CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«第2回「小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ」の報告(7) | Main | 国民の意識が低ければ、議会も・・・。»
第133回楽しく学ぶ歴史ゼミの報告(1)天武天皇の孫、長屋王 [2018年07月25日(Wed)]
今日は楽しく学ぶ歴史ゼミを開催しました。
今回はあまり動きはなく、平城京の中での出来事がテーマです。
暑い中、どろどろとした権力闘争の話をたくさんしました。

●これまでの流れをおさらいすると…
▼教科書的には。
▼天武系の天皇が続いてきた。
ー壬申の乱で勝利した大海人皇子が天武天皇に。
ー次は天武の妻の持統天皇、そこからは無理やり繋いだ。
ー孫やそこからまた母に戻ったりして。
▼そして、この時代の聖武天皇まで続いた。
ーめでたしめでたし。

●しかし、天武天皇には息子がいっぱいいましたよね?
▼大津皇子は謀反の疑いで殺された。
▼他に、高市(たけち)皇子という人もいた。
ー壬申の乱で活躍した人。
ー皇太子ではなかったが、天武の子の中では年長。
ー出世もした。

●その高市皇子の息子が今回の主人公です。
▼長屋(ながや)王。
▼位は高い。
ー天武天皇の孫。
ーしかも、父の高市皇子は実は天皇と同格だった説も?
ー最近になって、そんな木簡が出てきた。
ー平城宮近くのデパート建設地で発掘調査が行われた時に。
ー日本書紀に載っていないが、実は高市さんは天皇だった?
▼ぜいたくな暮らし。夏は氷で食べ物を冷やした。
ー当時の氷は高級品だよね。

(つづく)
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント
歴史探偵の気分になれるウェブ小説を知ってますか。 グーグルやスマホで「北円堂の秘密」とネット検索するとヒットし、小一時間で読めます。北円堂は古都奈良・興福寺の八角円堂です。 その1からラストまで無料です。夢殿と同じ八角形の北円堂を知らない人が多いですね。順に読めば歴史の扉が開き感動に包まれます。重複、 既読ならご免なさい。お仕事のリフレッシュや脳トレにも最適です。物語が観光地に絡むと興味が倍増します。平城京遷都を主導した聖武天皇の外祖父が登場します。古代の政治家の小説です。気が向いたらお読み下さいませ。(奈良のはじまりの歴史は面白いです。日本史の要ですね。)

読み通すには一頑張りが必要かも。
読めば日本史の盲点に気付くでしょう。
ネット小説も面白いです。
Posted by: omachi  at 2018年07月26日(Thu) 18:25