたそうなので、決して自分の思想を捨てたとは言えないと思いますが・・・
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント