CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2018年09月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
がっこちょ
六郷東部地域 かあちゃんず (06/10) 大島と申します
六郷東部地域 かあちゃんず (06/09) がっこちょ
気仙沼・廿一地区(棚田) (02/15) 屋号 千代
気仙沼・廿一地区(棚田) (02/02) おかん
ニッペ縁側倶楽部・大宴会でユニフォームは… (04/03) がっこちょ
ベルリンガールズのメンバーから (03/03) 京藤久美子
ベルリンガールズのメンバーから (03/03) がっこちょ
4月の庭に… (04/05) 山形のに〜のです!
4月の庭に… (04/03) がっこちょ
歩道橋の上から… (02/02)
朗読劇「語り継ぐ震災の記憶」 [2018年02月24日(Sat)]

東日本大震災からまもなく7年…

【第一部】朗読劇「語り継ぐ震災の記憶」
  
〜あの日の体験を風化させないために
  そして、明日への一歩を踏み出すために〜


IMG_0032.jpg

津波で被災された方々の体験を伝えていくために
2013年月から10月〜11月にかけて聞き取りを行い
「語り継ぐ震災の記憶」(冊子)にまとめるとともに、
聞き取りした内容を台本化して朗読劇として
上演してきました。

IMG_0016.jpg

宮城教育大学演劇部を中心に朗読劇を上演するために
学内から有志を募り結成した団体。

メンバーには震災当時には東北にいなかった人もおり
震災時の境遇や経験は様々です。

震災の記憶を風化させないように、
被災地で見たこと、話を聞いて感じたことを
朗読劇を通し表現していきます。

IMG_0013.jpg

【第2部】アカペラステージ
「踏み出そう 明日への一歩」


宮城教育大学アカペラサークル「奏・かなで」は
120名が所属する学内一のサークルです。

県内外で開かれるアカペライベント
社会福祉施設でのボランティアをはじめ
東日本大震災後は被災した小学校へのボランティア…等
積極的に取り組んできています。

復興へ向けて歩みが進むなか、
未来に向けてさらなる一歩を踏み出していくために
元気な歌声を届けます。

IMG_0024.jpg

「あのときの事を思いだす。辛すぎるなぁ。」
肩を震わせるうしろ姿。

小声で話しているはずの2人の会話が聞こえてくる。

「ここまで来たんだ、前を向いていくしかないさ。」
白髪交じりの2人が交す会話が頼もしくさえ思えてくるのです。

悲しみや辛さの記憶を互いに見せあいながら
明日に向かって歩む力を育んでいるのかもしれません。

IMG_0030.jpg

7年がすぎて記憶が薄らいでいく人。
7年が経ったからこそ記憶が鮮明になっていく人。


さまざまな思いが駆け巡っていきます。

Posted by がっこちょ at 21:30
この記事のURL
http://blog.canpan.info/warasuko/archive/3715
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/1341921
 
コメントする
コメント
プロフィール

がっこちょさんの画像
がっこちょ
プロフィール
ブログ
リンク集
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/warasuko/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/warasuko/index2_0.xml