CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«どうして弁護士たちは、一般の労働者よりも高額の報酬を要求するのでしょうか? | Main | 第40回「小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ」の報告(3)»
第1回ナスケンゼミ(仮称)の報告(6)子どもと大人。 [2019年06月13日(Thu)]
 ナスケンゼミの報告の続きです。

●大人になる年齢は?
●昔のヨーロッパでも、子どもは「小さな大人」として扱われていた。
●基本的には、子どもは大人に従うもの。
●日本では、幼い子どもにはやりたいことをやらせるが・・・
●大人に近付くに従って制限が大きくなる。
●「子どもの権利条約」の意見表明権について。
●ずっと子どもでいたいと思うような社会。

 さらに・・・

                   (つづく) 

トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント