CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«今週の予定 | Main | 7月定例学問会の報告(1)やっぱり○○が好き。»
最新コメント
最新記事
<< 2019年08月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新トラックバック
お勉強 (05/11)
病気の原因は、私たちの不注意と不節制です。 [2019年07月15日(Mon)]
(528)
 ところで、これらの病気は一体どのようにして生まれるのでしょうか?
 その原因はまさに、私たちの不注意と不節制です。


 
 「医者のしている仕事は、病気を患者の体から引き離すことだ(527)」と述べた後、ガンディーは上のように病気の原因を問題にします。
 つまり、手術にしても薬や抗生物質の投与にしても、医者がしていることは病気という結果に対する事後的な処置に過ぎない。しかし、問題の根本的な解決のためには、結果として生じた状態よりもそれをもたらした原因に目を向けなければならないとガンディーは言うのです。
 実は、これは繰り返し述べられている彼の持論で、(250)では「病気の原因を探ろうとする人こそが本当の医者です」と言っていましたね。
 ということは、どうやら彼がこれから批判を展開しようとしているのは「人間の中で生じている病気という現象だけに焦点を当てる近代西洋医学」に対してなのではないかと想像されますが、果たしてどうでしょうか?
 ・・・
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント