CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«第160回楽しく学ぶ歴史ゼミの報告(6)ピピンの寄進。 | Main | 第160回楽しく学ぶ歴史ゼミの報告(7)ピピンの野心。»
最新コメント
最新記事
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新トラックバック
お勉強 (05/11)
そうすれば、あなたはきっと真の愛国者になれるでしょう。 [2019年09月14日(Sat)]
(585)
 そうすれば、あなたはきっと真の愛国者になれるでしょう。そして、自治についても語ることができるようになるでしょう。




 「真の文明とは何か?」についてのガンディーの話の続きなのですが、だんだんこの本の主題である「自治」についての話になってきました。
 実は、インドの自治は冒頭から議論の的にはなっていたのです。ところが、2人の話はなかなか嚙み合いませんでした。それは、「自治とは何かということについて共通の理解に達していない(102)」状態だったからです。現代文明及びその問題点についての理解が深められて初めて、自治についての話ができるようになるということだと思われます。
 さて、「そうすれば」とは、「まだ文明化されていないインドの農村部へ入って行き、そこに住む人々と生活を共にせよ」というガンディーの助言(584)の通りに実践すればということです。
 どうしてそれが自治なのかと言いますと、「インドの農村部で昔ながらの生活をしている人々、彼らこそが真の自治の実践者なのだ」とガンディーが考えているからです。(580)
 そして・・・
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント