CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« ムダマ造りイソブネ(青森県市浦村脇元) | Main | イクリ(富山県放生津潟周辺) »
カテゴリアーカイブ
検索
検索語句
CURRENT MOON
<< 2019年09月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
リンク集
ササブネ(富山県 神通川流域)[2019年04月10日(Wed)]
ササブネr13(川底02).png

使用地域
神通川、庄川、小矢部川、黒部川

オモキ造りの川舟
舟底板の左右から立ち上がる舷側部分が刳り抜き部材で作られてていて、オモキという。
一般的に板材で作る舟は舷側板をタナと呼ぶ。
木を削って作るオモキは、曲げて接合する板材より頑丈と考えられる。

氷見市文化財センターに1艘現存
全長 7.75m
全幅 1.04m
フナザオ、コイスキ(櫂)で操船

アユ、マス漁、で使用

現在でも、木造ではないが同様の形の舟が使われているようである。


参考資料
講演「人・モノの移動と舟の道」

この記事のURL
http://blog.canpan.info/wasenn-zufu/archive/98