CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«第159回楽しく学ぶ歴史ゼミの報告(2)次々にできる地方政権。 | Main | 贅沢や享楽の追求を断念すべし。»
第50回「小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ」の報告(3) [2019年08月24日(Sat)]
 21日の第50回「小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ」の報告の続きです。
 
●仮に、実際にいじめがあった場合。
●問題なのは、いじめの動機やいじめられる側に問題があったかどうかなのか?
●どっちが悪い。どれだけ悪い。それで、いじめは解決するのか?
●いじめの認定、いじめの評価、いじめの裁定。
●それが、本質的なことなのか?

 それから・・・

          (つづく)
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント