CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«9月定例学問会の報告(6)説明責任と説明できない事情 | Main | 第53回「小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ」の報告(1)»
文明化されていない人たちを支配することはできない。 [2019年09月11日(Wed)]
(582)
 彼らはイギリス人に支配されてはいません。あなたがたに支配されることも決してないでしょう。



 「真の文明とは何か?」についてのガンディーの話の続きです。
 「彼ら」というのは、まだ文明化の影響を受けていない昔ながらのインド社会で暮らしている人たち、「あなたがた」というのは西洋文明を学んだインドの知識人たちのことです(581)
 さて、そのような人たちがイギリスの支配を受けていないというのは一体どういうことでしょうか? 当時、インド全域が直接あるいは間接的にイギリス帝国の統治下に置かれていたというのに。
 それは、ガンディーの考える「自治」の概念と関係しています。「彼らはまさに『自治』を獲得していた(580)」と言っていたように、自給自足の暮らしをしている人々は誰にも支配されていないと彼は考えているようです。
 これと同じようなことは、フランス人のルソーも言っています。「他人に命令しようとしない人間を服従に追い込むことは極めて困難である。どんなに巧みな政治家であっても、ただ自由でありたいとだけ望む人々を隷属させることには成功しないだろう」「従属の絆というものは、人間の相互依存と相互欲求がなければ形成されない。誰にも依存しない人間を従属させることは不可能なのだ」。
 さらに、ガンディーは・・・
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント